カレンダーの相互運用について

G Suite 管理者は、カレンダーの新しい相互運用ツールを使用して、Microsoft® Exchange と Google カレンダーを組織内で併用できるようにすることが可能です。両方のシステムのユーザーが空き情報を共有して、お互いのスケジュールを確認できるように設定できます。

管理者が行える操作

  • ドメインに対して、カレンダーの相互運用を有効にできます。

  • Google カレンダーのユーザーが会議のスケジュール設定時に Exchange のカレンダー リソース(会議室など)を予約できるように設定できます。

  • 自動ツールを使用して設定を確認できます。

  • エラー メッセージを表示し、それらのエラーを解決するための提案を確認できます。

  • Google 管理コンソールから、空き情報に関する両システムのユーザーからのリクエストを確認できます。

Google カレンダー ユーザーと Exchange ユーザーが行える操作

  • お互いの空き情報を確認できます。空き情報の検索(予定の時間枠のみがユーザーに表示されます)と、予定のすべての情報の検索(予定のタイトルと場所がユーザーに表示されます)がサポートされています。

    重要: カレンダーの相互運用では、予定レベルのプライバシー設定が適用されます。Exchange で予定が非公開に設定されている場合、予定の詳細は Google カレンダーに表示されません。同様に、Google カレンダーで予定が非公開に設定されている場合、予定の詳細は Exchange に表示されません。

  • Google カレンダーで予定を作成する際に、Exchange のカレンダー リソース(会議室など)を予約できます。

  • Android 版、Apple® iOS® 版、ウェブ クライアント版の Google カレンダーで、カレンダーの相互運用を使用できます。

  • Microsoft® Outlook® 2010 以降のすべてのクライアント(デスクトップ版、モバイル版、ウェブ版の Outlook を含む)でカレンダーの相互運用を使用できます。

準備ができたら

カレンダーの相互運用の仕組みをご覧のうえ、機能をご利用ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。