迷惑メールフィルタ レポート

メール トラフィックを分析する
この機能がサポートされるエディション: Enterprise、Enterprise for Education。 各エディションの比較

管理者は、セキュリティ ダッシュボードから迷惑メールフィルタ レポートを参照することで、ある期間内に Google の迷惑メールフィルタが迷惑メールと判断したメールの件数を確認することができます。迷惑メールフィルタ レポートには次の 3 種類があります。

  • すべて - 届いたメールがユーザーの受信トレイに配信されているのか、迷惑メールとしてルーティングされているのかを確認できます。
  • フィッシング - フィッシング メールがどのようにルーティングされているかを確認することもできます。
  • 不正なソフトウェア - 不正なソフトウェアと判断されたメールと、その日時を確認できます。

迷惑メールフィルタ レポートを表示する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. [セキュリティ] [ダッシュボード] をクリックします。
  3. [迷惑メールフィルタ - すべて]、[迷惑メールフィルタ - フィッシング]、[迷惑メールフィルタ - 不正なソフトウェア] までスクロールし、カードの右下にある [レポートを表示] をクリックします。

データの傾向を読み取る

迷惑メールフィルタをグラフとして表示する

不審なメールではあるものの、送信者がホワイトリストに登録されているなどの正当な理由がある場合には、そのメールはユーザーの受信トレイに配信されることがあります。管理者は、ユーザーの次の場所に配信されたメールを確認できます。

  • 受信トレイ - 不審なメールではあるものの、送信元が許可リストに登録されているためユーザーの受信トレイに配信されたメールが含まれます。
  • 迷惑メールフォルダ - Gmail の迷惑メールフィルタによって迷惑メール、フィッシング、または不正なソフトウェアと判断されたメールが含まれます。

ヒント: 凡例をクリックすると、グラフ内の折れ線を非表示にできます。たとえば、[迷惑メールフォルダ] をクリックすると、それに対応する折れ線がグラフに表示されなくなります。この機能は、折れ線が重なっている場合に特に便利です。

グラフの上方にあるリストを使用すると、全ドメインのデータを表示するか一部のドメインのデータのみを表示するかを選ぶことができます。特定の種類のメールに関する情報のみが表示されるように、グラフをカスタマイズすることも可能です。

フィルタ 説明
タイミングの分類

配信前 - 配信前に添付ファイルが不正なソフトウェアと判断されたメールは、ユーザーの迷惑メールフォルダに振り分けられ、添付ファイルは無効になります。

配信後 - 添付ファイルが最初の不正なソフトウェア検証で問題なしと判断されたメールは、ユーザーの受信トレイに配信されます。ただしその後、長期的な不正なソフトウェア検証によって不正なソフトウェアと判断される可能性もあります。不正なソフトウェアと判断された段階で、その添付ファイルは無効になります。

トラフィック ソース すべて - 内部メールと外部メールの両方
外部 - ドメイン外のユーザーから送信されたメール
内部 - ドメイン内のユーザーから送信されたメール

分類
 

すべて - すべてのメール
クリーン - 問題なしと判断されたメール
迷惑メール - 迷惑メールと判断されたメール
不正なソフトウェア - 不正なソフトウェアと判断されたメール
フィッシング - フィッシングと判断されたメール
不審 - 不審と判断されたメール

ドメイン レポート対象のドメインを選択します。
期間

今日、昨日、今週、先週、今月、先月から選択したり、さかのぼる日数(180 日まで)を指定したり、開始日や終了日を入力したりすることで、レポートをカスタマイズします。期間を設定したら、[適用] をクリックします。

このレポートには過去 30 日間のデータのみが表示されます。たとえば、パラメータを最長 60 日間に設定しても、レポートのデータは 30 日間で切り捨てられます。

 

グラフのデータを含むスプレッドシートを Google ドライブに生成するには、[シートを書き出す] をクリックします。

表内のデータポイントに注目する

グラフ内のデータポイントをクリックすると、ドメインに送信された迷惑メールの件数の詳細も確認できます。詳細はグラフの下の表に表示されます。

次のような条件でデータを生成することもできます。

  • 件名
  • ユーザー ID
  • リンクドメイン
  • SPF ドメイン
  • DKIM ドメイン
  • 送信元のドメイン
  • 添付ファイルの SHA 256 ハッシュ
  • 添付ファイルの拡張子
  • メッセージ サイズの範囲

タブを左右にスクロールすると、すべてのデータポイント オプションが表示されます。

注: 添付ファイルの名前が長すぎて読めない場合、迷惑メールフィルタの表内では切り詰めて表示されます。

現在と過去のデータを比較する

現在のデータを過去のデータと比較するには、右上の [統計分析] で [パーセンタイル] を選択します(セキュリティ ダッシュボードのグラフによってはご利用いただけません)。 履歴データの 10、50、90 の各パーセンタイルを示すオーバーレイがグラフ上に表示されます(大半のデータは 180 日分、Gmail データは 30 日分)。別の分析を行う場合は、グラフの右上にあるメニューでオーバーレイの線を変更します。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。