カレンダー設定の状況を確認する

セキュリティの状況ページ
この機能は、G Suite Enterprise と G Suite Enterprise for Education でのみご利用いただけます。

セキュリティの状況ページから、カレンダーの共有ポリシーの設定を確認できます。

カレンダー共有ポリシー

デフォルトでは、メイン カレンダーはドメイン外のユーザーとは共有できません。カレンダーの設定には、この設定を変更するオプションがあります。詳しくは、以下の表をご覧ください。

設定 カレンダー共有ポリシー
ステータス

カレンダー共有ポリシーが [空き時間情報のみ] に設定されていない組織部門の数が示されます。

おすすめの設定

カレンダーを外部と共有する際は、空き時間情報のみが表示されるように制限することで、データ漏洩のリスクを軽減できます。

この設定を指定する方法

Google 管理コンソールで [アプリ] > [G Suite] > [カレンダー] > [共有設定] に移動します。[メイン カレンダーの外部共有オプション] で [空き時間情報のみ(予定の詳細は非表示)] をオンにします。

詳細と設定手順については、カレンダーの共有オプションの設定に関する記事をご覧ください。

ユーザーへの影響

ユーザーは、外部ドメインのユーザーとカレンダーの情報を共有できなくなります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。