Gmail で外部受信者に関する警告を有効または無効にする

従来の無償版 G Suite をご利用の場合は、Google Workspace にアップグレードするとこの機能をご利用いただけるようになります。

Gmail 管理者は、外部の宛先を含むメールのアラートを有効にすることができます。外部のメールアドレスからメールを受信したとき、外部のメールアドレス宛てのメールを作成するとき、あるいは外部のメールアドレスに返信するときに、Gmail にアラートが表示されます。

このアラートは、組織外の受信者への意図しない返信を防ぐのに役立ちます。また、外部へのメールを慎重に扱うようユーザーに促すものとなります。

外部のメールアドレスとは、組織外のメールアドレスのなかで、組織のディレクトリ個人の連絡先その他の連絡先のいずれにも登録されていないもののことです。

この設定を有効にすると、Gmail に以下の警告が表示されます。

  • 外部とのメールに関する警告。メールスレッドに外部のメールアドレスが含まれている場合に表示されます。
  • 外部への返信に関する警告。外部のメールアドレス宛てに返信するときに表示されます。
  • 外部の宛先に関する警告。外部のメールアドレス宛てのメールを作成するときに表示されます(ウェブの場合のみ)。

これらの警告は、外部アドレスの近くに画像または色枠線付きで表示されます。

セカンダリ ドメインとドメイン エイリアスのメールアドレスについては、外部の宛先に関する警告が表示されません。一部の警告は iOS ではまだご利用いただけません。

「外部の宛先に関する警告」を有効または無効にする

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [Google Workspace] 次に [Gmail] 次に [エンドユーザーのアクセス] にアクセスします。

    ヒント: [エンドユーザーのアクセス] を表示するには、Gmail ページの一番下までスクロールします。

  3. 最上位の組織を選択します。
  4. [意図しない外部への返信に関する警告] 設定までスクロールします。
  5. チェックボックスをオンまたはオフにして、警告を有効または無効にします。
  6. [保存] をクリックします。

この設定を有効にしてからユーザーにアラートが届くようになるまでには、最大 24 時間ほどかかることがあります。設定の変更履歴は管理コンソールの監査ログで確認できます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false