4. 会社に Meet を導入する

ユーザーがスムーズにサービスを使い始められるよう導入計画を立てましょう。Hangouts Meet をオンにすることに加えて、ビデオ会議を管理するためにネットワークに十分な帯域幅があり、設定が適切であることを確認します。

ステップ 1: ネットワークの準備

Meet をオンにする前に、ネットワークにビデオ会議をサポートするのに十分な帯域幅があり、正しく設定されていることを確認します。詳しくは、Meet 用にネットワークを最適化するをご覧ください。

ステップ 2: サポートチームの準備

サポートチームにトレーニングを行い、Meet を使用できるようにします。次の作業を行うことができるようにします。

  1. ビデオ会議や会議室の問題のトラブルシューティングを行います。
  2. G Suite サポートに問い合わせる場合の情報を提供します。

詳細

ステップ 3: ユーザーへのお知らせ
変更の予定があることを、メールなどでユーザーに知らせます。

ポスター

ミーティング スペースや会議室に次のポスターを掲示して、ビデオ会議機能を使用できることと利用方法をユーザーに知らせます。

スタートガイド

ユーザーが基礎を理解できるように、次のガイドをメールや共有リンクで配布します。

メールの文例

下記のテンプレートをカスタマイズしてメールで送信してください。

ドメインの状況に応じて、赤色の部分を変更または削除してください。

${user}

Hangouts Meet をご紹介いたします。Hangouts Meet は、いつでもどの端末でもビデオ会議を作成できる新しいツールです。

Hangouts Meet とは

Meet は、企業や学校向けのまったく新しいビデオ会議ツールです。どこにいてもどの端末からでも、チームやグループで簡単にコミュニケーションをとることができます。画面を共有したり、組織外のユーザーを招待したりすることができます。

たとえば、パソコンで開始したビデオ会議をスマートフォンやタブレットでも続けることができます。また、Google カレンダー、Chrome デスクトップ ウェブブラウザ、モバイル端末からビデオ会議を開始することもできます。

開始方法

Meet はすでに有効になっています。利用方法は次のとおりです。

  1. https://meet.google.com にアクセスして、スケジュール済みの会議を選択
  2. モバイルアプリをインストールし、会議を選択するか、新しい会議を開始
  3. 他のユーザーを招待、または画面を共有

詳細情報

Meet のラーニング センターヘルプセンターをご覧ください。

Meet の対応ブラウザ

対応していないブラウザもあります。詳しくは、Meet でサポートされているウェブブラウザについての説明をご参照ください。
 

今後ともよろしくお願い申し上げます。

G Suite 管理者 {Name}

ステップ 4: ユーザーのトレーニング

組織内のユーザーのトレーニングには、ラーニング センターのチュートリアル、Google Meet ヘルプセンター、その他のトレーニング資料をご活用ください。

ラーニング センターのチュートリアル

ラーニング センターのチュートリアルでは、開始方法と簡単なヒントについて紹介しています。

アプリ内チュートリアル

どの Meet ウィンドウからでも利用できるインタラクティブな G Suite トレーニング G Suite Training チュートリアルを使用して、Meet の使い方を学ぶことができます。

次に例を示します。

  1. まず、Meet の概要にアクセスします。
  2. 必要に応じて、Chrome 拡張機能をインストールします。
  3. 拡張機能のインストール後に、Meet のホームページの右上にある G Suite トレーニング アイコン G Suite Training をクリックします。
  4. トピックを選択するか、質問の回答を検索します。

スタートガイド

ユーザーが基礎を理解できるように、次のガイドをメールや共有リンクで配布します。

ヘルプセンター

Meet ヘルプセンターには、ビデオ会議のスケジュール設定や開催方法、会議への参加方法が詳しく記載されています。

ステップ 5: ビデオ会議室の設定

グループがビデオ会議に参加できるビデオ会議室を用意します。

詳しくは、ビデオ会議室を設定するをご覧ください。

ステップ 6: Meet をオンにする

ユーザー、サポートチーム、ネットワークの準備ができたら、G Suite 管理コンソールで Meet をオンにします。
詳しくは、Meet のオンとオフを切り替えるをご覧ください。

ステップ 7: フィードバックの収集

Meet のサービス向上のため、ビデオ会議についてユーザーの方々からの貴重なフィードバックをお待ちしております。

また、ビデオ会議の利用状況に関するデータを継続的にご確認いただき、ユーザー数の増加に応じてネットワークの帯域幅を調整してください。詳しくは、フィードバックとサポートをご覧ください。

ステップ 8: ヘルプの利用

Meet ヘルプセンターには多くの質問に対する回答があります。

それ以外の質問やサポートについては、G Suite サポートにお問い合わせください。

詳細

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。