BigQuery の Gmail ログの有効化

この機能は、G Suite EnterpriseG Suite Enterprise for Education でのみご利用いただけます。

G Suite 管理者は Gmail ログを検索し、組織のメールを分析してレポートを作成することができます。

BigQuery プロジェクトのデータセット内でメールログを検索すると、次のことが可能です。

  • 洗練された高性能のカスタムクエリを使用して Gmail ログを分析する
  • 必要な保存期間をユーザーが指定して Gmail データを保持する
  • BigQuery のウェブ UI、コマンドライン、またはサードパーティ製ツールを活用して詳細な分析を行う
  • Google データスタジオなどの分析ツールを使用して、カスタム レポートやダッシュボードを作成する

始める前に

  1. 使用するアクティブな BigQuery プロジェクトを作成または特定します。
    • プロジェクトがない場合は、無料トライアルを設定して BigQuery を試用できます。
    • こちらの手順に沿ってプロジェクトを作成します。
  2. プロジェクト ID を特定します。
  3. プロジェクトの [IAM と管理] ページにアクセスします。
  4. 管理コンソールでプロジェクトを設定するプロジェクト編集者として、管理者の ID を追加します(プロジェクト オーナーとして管理者を追加することもできます)。

Gmail ログを BigQuery のデータセットに割り当てる

Gmail の配信パイプラインを通るメールフローを分析するには、Gmail ログを BigQuery プロジェクトのデータセットに割り当てます。Gmail ログを割り当てると、そのデータを分析とレポート作成に使用できるようになります。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [G Suite] 次に [Gmail] 次に [詳細設定] にアクセスします。

    ヒント: [詳細設定] を表示するには、Gmail ページを最下部までスクロールします。

  3. [全般設定] 次に [設定] の [BigQuery のメールログ] に移動して、[設定] をクリックします。
  4. [設定を追加] ウィンドウで説明を入力します。
  5. Gmail ログに使用する BigQuery プロジェクトを選択します(書き込みアクセスが可能なプロジェクトを選択してください)。
  6. Gmail ログを保存するデータセット名を入力します。
  7. [設定を追加] をクリックして設定ページに戻り、[保存] をクリックします。
    : エラーが発生した場合は、[設定を追加] をもう一度クリックしてください。場合によっては、BigQuery コンソールに移動して、以前に作成したデータセットを削除する必要があります。
  8. 設定を保存したら、BigQuery プロジェクトに戻ります。次の情報を含むデータセットがプロジェクトに追加されます。
    • プロジェクト オーナー、プロジェクト編集者、プロジェクト閲覧者の通常の役割
    • Cloud プロジェクトの IAM ではなくデータセットの編集者として指定された 4 つの必須サービス アカウント(これらのサービス アカウントを削除したり、それぞれの役割を変更したりしないでください)
      gmail-for-work-logs-writer1@system.gserviceaccount.com。ログを書き込みます。
      gmail-for-work-logs-writer2@system.gserviceaccount.com。ログを書き込みます。
      gmail-for-work-logs-recoverer@system.gserviceaccount.com。テンプレート テーブルが誤って削除された場合に自動的に復元します。
      gmail-for-work-logs-schema-updater@system.gserviceaccount.com。今後のスキーマの更新を行います。
  9. サービス アカウントが正しく追加されていることを確認するには、新しいデータセットにカーソルを合わせて、データセット名の横の [] をクリックします。
  10. [共有データセット] をクリックします。

変更が反映されるまでには、最長で 1 時間ほどかかることがあります。

daily_ という名前の新しいテーブルがデータセットに追加されます。このテーブルは、実際に毎日作成されるテーブルにテーブル スキーマを提供するテンプレートとして機能するもので、値は設定されず、期限切れになることはありません。このテーブルを削除、変更したり、テーブル名を変更したり、データを追加したりしないでください。daily_ テーブルが作成されると、データセットに毎日自動的にテーブルが作成されるようになります。GMT 時間を使用して日付変更線を決定します。これでログを使用できるようになります。

BigQuery サンドボックスのテーブルとパーティションの有効期限

BigQuery サンドボックスのデータセットには、デフォルトのテーブル有効期限とデフォルトのパーティション有効期限として 60 日が設定されています。サンドボックスのテーブルビューパーティション テーブルのパーティションは、自動的に 60 日後に期限切れになります。

期限切れのテーブルは、期限切れまたは削除後 2 日以内であれば復元可能です。

テーブルのデフォルトの有効期限は変更できます。

毎日のメールログの書き出し

設定を有効にすると、毎日のメールログが BigQuery に書き出されます。設定を有効にする前に作成されたログを BigQuery に書き出すことはできません。

Gmail ログの内容

Gmail のログには、Gmail の配信パイプラインにおけるメールのさまざまな段階の記録が保存されます。通常は、メッセージ ID によって一意に識別される単一のメールに複数のレコードが存在します。カスタムクエリの作成に必要な Gmail ログテーブルのスキーマについて知るには、まず最も一般的な使用例のサンプルクエリをお試しください。

BigQuery の構文と関数

BigQuery は、標準 SQL とレガシー SQL の 2 つの SQL 言語をサポートしています。デフォルトでは、BigQuery はレガシー SQL を使用してクエリを行います。クエリの構文と関数の詳細については、BigQuery クエリ リファレンス(レガシー SQL)BigQuery クエリ リファレンス(標準 SQL)をご覧ください。

 

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。