カレンダーの相互運用について

管理者はカレンダーの相互運用を使用して、Microsoft Exchange と Google カレンダーを連携させることができます。両システムのユーザーは自分の空き情報を共有し、スケジュールを確認し合うことが可能です。

管理者が行える操作

  • ドメインに対してカレンダーの相互運用を有効にできます。
  • Google カレンダーのユーザーが会議をスケジューリングするときに、Exchange のカレンダー リソース(会議室など)を予約できるように設定できます。
  • 自動化されたツールを使って設定内容を検証できます。
  • エラー メッセージを表示し、それらのエラーを解決するための提案を確認できます。
  • Google 管理コンソールから、空き情報に関する両システムのユーザーからのリクエストを確認できます。

Google カレンダー ユーザーと Exchange ユーザーが行える操作

  • お互いの空き情報を確認できます。空き情報検索(表示されるのは予定の時間枠のみ)および予定の追加情報検索(予定のタイトルと場所が表示される)がサポートされています。

    重要: 各予定のプライバシー設定がカレンダーの相互運用にも反映されます。Exchange で非公開に設定されている予定の場合、Google カレンダーにはその詳細情報は表示されません。同様に、Google カレンダーで非公開に設定されている予定の場合、Exchange にはその詳細情報は表示されません。

  • Exchange のカレンダー リソース(会議室など)の空き情報および予定の追加情報を確認できます。また、Google カレンダーで予定を設定する際に Exchange のリソースを予約できます。
  • Android 版、Apple iOS 版、ウェブ クライアント版の Google カレンダーでカレンダーの相互運用を使用できます。
  • Microsoft Exchange 2013 / 2016、または Exchange Online(Office 365)(デスクトップ版、モバイル版、ウェブ版の Outlook を含む)でカレンダーの相互運用を使用できます。

次のステップ

カレンダーの相互運用の使用


Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。