外部受信者に関する警告を設定する

メールの返信相手が組織外のユーザーであった場合に外部受信者に関するアラートを設定しておくと、気づかぬうちに組織外のユーザーと情報が共有されてしまう事態を防ぐことができます。

メールの返信先が組織外部の普段やりとりしている相手であるか、コンタクトに登録されているかどうかを Gmail が検出します。管理者がこの警告を設定した場合、ユーザーには警告メッセージとその警告を無視するオプションが表示されます。

外部受信者への返信に関する警告を設定する

外部受信者への返信に関する警告を設定するには:

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから [アプリ] 次に [G Suite] 次に [Gmail の設定] 次に [エンドユーザーのアクセス] にアクセスします。

    ヒント: [詳細設定] を表示するには、Gmail ページの一番下までスクロールします。

  3. 最上位の組織を選択します。
  4. [意図しない外部への返信に関する警告] までスクロールします。
  5. チェックボックスをオンまたはオフにし、この設定の有効と無効を切り替えます。
  6. [保存] をクリックします。

変更がユーザー アカウントに反映されるまでには、1 時間ほどかかる場合があります。変更内容は、管理コンソールの監査ログで確認できます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。