Hangouts Meet を管理する

Google Hangouts Meet を使うと、どこにいても、どの端末からでも、より簡単にビデオ会議を開始したり、ビデオ会議に参加したりできるようになります。組織の内外のユーザーを招待する、画面を共有する、チーム全員で行うための会議を作成するといったことが可能です。

G Suite 管理者ができること

Meet の有効と無効を切り替える

G Suite の新しいお客様には Meet がデフォルトで有効になっていますので、すぐにビデオ会議を行うことができます。

組織が従来のビデオハングアウトを使用している場合は、Google 管理コンソールから Meet の有効と無効を切り替えます。

ネットワークを準備する

高品質のビデオ会議を行うため、ネットワークの帯域幅と構成を確認しておく必要があります。

Meet に移行する

詳細な導入計画についての記事とメールのサンプル文を参考に、ユーザーや組織が Hangouts Meet にスムーズに移行できるよう準備します。

ビデオ会議室を作成する

Google ミーティング ルーム ハードウェアを会議室またはその他のミーティング スペースに設置して、グループやチームが Meet でのビデオ通話に参加できるようにします。

ユーザーのトレーニング

簡単なチュートリアルやヘルプ記事を使ってユーザー トレーニングを行います。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。