Google モバイル管理設定ガイド

次のステップ

従来の G Suite(無償版)をご利用の場合、この機能をご利用いただくには G Suite Basic にアップグレードしていただく必要があります。

これで、組織のモバイルの詳細管理を設定できました。ユーザーが自分の企業アカウントをデバイスに追加すると、そのデバイスが管理対象として登録されます。ユーザーがデバイスを登録すると、管理者は Google 管理コンソールでそのデバイスを確認できます。デバイスの管理、設定の適用、使用状況の確認などが可能になります。

データの同期を継続

すでに企業データを同期しているデバイスには、Device Policy アプリまたはプロファイルをインストールするように求める通知が届きます。このアプリまたはプロファイルは、管理者が設定したポリシーに端末が準拠しているかどうかを確認するためのものです。準拠している端末は引き続き企業データを同期できます。準拠していないデバイスのユーザーには通知が届き、問題を解消するよう求められます。

Android デバイスの所有者

Android デバイスが新しい場合や初期設定にリセットされた場合、企業アカウントを追加するときに、デバイスの所有者を組織にするよう求められます。ユーザーが承諾すると、デバイスは端末所有者モードで動作します。端末所有者モードとは、組織がデバイスをより詳細に制御できるモードです。ユーザー所有のデバイスである場合は、[この端末を所有しています] チェックボックスをオンにすると割り当てを無効にできます。

関連トピック

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。