サードパーティ製のアーカイブ ソリューションと Gmail との連携

この機能は、G Suite EnterpriseG Suite Enterprise for Education でのみご利用いただけます。 G Suite for Government アカウントでこの機能をご利用いただくには、G Suite Enterprise にアップグレードしていただく必要があります。詳しくは、販売パートナーまたは営業担当者にお問い合わせください。

G Suite 管理者は、Gmail ジャーナル メッセージのアーカイブ用にサードパーティのアーカイブ ソリューションを設定することができます。このソリューションは次の用途に役立ちます。

  • メール保持に関する要件(SEC Rule 17a-4 など)に準拠する
  • サードパーティ製アーカイブ ソリューションを使い続ける
  • ユーザーがアーカイブにアクセスできるようにする

統合の仕組み

サードパーティ製アーカイブ ソリューションと Gmail を統合するには、ジャーナル メッセージの送信先であるメールアドレスを指定します。複数のメールアドレスを指定した場合、ジャーナル メッセージはすべてのメールアドレスに送信されます。

サードパーティ製アーカイブ ソリューションを設定する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [G Suite] 次に [Gmail] 次に [詳細設定] にアクセスします。

    ヒント: [詳細設定] を表示するには、Gmail ページを最下部までスクロールします。

  3. (省略可)左側で組織を選択します。
  4. [転送] の項目で、[サードパーティによるメールのアーカイブ] までスクロールするか、検索欄に「サードパーティによるメールのアーカイブ」と入力します。
  5. ジャーナル メッセージの宛先とするメールアドレスを入力します。
  6. [設定を追加] をクリックします。
  7. 下部の [保存] をクリックします。

メッセージの管理

ジャーナルに記録されるメール

重要: ウィルスや不正なソフトウェアが含まれている可能性のあるメールが Gmail のポリシーに従って削除された場合でも、ジャーナル メッセージは記録されます。詳しくは、Gmail でブロックされるファイルの種類をご覧ください。

  • 受信メール - ユーザーが受信したメールが、ジャーナルに記録されます。たとえば、コンテンツ コンプライアンス ポリシーによって添付ファイルが削除された場合、ジャーナル メッセージにも添付ファイルは含まれません。
  • 送信メール - ユーザーが送信したメールが、ジャーナルに記録されます。たとえば、コンテンツ コンプライアンス ポリシーによって添付ファイルが削除されても、ジャーナル メッセージには添付ファイルが含まれます。
  • 内部メール - ドメイン内で送信されたメールについては、受信者については受信メール、送信者については送信メールの場合と同じ処理が行われます。

管理者検疫に送られるメール

  • 受信メール - 受信メールが管理者検疫に送られる場合は、そのメールの検疫が完了してからジャーナル メッセージが記録されます。検疫対象のメールが拒否されると、このメールは受信ユーザーの目に触れず、アーカイブも行われません。
  • 送信メール - 送信メールの場合、ユーザーが [送信] をクリックした時点でジャーナル メッセージが記録されます。メールが管理者検疫の対象になるかどうかは関係ありません。

複数の受信者宛てのメール

メールが複数の受信者に送信される場合、コンプライアンスや転送のポリシーのために、グループによって受け取るメールのバージョンが異なることがあります。

  • 受信メール - 受信者ごとに異なるメールのバージョンが、それぞれジャーナルに記録されます。複数の受信者が同じメールを受信したかどうかを判断するには、アーカイブ ソリューションで重複排除ロジックを使用します。
  • 送信メール - 送信者が送信したメールがジャーナルに記録されます。
  • 内部メール - 内部の受信者がメールから削除されることはありません。コンテンツ コンプライアンスやその他のポリシーのために実際にはメールを受け取れない内部受信者がいる可能性はありますが、一部またはすべての受信者への配信が記録されます。

認識できない受信者宛てのメール

メールの受信者を認識できない場合、ジャーナルは送信されません。特定のユーザーのジャーナルを記録するには、そのユーザーを登録する必要があります。

SMTP 失敗コードの再試行メカニズム

メールがジャーナルのアドレスに正常に送信されず、SMTP(簡易メール転送プロトコル)ホストが一時的なエラー(4xx)を返した場合、Gmail では 8 日間メールの再送信を試みます。SMTP ホストが永続的なエラー(5xx)を返した場合、Gmail ではメッセージの再送信を試みません。

セキュリティ上の考慮事項

サードパーティ製アーカイブの設定で、SPF(Sender Policy Framework)や DKIM(DomainKeys Identified Mail)の署名がないメールを拒否することをおすすめします。Google では DKIM 署名を次の 2 つの用途に使用しています。

  • ユーザーの代理(ユーザーが設定していない場合)としての Google キー
  • ユーザーキー

ジャーナリング システム側で、Google との接続を確保する必要があります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。