Jamboard デバイスをネットワークに接続する

Jam を保存したり、ビデオ会議に参加したりするには、Jamboard をネットワークに接続する必要があります。

ステップ 1: Jamboard をオープン ネットワークに接続する

  1. 背面パネル右側の電源ボタンを押します。
  2. 初期設定では、オープンな Wi-Fi、パスワード付き WPA2、制限がかかっていないイーサネット ネットワークに Jamboard を接続できます。

    : このネットワークでは、キャプティブ ポータルを使用することも、プロキシを要求することもできません。これらの機能は、デバイスの更新後にのみ使用できます。

ステップ 2: Jamboard を有効にする

Jamboard の電源を入れてデバイスをオープン ネットワークに接続すると、8 桁のアクティベーション コードが画面に表示されます。Jamboard をドメインで初めてプロビジョニングする場合は、特権管理者アカウントを使用して利用規約に同意する必要があります。以降は、管理コンソール(admin.google.com)で「Jamboard の管理」権限が設定されているすべてのユーザーが、Jamboard デバイス管理コンソールにアクセスできます。

  1. パソコンで Chrome ブラウザを開きます。
  2. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  3. 管理コンソールのホームページから、[デバイス] 次に [Jamboard デバイス] に移動します。

    一部の機能には、Jamboard の管理の権限が必要です。

  4. ページの上部にあるプラス記号をクリックし、新しいデバイスを追加します。
  5. Jamboard の場所と名前を入力します。
  6. 8 桁のアクティベーション コードを入力し、[デバイスを有効にする] をクリックします。

ステップ 3: Jamboard ソフトウェアを更新する

初期のソフトウェア ビルドで Jamboard を実行すると、Jamboard 診断ツールにアクセスできないことがあります。ツールを起動できない場合は、Jamboard が自動的に更新されるまで待ってください。

Jamboard はウェブに接続してから 10 分以内に、自動的に最新リリースに更新されます。手動で更新する場合は次の手順を実施してください。

  1. メニュー アイコン "" をタップします。
  2. [Jamboard の概要] をタップします。
  3. [ビルド番号] を 7 回タップすると、Jamboard 診断ツールが表示されます。
  4. [システム アップデートを確認] をタップします。利用できるシステム アップデートがある場合はダウンロードできます。

ステップ 4: Jamboard を Wi-Fi ネットワークに接続する

Jamboard ソフトウェアの最新のビルドは、Android 7.0(Nougat)でサポートされている以下の企業向け Wi-Fi 設定にすべて対応しています。

  • 保護された拡張認証プロトコル(EAP)
  • 拡張認証プロトコル - Transport Layer Security(EAP-TLS)
  • 拡張認証プロトコル - トンネリング Transport Layer Security(EAP-TTLS)
  • 拡張認証プロトコル - パスワード(EAP-PWD)
  • 多くのプロキシ ネットワーク設定
  • 非表示のサービスセット識別子(SSID)とキャプティブ ポータル ネットワーク

 

接続されている USB フラッシュ ドライブから Jamboard に Wi-Fi ネットワーク証明書をアップロードできます。

  1. メニュー アイコン "" をタップします。
  2. [設定] をタップします。
  3. [Jamboard の概要] をタップします。
  4. [ビルド番号] を 7 回タップします(タップするごとに回数が表示されます)。Jamboard 診断ツールが表示されます。
  5. [Wi-Fi 証明書] をタップします。
  6. 証明書ファイルを含む USB フラッシュ ドライブ(VFAT 形式、win32/DOS FS のみ)を Jamboard の側面にある USB ポートに挿入します。
  7. [USB から証明書をインストール] をタップし、証明書ファイルを選択します。
  8. [OK] をタップします。

 

Wi-Fi ネットワーク接続を設定するには:

  1. メニュー アイコン "" をタップします。
  2. [設定] をタップします。
  3. [Wi-Fi] をタップします。
  4. [ネットワークを追加] をタップします。
  5. ネットワーク設定でセキュリティ タイプ 802.1x を選択します。
  6. CA 証明書のプルダウン リストから証明書を選択します。
  7. 残りのネットワーク セキュリティ欄を設定します。

Wi-Fi の電源とチャンネルの仕様

周波数(MHz) モード EIRP(mW)

サポートされる
チャンネルの
合計数

チャンネル リスト
2,412~2,472 802.11b 48.5 11 1、2、3、4、5、6、7、8、9、10、11
2,412~2,472 802.11g 30.5 11 1、2、3、4、5、6、7、8、9、10、11
2,412~2,472 802.11n HT20 38.5 11 1、2、3、4、5、6、7、8、9、10、11
5,180~5,320 802.11a 96.5 8 36、40、44、48、52、56、60、64
5,180~5,320 802.11n HT20 52.0 8 36、40、44、48、52、56、60、64
5,180~5,320 802.11n HT40 92.0 4 38、46、54、62
5,180~5,320 802.11ac VHT20 52.0 8 36、40、44、48、52、56、60、64
5,180~5,320 802.11ac VHT40 92.0 4 38、46、54、62
5,180~5,320 802.11ac VHT80 123.0 2 36、40、44、48、52、56、60、64

ホワイトリストに登録するホスト名

Jamboard サービスや Jamboard アプリにアクセスするには、ファイアウォール ルールで次のホスト名をホワイトリストに登録します。

  • android.clients.google.com
  • *.autodraw.com
  • *.ggpht.com
  • *.googleapis.com
  • *.google.com
  • *.googleusercontent.com
  • *.gstatic.com
  • chrome-alpha.sandbox.google.com

プロトコルとポート

Jamboard では次の接続が使用されます。

  • ポート 19305~19309 での参加者から Google への TCP 接続

  • ポート 443(SSL)とポート 80 での参加者から Google への TCP / UDP 接続

注意事項

  • ドメイン名は、特定のアドレス範囲内にない IP アドレスに解決される場合があります。
  • Jamboard で使用する IP アドレスが、他の Google サービスで使用されることもあります。
  • Google サーバーへの Jamboard の接続は、適切なブラウザ、ブラウザのバージョン、デバイス、デバイスのバージョン、ネットワークの状況などによって異なります。
  • 上記アドレスでのアクティビティが現在のところ見られない場合も、今後アクティビティが発生することがあります。

Jamboard チームでは、さまざまなソリューションと連携できるように Wi-Fi 機能の拡張に積極的に取り組んでいますが、現在のところ、Jamboard で以下の機能はサポートされていません。

  • リモート証明書管理
  • Jamboard 管理パネルやモバイル デバイス管理によるリモートでの企業向け Wi-Fi 設定
  • 企業ネットワーク以外のプロキシ設定(WPA、WPA2、WPA/PSK、WEPなど)
    注: PEAP / TLS / TTLS 設定はサポート対象です。
  • 802.1X 認証(有線)
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false
false