グループ設定の状況を確認する

セキュリティの状況ページ

この機能は、G Suite Enterprise、G Suite Enterprise for Education、Drive Enterprise でご利用いただけます。エディションの比較

セキュリティの状況ページから、グループの作成とメンバーの設定を確認できます。

グループの作成とメンバー

管理者は公開アクセスを有効または無効にしたり、ユーザーによるグループの作成を許可または禁止したりすることによって、ドメインの Google グループの共有オプションを設定できます。

詳しくは、以下の表をご覧ください。

設定 グループの作成とメンバー
ステータス

グループへのアクセスを限定公開に設定して、ドメイン管理者のみがグループを作成できるように、グループの共有オプションをドメインに設定するかどうかを指定します。

おすすめの設定

グループへのアクセスを限定公開に設定して、ドメイン管理者のみがグループを作成できるようにすると、データ漏洩のリスクを軽減できます。

グループへのアクセスを限定公開に設定して、ドメイン管理者のみがグループを作成できるようにする方法

  1. Google 管理コンソールで [アプリ] > [G Suite] > [ビジネス向け Google グループ] > [共有設定] に移動します。
  2. [このドメイン外 - グループへのアクセス] で [限定公開] をオンにします。
  3. [グループの作成] で [ドメイン管理者だけがグループを作成できます] をオンにします。

詳細と設定手順については、共有オプションの設定をご覧ください。

注: グループへのアクセスが限定公開に設定されている場合でも、グループ メンバーがドメイン外のユーザーからのメールを受信することは可能です。メールのなりすまし、フィッシング、ホエーリングのリスクを軽減するため、管理者はドメイン外からの受信メールを無効にすることができます(この設定を無効にすると、受信メールはグループの所有者の承認を受けるために管理キューに入れられます)。[グループ オーナーはこのドメイン外からの受信メールを許可できます] チェックボックスをオフにします(詳しくは、共有オプションの設定をご覧ください)。

ユーザーへの影響

ユーザーはグループを作成できなくなります(グループを作成できるのはドメイン管理者のみ)。また、グループにアクセスできるのはドメイン内のユーザーのみになります。注: この設定を変更しても過去にさかのぼって適用されることはありません。たとえば、アクセス権が限定公開に設定された後でも、元々グループのメンバーであった外部のメンバーはその後もメンバーのままとなります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。