App Maker 用に Cloud SQL データベースを設定する

デフォルトの Cloud SQL インスタンスを設定して、App Maker アプリがアプリデータの保存先として使用できるようにすると、次のような利点があります。

  • デベロッパーは、数回のクリックでアプリにデータモデルを追加できます。
  • SQL とのやり取りは App Maker が行うため、デベロッパーはデータベース管理に手間をかけることなく、アプリの開発に集中できます。
  • 組織の Google Workspace のデータが、組織が管理するデータベースに安全に保管されます。
  • デベロッパーは、カスタム インスタンスに切り替えて本番環境デプロイで利用できます。

Cloud SQL を使用するには、組織で Google Cloud Platform(GCP)が有効になっている必要があります。なお、GCP には独自の料金体系が適用されます。

管理者がデフォルトの Cloud SQL データベースを指定しない場合、デベロッパーは外部データベース(Google Cloud 外にある MySQL データベースなど)を使用するアプリをデプロイできます。

App Maker 用にデフォルトの Cloud SQL インスタンスを設定する

開始する前に: 特定のユーザーに設定を適用するには: 部門ごとに設定するには、対象のユーザーのアカウントを組織部門に追加します。部門をまたがってユーザーのアクセスを管理するには、対象のユーザーのアカウントを設定グループに追加します。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールで以下の操作を行います。 ホームページから、[アプリ] 次に [その他の Google サービス] 次に [App Maker] にアクセスします。
  3. [データベース設定] をクリックします。
  4. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門または設定グループを選択します。
  5. [Cloud SQL の設定サポート] をクリックします。ドメインで GCP 組織リソースが設定されているかどうか、管理者に GCP へのアクセス権があるかどうか、組織に既存の Cloud SQL プロジェクトと適切なインスタンスがあるかどうかが管理コンソールで自動的に検出されます。

    ドメインに GCP 組織リソースが設定されていない場合は、設定します。リンクをクリックして GCP Console を開き、アカウントを作成します。無料試用をご利用いただける場合があります。GCP を設定したら、App Maker の [データベース設定] に戻り、Cloud SQL の設定に進みます。

    ドメインに GCP 組織リソースが設定されている場合:

    • 既存の Cloud SQL プロジェクトとインスタンスにアクセスできる場合、メニューからそのプロジェクトとインスタンスを選択します。インスタンスを新たに作成して App Maker で使用することもできます。詳しくは次のセクションで説明します。
    • 既存の Cloud SQL プロジェクトにアクセスできない場合や、プロジェクトを作成できない場合、リンクをクリックして組織の GCP 管理者にリクエストを送信し、Cloud SQL を設定してもらいます。
    • Cloud SQL プロジェクトにアクセスできてもインスタンスがない場合は、新たに作成できます。
      1. 新しいインスタンスに使用する GCP プロジェクトを選択します。
      2. [新しい SQL インスタンスを作成] をクリックします。GCP Console が表示され、インスタンスを設定できるようになります。
      3. 次の内容でインスタンスを設定します。
        • データベース エンジン: MySQL(必須)
        • インスタンスの種類: 第 2 世代(必須)
        • リージョン: us-central1(推奨)

          拠点としている地理上の場所にかかわらず、新しいインスタンスのリージョンには [us-central1] を設定することをおすすめします。別のリージョンを選択することもできますが、アプリの実行は us-central で行われるため十分なパフォーマンスを発揮できない可能性があります。

        • サイズ(マシンタイプ): マイクロ インスタンス、小規模インスタンス、標準インスタンスのいずれかから始める(推奨)

          まずは小規模なインスタンスを設定し、App Maker を使用するユーザーやデベロッパーの増加に応じてサイズを拡大することをおすすめします。注: マイクロ インスタンスと小規模インスタンスに SLA はなく、稼働時間は保証されません。

      4. 管理コンソールに戻って設定を完了します。ページを更新して新しいインスタンスを選択します。

    デフォルトでは、App Maker 用に設定した Cloud SQL インスタンスには、ドメイン内のすべての Google Workspace ユーザーが読み取りと書き込みを行うことができます(ユーザーには App Maker 外で Cloud SQL データベースを作成および管理する権限はありません)。ただし、Cloud SQL インスタンスにアクセスしなくてもアプリは使用できるため、実際にアクセスが必要なのは App Maker デベロッパーのみです。GCP プロジェクトに関連付けられた役割を編集することで、組織内の特定のユーザー、Google グループ、またはドメインによるアクセスを制限または許可できます。ロールの編集方法については、ヘルプセンターをご確認ください。

  6. [保存] をクリックします。組織部門またはグループを作成してある場合は、親組織部門の設定を継承またはオーバーライドさせたり、グループの設定を解除したりできる場合があります。

  7. 管理コンソールで変更を保存すると、通常はデフォルトの Cloud SQL インスタンスがすぐに App Maker で有効になりますが、変更が反映されるまでに最長で 24 時間ほどかかることがあります。App Maker を開き、Cloud SQL モデルを作成できることを確認します。詳細

インスタンスを作成して Cloud SQL の役割を編集する

App Maker 用に Cloud SQL インスタンスを手動で作成する
  1. GCP で [Cloud SQL インスタンス] ページに移動します。
  2. [インスタンスを作成] をクリックして、次の内容で新しいインスタンスを設定します。
    • データベース エンジン: MySQL(必須)
    • インスタンスの種類: 第 2 世代(必須)
    • リージョン: us-central1(推奨)

