ユーザーによる報告操作(ユーザー レポート)レポート

メールのユーザーは受信トレイ内のメールを迷惑メール、迷惑メールではない、またはフィッシングとして報告できます。この報告に基づき Gmail では、同様のメールを今後は迷惑メール、迷惑メールではない、またはフィッシングとして識別するようにシステムが学習します。ユーザー レポート レポートでは、ユーザーが特定の期間に行ったマーク操作(迷惑メール、迷惑メールではない、フィッシング)を確認できます。

注: セキュリティ ダッシュボードには、ユーザーによる報告操作に関するデータの概要も表示されます。詳しくは、セキュリティ ダッシュボードをご覧ください。

ユーザーによる報告操作(ユーザー レポート)レポートを表示するには:

  1. admin.google.com から Google 管理コンソールにログインします。
    ログインには個人用の Gmail アカウントではなく管理者アカウントを使用してください。
  2. [セキュリティ] をクリックします。
  3. [ダッシュボード] をクリックします。
  4. [ユーザー レポート] パネルの右下にある [レポートを表示] をクリックします。

ユーザー レポートのグラフ

不審なメールとみなされても、送信者がホワイトリストに登録されているなど問題がない場合、そのメールはユーザーの受信トレイに配信されることがあります。このグラフには、迷惑メールではない、迷惑メール、フィッシングとして分類されたメールの件数が表示されます。

  • 迷惑メールではない - 迷惑メールではないとマークされたメールの件数
  • 迷惑メール - 迷惑メールとしてマークされたメールの件数
  • フィッシング - フィッシングとしてマークされたメールの件数

注: 凡例をクリックすると、グラフの線を非表示にできます。たとえば、[迷惑メール] をクリックすると、その線はグラフに表示されなくなります。これは、線が重なっている場合に特に便利です。

グラフの上にあるプルダウン メニューを使用すると、グラフをカスタマイズして、特定の種類のメールについてのみ詳細を表示できます。

フィルタ 説明
トラフィック ソース: すべて、外部、内部 外部 - ドメイン外のユーザーから送信されたメールのみが示されます。
内部 - ドメイン内のユーザーから送信されたメールのみが示されます。
ドメイン レポート対象のドメインを選択します。
期間

今日、昨日、今週、先週、今月、先月から選択したり、さかのぼる日数(180 日まで)を指定したり、開始日や終了日を入力したりすることで、レポートをカスタマイズします。期間を設定したら、[適用] をクリックします。

注: このレポートには過去 31 日間のデータのみが表示されます。たとえば、パラメータを最長 60 日間に設定しても、レポートのデータは 31 日間で切り捨てられます。

 

グラフのデータを含むスプレッドシートを生成するには、[スプレッドシートにエクスポート] をクリックします。ユーザー レポートのグラフ内のデータに相当するスプレッドシートが生成され、[マイドライブ] フォルダに保存されます。

ユーザー レポートの表

グラフ内のデータポイントをクリックすると、ドメインに送信された迷惑メールの件数の詳細も確認できます。詳細はグラフの下の表に表示されます。

注: 長すぎて読めない添付ファイル名は、ユーザー レポートの表では一定の長さ以降が切り捨てられます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。