暗号化レポート

セキュリティ ダッシュボード

サポート対象エディション: Enterprise、Education Standard と Plus。  エディションの比較

TLS(Transport Layer Security)は、受信と送信の両方のメール トラフィックでメールを暗号化して安全に配信するプロトコルです。このプロトコルにより、メールサーバー間の傍受を防ぐことができます。暗号化レポートでは、TLS を使用してドメイン内で暗号化されたメールの件数を確認できます。 

注: セキュリティ ダッシュボードには、暗号化に関するデータの概要も表示されます。詳しくは、セキュリティ ダッシュボードに関する記事をご覧ください。

暗号化レポートを表示する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[セキュリティ] 次に [ダッシュボード] にアクセスします。

    [セキュリティ] がホームページに表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックして表示します。

  3. [暗号化] パネルの右下にある [レポートを表示] をクリックします。

暗号化のグラフ

このグラフには、TLS と非 TLS に分類されたメールが表示されます。

  • TLS - Transport Layer Security(TLS)プロトコルを使用して送信されたメール
  • 非 TLS - Transport Layer Security(TLS)プロトコルを使用せずに送信されたメール

注: 凡例をクリックすると、グラフの線を非表示にできます。たとえば、[TLS] をクリックすると、その線はグラフに表示されなくなります。これは、線が重なっている場合に特に便利です。

グラフの上にあるプルダウン メニューを使用すると、グラフをカスタマイズして、特定の種類のメールについてのみ詳細を表示できます。

フィルタ 説明

トラフィック ソース: すべて、外部、内部

外部 - ドメイン外のユーザーから送信されたメールのみが示されます。
内部 - ドメイン内のユーザーから送信されたメールのみが示されます。
受信または送信 受信 - ドメイン内のユーザーが受信したメールのみが示されます。ドメイン内に限らずドメイン外のユーザーから送信されたメールも示されます。
送信 - ドメイン内のユーザーが送信したメールのみが示されます。ドメイン内に限らずドメイン外のユーザーに送信されたメールも示されます。
ドメイン レポート対象のドメインを選択します。
期間

今日、昨日、今週、先週、今月、先月から選択したり、さかのぼる日数(180 日まで)を指定したり、開始日や終了日を入力したりしてデータを表示し、レポートをカスタマイズします。期間を設定したら、[適用] をクリックします。

注: このレポートには過去 31 日間のデータのみが表示されます。たとえば、パラメータを最長 60 日間に設定しても、31 日より前のデータはレポートに表示されません。

 

グラフのデータを含むスプレッドシートを生成するには、[シートをエクスポート] をクリックします。暗号化グラフ内のデータに対応するスプレッドシートが生成され、[マイドライブ] フォルダに保存されます。

現在と過去のデータを比較する

現在のデータを過去のデータと比較するには、右上の [統計分析] で [パーセンタイル] を選択します(セキュリティ ダッシュボードのグラフによってはご利用いただけません)。 履歴データの 10、50、90 の各パーセンタイルを示すオーバーレイがグラフ上に表示されます(大半のデータは 180 日分、Gmail データは 30 日分)。別の分析を行う場合は、グラフの右上にあるメニューでオーバーレイの線を変更します。

暗号化の表

特定のドメインと IP アドレスからドメインに送信されたメールのうち、暗号化されているメールと暗号化されていないメールの件数も確認できます。

たとえば、グラフの TLS の線にある 8 月 21 日のデータポイントをクリックすると、暗号化されたメールをその日に多く送信したドメインの表が示されます。この表には、ドメインと TLS のメール件数が示されます。[IP アドレス] をクリックすると、暗号化されたメールを多く送信した IP アドレスの詳細を確認できます。

注: 暗号化の表のドメインの列には、メールの送信元 IP アドレス のドメインが表示されます。IP アドレスが関連するドメインが不明な場合、この列は空白になります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

true
14 日間の無料試用を今すぐ開始してください

ビジネス向けのメール、オンライン ストレージ、共有カレンダー、ビデオ会議、その他多数の機能を搭載。G Suite の無料試用を今すぐ開始してください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false