      拠点としている地理上の場所にかかわらず、新しいインスタンスのリージョンには [us-central1] を設定することをおすすめします。別のリージョンを選択することもできますが、アプリの実行は us-central で行われるため十分なパフォーマンスを発揮できない可能性があります。

    • サイズ(マシンタイプ): マイクロ インスタンス、小規模インスタンス、標準インスタンスのいずれかから始める(推奨)

      まずは小規模なインスタンスを設定し、App Maker を使用するユーザーやデベロッパーの増加に応じてサイズを拡大することをおすすめします。注: マイクロ インスタンスと小規模インスタンスに SLA はなく、稼働時間は保証されません。

  3. この時点で、管理コンソールで [App Maker] の [データベース設定] に移動し、[Cloud SQL の設定サポート] をクリックすると、リストから新しいインスタンスを選択して権限を自動的に設定できます。権限を設定し、インスタンスを App Maker に手動で追加するには、次の手順に進みます。

  4. GCP で [IAM と管理] を開き、必要な権限を付与します。App Maker でデータベースを作成、管理するには、App Maker に SQL 管理者の役割を付与する必要があります。データの読み込みと書き込みを行うには、SQL クライアントの役割を付与する必要があります。アプリのユーザーの代わりにアプリがデータの読み込みと書き込みを行えるようにするには、組織の App Maker デベロッパーに SQL クライアントの役割を付与する必要があります。

  5. ページの上部にある [プロジェクトの選択] をクリックし、SQL インスタンスを含むプロジェクトを選択します。
  6. ページの上部にある追加アイコン ユーザーを追加 をクリックして、プロジェクトにメンバーを追加します。
  7. [新しいメンバー] 欄に「appmaker-maestro@appspot.gserviceaccount.com」を貼り付けます。
  8. [ロールを選択] プルダウン リストをクリックし、以下のいずれかの役割を選択します。
    • [Cloud SQL] 次に [Cloud SQL 管理者]
    • [Cloud SQL] 次に [Cloud SQL クライアント]
  9. [保存] をクリックします。
  10. ユーザー、グループ、またはドメインに SQL インスタンスへのアクセス権を付与するには次のようにします。
    1. ページの上部にある追加アイコン "" をクリックして、プロジェクトにメンバーを追加します。
    2. メンバー名としてユーザーのメールアドレス、グループのメールアドレス、ドメインのいずれかを入力します。
    3. [ロールを選択] プルダウン リストをクリックし、[Cloud SQL] 次に [Cloud SQL クライアント] の役割を割り当てます。
    4. [保存] をクリックします。
  11. SQL インスタンスに移動し、App Maker を使用しているインスタンスをクリックします。
  12. [インスタンス接続名] 欄を見つけてコピーアイコン "" をクリックします。
  13. 管理コンソールで App Maker の設定を開きます
  14. [データベース設定] をクリックします。
  15. デフォルトの Cloud SQL インスタンスを設定する組織部門を選択します。組織部門ごとに、異なるデフォルトのインスタンスを設定できます。詳しくは、組織部門についてのページをご覧ください。
  16. [インスタンス接続名] 欄にインスタンス接続名を貼り付け、[保存] をクリックします。
  17. 管理コンソールで変更を保存すると、通常はデフォルトの Cloud SQL インスタンスがすぐに App Maker で有効になりますが、ドメインのすべてのユーザーがこの機能を使えるようになるまでには最長で 24 時間ほどかかることがあります。App Maker を開き、Cloud SQL モデルを作成できることを確認します。詳細
Cloud SQL の役割を編集する

管理コンソールで Cloud SQL インスタンスを設定すると、ドメイン内の全員に Cloud SQL クライアントの役割が付与されます。この Cloud SQL クライアントの役割をカスタマイズすることによって、組織に属するユーザー、Google グループ、ドメインを追加または削除できます。

  1. GCP で [IAM と管理] に移動します。
  2. ページの上部にある [プロジェクトの選択] をクリックし、Cloud SQL インスタンスを含むプロジェクトを選択します。
  3. Cloud SQL プロジェクトを管理コンソールから作成していない場合は、必要なサービス アカウントの役割が設定されていることを確認します。
    1. ページの上部にある追加アイコン "" をクリックして、プロジェクトにメンバーを追加します。
    2. [新しいメンバー] 欄に「appmaker-maestro@appspot.gserviceaccount.com」を貼り付けます。
    3. [ロールを選択] プルダウン リストをクリックし、以下のいずれかのロールを選択します。
      • [Cloud SQL] 次に [Cloud SQL 管理者]
      • [Cloud SQL] 次に [Cloud SQL クライアント]
    4. [保存] をクリックします。
  4. ユーザー、グループ、またはドメインに SQL インスタンスへのアクセス権を付与するには次のようにします。
    1. ページの上部にある追加アイコン "" をクリックして、プロジェクトにメンバーを追加します。
    2. メンバー名としてユーザーのメールアドレス、グループのメールアドレス、ドメインのいずれかを入力します。
    3. [ロールを選択] プルダウン リストをクリックし、[Cloud SQL] 次に [Cloud SQL クライアント] のロールを割り当てます。
    4. [保存] をクリックします。
  5. ユーザー、グループ、ドメインを役割から削除するには次のようにします。
    1. [ロール] をクリックして役割ごとに権限を表示します。
    2. 役割の横にある下矢印アイコン "" をクリックしてメンバーのリストを展開します。
    3. ユーザー、グループ、ドメインのいずれかの行で、削除アイコン "" をクリックします。
    4. 確認のダイアログで、[削除] をクリックします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。