削除したユーザーの予定をカレンダーから削除する

1 つの予定または定期的な予定を主催するユーザーのアカウントを停止または削除すると、その予定を管理する主催者がいなくなります。主催者がいなくても予定は他のユーザーのカレンダーに表示され、その時間に関連付けられたリソースは誰も予約できなくなります。管理者はユーザーの Google カレンダーの予定のオーナー権限を譲渡するか、ユーザーを削除または停止する前に予約済みのリソースを解放することによってのみ、この問題を防ぐことができます。

Calendar API を使用すれば、主催者のいない既存の予定を見つけて手動で削除できます。

主催者のいない予定を見つける

Google 管理コンソールから主催者のいない予定を見つけることはできません。予定の ID を使用し、Calendar API で予定のリストを検索します。

主催者のいない予定を削除する

管理コンソール

予定の主催者が予定を削除すると、その予定は招待者のカレンダーに表示されなくなります。主催者のいない予定をすべての参加者のカレンダーから削除するには、すべての招待者のカレンダーから個々の予定を手動で削除します。または、すべての招待者に連絡して各自のカレンダーから予定を削除するよう依頼します。

API

予定の ID を使用し、Calendar API で予定のリストを検索します。

検索結果から、その ID を含む予定を削除します。

元ユーザーが予約したリソースを開放する

管理コンソール

すべてのリソースには、独自のカレンダーがあります。孤立した予定でリソースが予約されていて、他のユーザーが利用できるようにリソースを解放したい場合は、その予定が表示されているリソースのカレンダーから予定を削除します。

API

予定の ID を使用し、Calendar API で予定のリストから予約済みのリソースを含む主催者のいない予定を検索して削除します。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。