カレンダーの相互運用に関するエラー メッセージ

Google カレンダーの相互運用ツールを使用する際に表示される可能性のある、さまざまなエラー メッセージの解決方法を説明します。

エラー メッセージ 説明 推奨される対応
接続エラー

Google カレンダーが Microsoft Exchange サーバーに接続できませんでした。ファイアウォールによってアクセスがブロックされているか、間違ったホスト名またはポートが入力されています。たとえば、https://exchange.domainname.com/ews/exchange.asmx に接続できなかった場合に、このエラーが表示されることがあります。

Microsoft リモート接続アナライザー ツールを使用して、インターネットから Exchange サーバーに接続できるかどうか確認します。
Exchange Web サービス(EWS)通信エラー Exchange サーバーの URL に HTTPS ではなく HTTP が使われています。HTTP は安全なプロトコルではありません。 Exchange サーバーの URL に HTTPS を指定してください。
EWS 応答エラー

Google サーバーが、EWS ではなく他のサービス(Exchange 以外の HTTP サーバーなど)と通信しています。

このエラーの一般的な原因は次のとおりです。

  • Exchange サーバーの URL が間違って入力されています。
  • Exchange の認証情報が間違って入力されています。
  • ファイアウォールによってカレンダーと EWS サーバーの接続がブロックされています。この場合は、インターネットから EWS ポートにアクセスできることをご確認ください。

Exchange 2016 で正しい URL を確認するには、[Exchange 管理センター] > [サーバー] > [仮想ディレクトリ] にアクセスし、[EWS] をダブルクリックします。

詳しくは、Microsoft リモート接続アナライザー ツールの Microsoft Exchange Web サービスの接続テストをご確認ください。

Exchange のユーザー名が
メールアドレスではありません

管理コンソールで指定した Exchange のユーザー名が、有効なメールアドレスではありません。たとえば、ドメイン名が入力されていないことなどが考えられます。

Exchange のロール アカウントを調べて、正しいメールアドレスであることをご確認ください。

ホストが見つかりません

DNS 名が正しくないか、スペルが間違っています。または、指定したホスト名の DNS レコードがありません。

管理コンソールで指定されている Exchange の URL が正しいことをご確認ください。

相互運用が設定されていません

Exchange 接続の設定が見つかりませんでした。Google 管理コンソールでカレンダーの相互運用が設定されていないことが考えられます。

カレンダーの相互運用が管理コンソールで有効になっていることをご確認ください。
参加者が無効です

空き情報の検索対象のユーザーが存在しません。

検索対象のユーザーが Microsoft Active Directory に存在することをご確認ください。
Exchange の URL の形式が正しくありません

この Exchange の URL は管理コンソールで認識されません。形式が間違っていることが考えられます。

管理コンソールの設定を調べて、正しい URL が入力されていることをご確認ください。
SSL エラー

このメッセージは、次のいずれかのエラーにより表示されます。

  • SSL 証明書が、接続しようとしているホストの名前と一致しません。ホスト名の代わりに IP アドレスが入力されているか、証明書で認識されないエイリアスを使っての接続が試みられました。
  • SSL 証明書が無効です。証明書の期限が切れているか、信頼できないルート認証局によって発行されたことが考えられます。
Exchange サーバー上の SSL 証明書が有効なものであり、接続しようとしているホストの名前と一致していることをご確認ください。


Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。