Gmail の委任を有効または無効にする

他の人からも自分の Gmail アカウントにアクセスできるようにしたい場合、メールの委任機能を使ってアカウント所有者の代理人を指定し、メールの閲覧、送信、削除を許可することができます。たとえば、上司が秘書に Gmail へのアクセスを委任するといった使い方が考えられます。

管理者は、メールの委任機能の利用をユーザーに許可するかどうかを設定できます。この機能が有効になると、ユーザーは各自の Gmail 設定から代理人を割り当てられるようになります。

注: Google カレンダーGoogle コンタクトの操作を委任することもできます。

1 つの Gmail アカウントで最大 1,000 人の代理人に対応できます。一般的な使用状況において、1 つの Gmail アカウントに同時にアクセスできる代理人は 40 人です。1 人または複数の担当者が平均より多い場合は、この数が減る可能性があります。Gmail に頻繁にアクセスしている自動処理がある場合は、この数が下がる可能性があります。Gmail に頻繁にアクセスする API やブラウザの拡張機能がこのような自動処理に該当します。

代理人が設定されている Gmail アカウントにも、通常の Gmail アカウントと同じ制限とポリシーが適用されます。

Gmail の委任を有効にする

重要: 異なる組織部門のユーザーを代理人として割り当てるには、Gmail の委任をオンにする必要があります。委任は組織部門ごとに個別に有効化されます。 

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [Google Workspace] 次に [Gmail] 次に [ユーザー設定] にアクセスします。
  3. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門を選択します。

  4. [メールの委任] の横にある設定にカーソルを合わせて、編集アイコン "" をクリックします。

  5. [ドメインの他のユーザーにメールボックスへのアクセスを委任できるようにする] チェックボックスをオンにします。

  6. (省略可)委任者のアカウントから送信される代理メッセージに含める送信者情報を委任者自身が指定できるようにするには、[ユーザーにこの設定のカスタマイズを許可] チェックボックスをオンにします。

  7. 受任者が送信するメッセージに含まれている送信者情報について、次のオプションを選択します。
    • アカウントの所有者およびメールを送信した委任者を表示します - メッセージ ヘッダーには、Gmail アカウントの所有者および受任者のメールアドレスが記載されます。
    • アカウントの所有者のみを表示します - メッセージ ヘッダーには Gmail アカウントの所有者のメールアドレスのみが含まれます。受任者のメールアドレスは記載されません。
  8. [保存] をクリックします。

  9. (省略可)別の組織部門に対しても Gmail の委任を有効にするには、手順 3〜8 を繰り返します。

変更内容が反映されるまでには、最長で 24 時間ほどかかることがあります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false