セキュリティ センターに関して報告されている問題

この機能は、G Suite Enterprise、G Suite Enterprise for Education、Drive Enterprise、Cloud Identity Premium でご利用いただけます。

[セキュリティ キーの適用] の設定に関する制限事項
1,250 人以上の管理者がいるドメインの場合、セキュリティの状況ページには、[セキュリティ キーの適用] に関するデータが正しく表示されません。

G Suite Enterprise の新しいお客様がセキュリティ センターのデータにアクセスする際に遅延が生じる
G Suite Enterprise、G Suite Enterprise for Education、または Cloud Identity Premium Edition の新しいお客様がセキュリティ ダッシュボードとセキュリティの状況ページのデータにアクセス可能になるまで、最大で 36 時間の遅れが生じる場合があります。

閲覧されていない外部共有ファイルが、ファイルの公開レポートに表示されない
外部共有されているファイルであっても閲覧されていない場合には、そのファイルに関するデータがファイルの公開レポートに表示されません。

一部のドメインのセキュリティ センター クエリに遅れが生じる
ドメインの共有イベントが少ない(1 時間あたり 10,000 イベント以下)場合、ドライブのデータがファイルの公開レポートに表示されるまでに、最長 80 分の遅延が発生することがあります。

2 段階認証プロセスの適用レポートのデータとセキュリティ センターのデータに矛盾がある
Google 管理コンソールの 2 段階認証プロセスの適用レポートのデータと 2 段階認証プロセスのセキュリティ状況データに違いがあるためです。管理コンソールのレポートは 2 段階認証プロセスの最新情報を反映したものではなく、また、2 段階認証プロセスに登録してからプロセスが適用されるまでには数日かかることがあります。

暗号化レポートの [ドメイン] 列にドメインが表示されないことがある
暗号化レポートで、ドメイン名が [ドメイン] 列に表示されないことがあります。

ユーザーが表示するまで、Google スプレッドシートと Google プレゼンテーションがファイルの公開レポートのデータに反映されない
スプレッドシートやプレゼンテーションの新規作成後、それ以外の操作をせず直ちにファイルを閉じた場合、ファイルの公開レポートでは 1 回の閲覧としてカウントされません。レポートに閲覧が反映されるには、そのファイルを閲覧する必要があります。

ファイルが外部ユーザーと共有された後、内部共有イベントが外部共有としてカウントされる
ファイルが外部ユーザーと共有された後、そのファイルの内部共有イベントは、ファイルの公開レポートでは外部共有としてカウントされます。

メッセージ配信グラフで、[顧客ポリシー] タブの [カスタムルールの種類] 列の並べ替えが正しく機能しない
メッセージ配信グラフの [顧客ポリシー] タブの [カスタムルールの種類] 列で、並べ替えが正しく機能しておらず、項目が昇順または降順で正しく表示されません。

すべてのドメインのデータを表示している場合、共有ドライブのイベントがファイルの公開レポートにのみ表示される
共有ドライブのイベントは特定のドメインに属していないため、[すべてのドメイン] のデータを表示している場合、共有ドライブのイベントはファイルの公開レポートにのみ表示されます。

Google アカウントを持たないユーザーとのファイル共有が、ファイルの公開レポートに記録されない
ファイルが Google アカウントを持たないユーザーと共有される場合、そのファイル共有はファイルの公開レポートでは追跡されません。このユーザーが Google アカウントの作成要請を受け入れると、ファイル共有が追跡されるようになります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。