特定の送信者またはドメインに Gmail の設定を適用する

迷惑メール、コンテンツ、ルーティングの設定でアドレスリストを使用する

管理者は、アドレスリストと呼ばれる、メールアドレスとドメインのグループを作成できます。アドレスリストを使用することで、特定のメールアドレスまたはドメインに Gmail の設定を適用できるようになります。次の場合にアドレスリストを使用します。

  • 特定のアドレスまたはドメインを設定から除外する
  • 特定のアドレスまたはドメインとの間で送受信されたメールに設定を適用する

次の Gmail 設定でアドレスリストを使用します。

いずれの設定でも任意のアドレスリストを使用できます。アドレスリストは複数の設定で使用できます。

アドレスリストの作成と管理は、管理コンソールの [アドレスリストの管理] ページで行います。アドレスリストが使われている Gmail 設定からリストを管理することもできます。

注: ブロックされている送信者リストは、[ブロックされている送信者] の設定でのみ利用できる一種のアドレスリストです。

アドレスリストを作成、管理する

アドレスリストに関するおすすめの方法

アドレスリストを管理する際は、以下のガイドラインにご注意ください。ガイドラインの詳細とアドレスリストの仕組みについては、後述のアドレスリストの照合についてをご覧ください。

  • アドレスリストは複数の設定で使用できます。アドレスリストに変更を加えた場合は、そのリストが使われているすべての設定に影響が及びます。
  • 設定には複数のアドレスリストを含めることができます。アドレスは、設定に含まれる 1 つのアドレスリストに一致するだけで、一致と見なされます。
  • Gmail では、「From:」の送信者アドレスがアドレスリストのいずれかのアドレスまたはドメインに一致するかどうかが確認されます。アドレスリストとの照合に「Return-Path:」のアドレスは使用されません。
  • Gmail では、送信者の認証要件が確認されます。複数のアドレスリストが指定されている場合、アドレスは少なくとも 1 つのリストと一致する必要があります。
  • 認証オプションはデフォルトで、個々のアドレスまたはドメインに対して有効になっています。なりすましや悪意のある攻撃からドメインを保護しやすくするために、このオプションは常に有効にしておくことをおすすめします。詳しくは、後述の認証によってドメインが保護される仕組みをご覧ください。
  • 同一アドレスでも認証要件が異なる場合は、それぞれ別のアドレスと見なされます。
  • アドレスリストを編集する際、新規に追加したアドレスまたは変更を加えたアドレスは、アルファベット順に並べ替えられます。ドメインはユーザーより前に表示されます。
アドレスリストを作成する
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [Google Workspace] 次に [Gmail] 次に [ルーティング] にアクセスします。
  3. [ルーティング] ページで、[アドレスリストの管理] をクリックします。
  4. アドレスリスト テーブルの下部にある [アドレスリストを追加] をクリックします。
  5. 新しいリストの名前を入力します。
  6. アドレスを 1 つずつ追加するには、[アドレスを追加] をクリックし、メールアドレスまたはドメインを入力します。
  7. 一度に複数のアドレスを追加するには、[アドレスを一括追加] をクリックし、複数のアドレスまたはドメインをカンマで区切って入力して、[追加] をクリックします。
  8. [アドレスリストを追加] ボックスの [保存] をクリックします。新しいアドレスリストが有効になるまでに最長で 24 時間ほどかかることがあります。

アドレスリストが使われている Gmail 設定の中からリストを作成することもできます。

  1. アドレスリストが使われている設定にカーソルを合わせて、[編集] をクリックします。
  2. [設定を編集] ボックスで、[アドレスリスト] オプションを探します。Gmail の設定によっては、[アドレスリスト] オプションを表示するために [オプションを表示] をクリックする必要があります。
  3. [アドレスリスト] オプションを選択して、[リストを作成または編集] をクリックします。
  4. 新しいブラウザタブで [アドレスリストの管理] ページが開きます。上述の手順でアドレスリストを作成して、元のブラウザタブの [設定を編集] ボックスに戻ります。
アドレスリストを編集する
  1. [ルーティング] ページで、[アドレスリストの管理] をクリックします。
  2. 更新するリストにカーソルを合わせ、[編集] をクリックします。

    1 ページあたり最大 1,000 件のアドレスまたはドメインを表示できます。デフォルトは 10 件です。ページをスクロールすると、次のアドレスまたはドメインのセットが表示されます。

