デバイスからのアクセスに対して管理者の承認を必須にする

サポート対象エディション: Frontline、Business Plus、EnterpriseEducation Fundamentals、Standard、Teaching and Learning Upgrade、Plus、G Suite Basic および Business、Cloud Identity Premium。 エディションの比較

管理者は、仕事用データへのアクセスをリクエストしているユーザー所有デバイスを個別に審査できます。ユーザーが自分のモバイル デバイスに仕事用アカウントまたは学校用アカウントを追加すると、管理者によるデバイスの審査と承認が必要であることを示すメッセージが表示されます。管理者がデバイスを承認すると、ユーザーはそのデバイスから仕事用アカウントのデータにアクセスできるようになります。

デバイスの要件

デバイスの承認に関する重要な挙動

  • 会社所有のデバイスの一部は自動的に承認され、管理者の承認を要求した際もブロックされません。
  • iPhone と iPad の場合、Google 管理コンソールで Wi-Fi ネットワークが設定してあれば、承認待ちの間でも、そのネットワークを使用できます。Wi-Fi ネットワークの設定または変更について詳しくは、管理対象デバイス用のネットワークの設定(Wi-Fi、イーサネット、VPN)をご覧ください。
  • エンドポイントの確認が設定されているデバイスでは、「承認待ち」のステータスタグに基づいてアクセスをブロックするコンテキストアウェア アクセス ポリシーを管理者が作成した場合を除き、承認を必須にしても、ユーザーは引き続き Google データにアクセスできます。
  • Google エンドポイント管理を使用していない場合でも、次の手順で Google Sync デバイスを承認、ブロックできます。承認待ちの Google Sync デバイスについてメール通知が重複して届くことがありますが、同じデバイスを何度も承認する必要はありません。なお、デバイスが承認待ちのときにユーザーが仕事用データにアクセスしようとすると、エラーが表示されます。詳しくは、Google Sync とはをご覧ください。

デバイスからのアクセスに対する管理者の承認を有効にする

開始する前に: 特定のユーザーに設定を適用するには、対象のユーザーのアカウントを組織部門に追加します。
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[デバイス] にアクセスします。
  3. 左側で、[モバイルとエンドポイント] 次に [設定] 次に [一般設定] をクリックします。
  4. [セキュリティ] 次に [デバイスの承認] をクリックします。
  5. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門を選択します。
  6. [管理者の承認が必要] チェックボックスをオンにします。
  7. (省略可)ユーザーがデバイスを登録して、仕事用データにアクセスする前に承認が必要なときに通知を受け取るメールアドレスを入力します。

    ヒント: 個人のメールアドレスではなく、デバイスを承認できるすべての管理者が含まれているグループのメールアドレスを使用します。

  8. [保存] をクリックします。子組織部門を設定した場合は、親組織部門の設定を継承またはオーバーライドできる場合があります。

モバイル デバイスを承認する

管理対象のモバイル デバイスを個別に承認するか、ルールを設定してデバイスを自動的に承認します。


Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false