Meet と従来のハングアウトとの比較

Google Workspace ユーザーは、Google カレンダーまたは Gmail を使用して、従来のハングアウトのビデオハングアウトを作成したり、ビデオハングアウトに参加したりすることはできません。従来の Hangouts Chat、従来のハングアウト アプリ、hangouts.google.com では、引き続きビデオハングアウトをご利用いただけます。

Google Workspace で ⁠[Chat を優先] の設定をご利用いただいている場合は、ウェブ版(hangouts.google.com)でのみ従来のハングアウトのビデオハングアウトを使用できます。

Google Meet のビデオ会議と従来のハングアウトのビデオハングアウトでは、作成方法と参加方法が異なります。

  Meet 従来のハングアウトのビデオハングアウト

会議の参加者数

2020 年 9 月 30 日まで、Google Workspace のすべてのエディションで 250 人まで参加可能な会議がサポートされます。

2020 年 9 月 30 日を過ぎた後にサポートされる会議の規模は、ご利用の Google Workspace アカウントとエディションによって異なります。

最大 25 人
対応プラットフォーム
  • Android
  • iOS
  • Chrome ブラウザ、Mozilla Firefox、Apple Safari、Microsoft Internet Explorer 11(プラグインが必要)、Microsoft Edge
  • Google Meet ハードウェア、Chromebox for meetings、Chromebase for meetings
  • Android
  • iOS
  • Chrome ブラウザ、Safari、Internet Explorer(プラグインが必要)
  • Google Meet ハードウェア、Chromebox for meetings、Chromebase for meetings
ビデオ会議への参加
  • ブラウザ、モバイルアプリ経由
  • Google Gmail とカレンダー
  • 会議へのリンク(URL)やコード
  • 電話からのダイヤルイン
  • Google Meet ハードウェア、Chromebox for meetings、Chromebase for meetings
  • ブラウザ、モバイルアプリ経由
  • Gmail とカレンダー
  • Google Meet ハードウェア、Chromebox for meetings、Chromebase for meetings
  • Microsoft Outlook 2007、2010、2013 プラグイン
ビデオ会議でのチャット メッセージの送信 ブラウザ、モバイルアプリ経由 ウェブ経由のみ
ドキュメントや画面全体の固定表示 会議中に画面全体または特定のウィンドウを固定表示 会議中に画面全体または特定のウィンドウを固定表示
外部の参加者 単一の共有リンクで任意の参加者にビデオ会議へのアクセス権を付与 ビデオハングアウトへのアクセス管理には、カレンダーの権限と招待を併用
電話での参加 参加者は、米国内外の電話番号からビデオ会議に参加できる 参加者はビデオ会議にダイヤルインできない
電話番号へのダイヤルアウト ほとんどの国からの米国とカナダへの通話をサポート 米国とカナダ間の無料通話
会議の録画

2020 年 9 月 30 日まで、Google Workspace のすべてのエディションで録画がサポートされます。

2020 年 9 月 30 日を過ぎた後に会議を録画できるかどうかは、ご利用の Google Workspace アカウントとエディションによって異なります。

録画は不可
Reporting API 50 種類を超えるレポート指標 17 種類のレポート指標
モバイルでのプレゼンテーションの表示 モバイルアプリでの高解像度のコンテンツ、ピンチ操作でのズーム機能 低解像度のコンテンツ
会議の URL 固有の会議 URL 変更可能な会議 URL

 

関連トピック



Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。