  3. リストにアドレスを追加するには、[アドレスを追加] または [アドレスを一括追加] をクリックします。

    アドレスまたはドメイン名を入力します。複数入力する場合は、カンマまたはスペースで区切ります。

  4. リストからアドレスを削除するには、対象となるアドレスにカーソルを合わせ、[削除] をクリックします。
  5. (省略可)必要に応じて、[送信者の認証を要求する] の設定を変更します。
  6. [保存] をクリックします。アドレスリストの変更が有効になるまでに最長で 24 時間ほどかかることがあります。

アドレスリストが使われている Gmail 設定の中からリストを編集することもできます。

  1. アドレスリストが使われている設定にカーソルを合わせて、[編集] をクリックします。
  2. [設定を編集] ボックスで、[アドレスリスト] オプションを探します。Gmail の設定によっては、[アドレスリスト] オプションを表示するために [オプションを表示] をクリックする必要があります。
  3. [アドレスリスト] オプションを選択して、[リストを作成または編集] をクリックします。
  4. 新しいブラウザタブで [アドレスリストの管理] ページが開きます。上述の手順でアドレスリストを編集して、元のブラウザタブの [設定を編集] ボックスに戻ります。
Gmail の設定で使われているアドレスリストを変更する

設定で使われているアドレスリストを変更したり、1 つの設定に複数のアドレスリストを追加したりできます。

  1. アドレスリストが使われている Gmail の設定にカーソルを合わせて、[編集] をクリックします。
  2. [設定を編集] ボックスで、[アドレスリスト] オプションを探します。Gmail の設定によっては、[アドレスリスト] オプションを表示するために [オプションを表示] をクリックする必要があります。
  3. 次のいずれかを行います。
    • リストの使用を中止するには、リスト名にカーソルを合わせて [使用しない] をクリックします。
    • 設定で使われているリストを更新するには、[既存のリストを使用する] をクリックし、設定用のリストを選択します。複数選択することもできます。[X] をクリックして変更内容を保存し、[アドレスリストの選択] ボックスを閉じます。
    • 新しいリストを使用するか、既存のリストを更新して使用するには、[リストを作成または編集] をクリックします。新しいブラウザタブで [アドレスリストの管理] ページが開きます。リストを作成または編集して、元のブラウザタブの [設定を追加] ボックスに戻ります。[既存のリストを使用する] をクリックし、新しいリストを選択します。
アドレスリストでドメインまたはメールアドレスを検索する

検索機能を使用すると、長いアドレスリストからアドレスを見つけることができます。検索ボックスに検索クエリが入力されている状態でリストのエントリを追加、編集、削除できます。検索クエリに一致しないエントリへの変更は、クエリを消去して初めて表示されます。

: 検索で大文字と小文字は区別されません。たとえば「bert」で検索すると、「Bert」、「Bertrand」、「Roberta」などの結果が返されます。

  1. Gmail の設定または [アドレスリストの管理] ページでアドレスリストを編集します。
  2. [アドレスリストの編集] ボックスの上部にある [アドレスを検索 ""] 欄に、メールアドレスまたはドメインを入力します。
  3. メールアドレスもしくはドメインの全体または一部を入力します。リストがフィルタされ、検索クエリに一致する結果のみが表示されます。
  4. (省略可)検索クエリを消去するには、[X] をクリックします。

アドレスリストの照合について

アドレスリストの照合は送信者と宛先のどちらに対して行われますか?

受信メール(お使いのドメインが宛先である場合)では、送信者がアドレスリストと照合されます。

送信メール(お使いのドメインが送信者である場合)では、宛先がアドレスリストと照合されます。

迷惑メールブロックされている送信者などの設定では、受信メールに対してアドレスリストが適用されます。配信を制限などの設定では、受信メールと送信メールの両方にアドレスリストが適用されます。コンプライアンス ルールとルーティング ルールの設定では、受信メールと送信メールのどちらに適用するかを選択できます(両方に適用することもできます)。

送信者の確認はどのように行われますか?

受信メールの場合、「From:」の送信者アドレスが、アドレスリストに含まれるアドレスまたはドメインと照合されます。アドレスリストとの照合に「Return-Path:」のアドレスは使用されません。「From:」の送信者アドレスは通常、メールの受信トレイで送信者のアドレスとして表示されます。「Return-Path:」のアドレスはメッセージ ヘッダーにのみ表示されます。

アドレスリストに対して認証要件が有効になっている場合は、送信者が認証済みかどうかが確認されます。詳しくは、送信者の認証をご覧ください。

メールログ検索に関する注: アドレスリストとの照合は「From:」の送信者に基づいて行われますが、メールログ検索では「Return-path:」の送信者が表示されます。

宛先の確認はどのように行われますか?

