ハングアウト設定の状況を確認する

セキュリティの状況ページ
この機能は、G Suite Enterprise と G Suite Enterprise for Education でのみご利用いただけます。

セキュリティの状況ページから、ドメイン外の相手とのハングアウトに関する警告の設定を確認できます。

メインの外部でのハングアウトに関する警告

この設定を有効にすると、ユーザーが外部ドメインのユーザーとハングアウトするときに警告が表示されます。また、ユーザーがドメイン外の相手とどのようにやり取りしているかを管理者がより詳細に把握することもできます。

詳しくは、以下の表をご覧ください。

設定 ドメインの外部でのハングアウトに関する警告
ステータス この設定が無効になっている組織部門の数が示されます。

おすすめの設定

ドメイン外の相手とのハングアウトに関する警告をすべての組織部門に対して有効にすると、外部ドメインのユーザーとチャットしようとしたユーザーに警告が表示されます。これにより、データ漏洩のリスクを軽減できます。

ドメイン外部でのハングアウトに関する警告を有効にする方法

Google 管理コンソールで [アプリ] > [G Suite] > [Google ハングアウト] > [チャット設定] に移動し、[[ドメイン名] の外部とハングアウトするときにユーザーに警告する] チェックボックスをオンにします。

詳細と設定手順については、従来のハングアウト チャットの設定の「共有オプション」をご覧ください。

ユーザーへの影響

ユーザーが外部ドメインのユーザーとチャットしようとすると、ハングアウトのウィンドウに警告メッセージが表示されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。