共有ドライブの制限事項

データの移行やコンテンツの整理を行う際は、次の技術的な制限に注意してください。

1 つの共有ドライブにおけるアイテム数の上限

共有ドライブには、最多で 400,000 個のファイルやフォルダを保存できます。

共有ドライブに保存するファイルやフォルダの数は、この上限よりも少なくすることをおすすめします。共有ドライブに多数のファイルがあると、コンテンツの整理や操作がしにくくなる場合があります。その結果として、ユーザーが個々のファイルをブックマークして使ったり、コンテンツの大半を無視したりする可能性があります。

1 日あたりのアップロードの上限

1 日で共有ドライブに 750 GB をアップロードすると、同日はそれ以降のファイルのアップロードがブロックされます。ただし、すでにファイルをアップロード中の場合、サイズが最大 5 TB までのファイルはアップロードされます。

フォルダ階層の深さ

1 つの共有ドライブに 20 階層までのサブフォルダを作成できますが、このような複雑なフォルダ構造を持つ共有ドライブの作成はおすすめしません。共有ドライブは機能しても、コンテンツの整理や操作がしにくくなる可能性があります。

フォルダに複雑な階層を持たせるよりも、コンテンツを複数の共有ドライブに分けて整理することを検討しましょう。

共有ドライブのメンバー

共有ドライブには個人や Google グループのメンバーを多数含めることができます。

  • メンバーとして直接追加できる個人やグループの上限: 600
    注: グループと個人は、いずれも 1 メンバーとしてカウントされます。
  • 人数の上限(直接のメンバー、または Google グループに属する間接のメンバー): 50,000 人
    注: 共有ドライブに直接のメンバーとして追加されたユーザーは、複数のグループに属していても 1 人とカウントされます。
  • Google グループにメンバーを追加した場合、共有ドライブは通常すぐに新しいメンバーに表示されますが、最長で 24 時間ほどかかることがあります。24 時間たっても共有ドライブが表示されない場合は、サポートにお問い合わせください。

大きな組織の場合、上記の制限を超えないよう次のことをご検討ください。

  • 共有ドライブのメンバーは、個々のユーザー単位ではなく Google グループ単位で管理する
  • 共有ドライブを一般的なファイル ストレージとしてではなく、特定のプロジェクト用に利用する

非表示の共有ドライブも上限にカウントされる

ユーザーが共有ドライブを非表示にした場合も、その共有ドライブ内のファイル、フォルダ、メンバーは上記の上限にカウントされます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。