送信メールの場合、メールの宛先が、アドレスリストに含まれるアドレスまたはドメインと照合されます。宛先とは、「To:」、「Cc:」、「Bcc:」の各欄に含まれるアドレスです。

Gmail では、宛先ごとに個別に確認が行われます。特定の宛先がアドレスリストと一致すると、その宛先へのメールのコピーだけにルールが適用されます。たとえば、TLS 設定のアドレスリストに admin@solarmora.com が含まれ、help@solarmora.com は含まれていない場合、admin@solarmora.com 宛てのコピーだけで TLS が必要となります。

宛先を確認する際、送信者の認証の要件は無視されます。

自分のドメインをアドレスリストに追加するとどうなりますか?

ドメインをアドレスリストに追加した場合、そのリストが使われている設定がドメイン全体に適用されます。内部メールの配信を管理するには、ドメインではなく、個々のメールアドレスをリストに追加することをおすすめします。

リストに含まれていないアドレスが一致と見なされたのはなぜですか?

アドレスがアドレスリストに含まれていない場合でも、一致と見なされることがあります。これは、一致の有無を確認する前に、次のようなメールアドレスの標準化が行われるためです。

  • ドットとプラス記号がユーザー名から削除されます
  • サブドメインがメールアドレスから削除されます
  • メールアドレスがすべて小文字に変換されます

たとえば、アドレスリストとの照合において、「admin@solarmora.com」、「a.d.m.i.n@solarmora.com」、「admin@support.solarmora.com」、「Admin@Solarmora.com」はすべて同一のアドレスと見なされます。

設定には複数のアドレスリストを含めることができます。アドレスは設定に含まれる 1 つのアドレスリストに一致するだけで、設定で一致と見なされます。

送信者の認証ではドメインはどのように保護されますか?

送信者の認証は、アドレスリストの新しいエントリに対してデフォルトで有効になります。送信者の認証が有効であるとき、送信者のメールが認証されている場合のみ、送信者はアドレスリストと一致すると見なされます。

送信者の認証は、ドメインで受信されたメールにのみ適用されます。ドメインから送信されたメールには適用されません。

重要: 送信者の認証は、なりすましメールからドメインを保護するのに役立ちます。送信者の認証が無効になっていると、本来の送信者によってメールが送信されたことを検証できません。なりすましや迷惑メールなどの悪意のある攻撃からドメインを保護しやすくなるように、送信者の認証オプションは常に有効にしておくことをおすすめします。

アドレスまたはドメインに対して送信者の認証を有効または無効にする

送信者の認証は、アドレスリストの新しいエントリに対してデフォルトで有効になります。アドレスリストの新しいエントリに対して送信者の認証を無効にすることはおすすめしません。送信者の認証要件を更新するには、次の手順を行います。

  1. Gmail の設定または [アドレスリストの管理] ページでアドレスリストを編集します。
  2. [アドレスリストの編集] ボックスで、アドレスリストにカーソルを合わせ、[編集] をクリックします。
  3. スクロールまたは検索して、更新するアドレスを探します。
  4. 認証要件を有効または無効にして、[保存] をクリックします。
送信者の認証を判断する仕組み

送信者の認証を検証するために、次の条件のうち少なくとも 1 つが満たされていることが確認されます。

  • メールが SPF で認証され、「From:」の送信者が「Return-path:」の送信者と一致する。
  • メールに有効な DKIM 署名があり、その署名のドメインが「From:」送信者と一致する。

From:」の送信者アドレスは通常、メールの受信トレイで送信者のアドレスとして表示されます。「Return path:」の送信者アドレスは一般的に、メッセージ ヘッダーにのみ表示されます。

サブドメインは親ドメインに一致すると見なされます。たとえば、admin@support.solarmora.comadmin@solarmora.com に一致すると見なされます。

メールが認証されるためには、DMARC に合格する必要があります。DMARC では、メールが SPF と DKIM のどちらかに合格することが要求されます。

SPF、DKIM、DMARC について詳しくは、なりすまし、フィッシング、迷惑メールの防止を支援するをご覧ください。

実際に送信者の認証を無効にする必要がある場合はどうなりますか?

認証オプションは、アドレスリストに含まれるアドレスまたはドメインに対してデフォルトで有効になっています。なりすましや悪意のある攻撃からドメインを保護しやすくするために、このオプションは有効にしておくことをおすすめします。

信頼できる送信者から未認証のメールが届く場合は、送信者に連絡して、メール認証の問題を修正するよう依頼します。

ごく少数の未認証メールがドメインに届く場合は、コンテンツ コンプライアンス ルールで次の設定を使用して、そのようなメールを管理することを検討してください。

  • このメッセージには迷惑メールフィルタを適用しない
  • 特定のアドレスまたはドメインにのみ、この設定を適用する
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false