Google Cloud Search にデータソースを追加する

この機能は Cloud Search Platform で使用できます。有効化について詳しくは、Google アカウント マネージャーにお問い合わせください。

管理者は、組織のあらゆるコンテンツを検索対象として設定することができます。サードパーティのリポジトリを検索するには、Google Cloud Search にデータソースを追加する必要があります。データソースとは、リポジトリの検索可能なアイテムをインデックスに登録したデータのことです。

始める前に

Cloud Search Indexing API へのアクセス権があるサービス アカウントの ID をデベロッパーに問い合わせてください。詳しくは、Cloud Search のデベロッパー向けウェブサイトをご覧ください。

データソースを追加する

サードパーティのリポジトリ内のアイテムをインデックスに登録するには、Cloud Search にデータソースを追加します。G Suite をご利用の場合、ドライブや Gmail などの G Suite サービスのデータソースを追加する必要はありません。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページで [アプリ] 次に [G Suite] 次に [Cloud Search] 次に [検索の設定] にアクセスします。

    [アプリ] が表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックします。

    Cloud Search サービスの管理者権限が必要です。

  3. [サードパーティのデータソース] カードをクリックします。

    重要: G Suite Enterprise を利用中で、[サードパーティのデータソース] カードが表示されない場合は、アカウントで Cloud Search がサードパーティのリポジトリ サービス向けに有効になっていません。このサービスのデプロイには、相当な労力と社内システム統合に詳しい人材が必要です。Google はその労力を軽減するために改良が続けており、お客様への展開も段階的に行っています。G Suite Enterprise をご利用で、このサービスへの迅速なアクセスをご希望の場合は、G Suite サポートまでお問い合わせください。

  4. 左上の追加アイコン "" をクリックします。
  5. [表示名] に名前を入力します。使用できない名前については、予約済みの名前をご覧ください。

    この名前は、Cloud Search の検索結果ページ上部にある検索フィルタ、または [その他] プルダウン リストに表示されます。ユーザーが簡単に識別できるように、ソースの種類を含めることをおすすめします。

  6. [略称] に略称を入力します。使用できない略称については、予約済みの名前をご覧ください。

    Cloud Search ユーザーは、この略称と検索演算子 source を使用して検索結果を絞り込むことができます。

  7. [公開設定] で次のいずれかのオプションを選択します。
    • すべてのユーザーに公開: 組織内の全ユーザーにこのソースからの検索結果が表示されます。
    • 全員に非公開: このソースからの検索結果は組織内の誰にも表示されません。

      表示されるはずのない検索結果が表示されるユーザーがいる場合は、問題を解決するまで全ユーザーに対して検索結果をオフにできます。

    • 次のユーザーだけに公開: 組織内の特定のユーザーまたはユーザー グループのみにこのソースからの検索結果が表示されるようにします。テキスト行にグループまたはユーザーのメールアドレスを入力します。

      データソースを追加する際には、まず [すべてのユーザーに公開] をオフにして特定のユーザーだけに公開し、データソースの統合をテストすることをおすすめします。ユーザーの検索結果にアクセス権のあるコンテンツのみが表示されることを確認してください。

  8. [サービス アカウント ID] に、このソースのインデックス登録を承認するサービス アカウントのメールアドレスを追加します。

    デベロッパーが Cloud Search API の認証情報を設定した際に、サービス アカウント ID 用に生成されたメールアドレスを使用してください。

  9. [読み取り専用モードがオンになります] のチェックボックスはオフのままにします。このチェックボックスをオンにすると、このデータソース内のコンテンツのインデックス登録が開始されません。
  10. [追加] をクリックします。

追加したデータソースが、サードパーティのデータソース リストに表示されます。この後、アクセス対象のデータソースが識別されるように、デベロッパーがコンテンツのコネクタ設定にソース ID を追加します。

次のステップ

  1. コンテンツのコネクタ設定で使用するデータソース ID をデベロッパーに知らせます。
  2. デベロッパーがスキーマを作成して登録する必要があります(コンテンツのリポジトリに構造化データがある場合)。
  3. ソースの公開設定を [すべてのユーザーに公開] に設定する前に、データソースの統合が正常に機能していることを確認します。
  4. ユーザー ID をマッピングします。

予約済みの名前

データソースの表示名略称に、「Google」で始まる名前や予約済みの名前を使用することはできません。

予約済みのデータソース名

  • Calendar
  • Google ドキュメント
  • Drive
  • Gmail
  • Gplus
  • Groups
  • Hangouts
  • Keep
  • Mail
  • Sites

データソースを編集または削除する

管理者は、検索可能なデータソースをユーザー別に制御することができます。たとえば、営業部門と会計部門がそれぞれ異なるリポジトリを検索するように設定できます。

特定のデータソースの公開設定をオフにして、そのデータソースからの検索結果が表示されないようにすることもできます。公開設定をオフにした場合、そのデータソースからの検索結果がユーザーに表示されなくなるだけで、Cloud Search からデータソース自体が完全に削除されるわけではありません。

公開設定をオンまたはオフにする

始める前に: 特定のユーザー グループに対して公開設定のオンとオフを切り替えるには、対象ユーザーのアカウントをグループに追加します。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. [アプリ] 次に [G Suite] 次に [Cloud Search] 次に [検索の設定] をクリックします。
  3. [サードパーティのデータソース] カードをクリックします。
  4. リストで変更を加えるデータソースを選択して、鉛筆アイコン "" をクリックします。
  5. [公開設定] で次のいずれかのオプションを選択します。
    • すべてのユーザーに公開: 組織内の全ユーザーにこのソースからの検索結果が表示されます。
    • 全員に非公開: このソースからの検索結果は組織内の誰にも表示されません。
    • 次のユーザーだけに公開: 組織内の特定のユーザーまたはユーザー グループのみにこのソースからの検索結果が表示されるようにします。テキスト行にグループまたはユーザーのメールアドレスを入力します。
  6. [保存] をクリックします。

新しいコンテンツのインデックス登録を一時停止する

新しいコンテンツが検索結果に表示されるのを一時的に停止することができます。インデックス登録を一時停止すると、ソース内の新しいコンテンツや変更されたコンテンツがユーザーに表示されなくなります。なお、インデックス登録の一時停止は組織全体に適用され、特定の組織部門に対してインデックス登録を一時停止することはできません。

注: G Suite サービス(Gmail、ドライブ、Google グループなど)のインデックス登録をオフにすることはできません。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. [アプリ] 次に [G Suite] 次に [Cloud Search] 次に [検索の設定] をクリックします。
  3. [サードパーティのデータソース] カードをクリックします。
  4. リストで変更を加えるデータソースを選択して、鉛筆アイコン "" をクリックします。
  5. [読み取り専用モードがオンになります] のチェックボックスをオンにします。
  6. [保存] をクリックします。

検索フィルタや検索演算子に表示されるデータソース名を変更する

検索結果ページの上部の検索フィルタまたは [その他] プルダウン リストに表示される名前を変更することができます。また、検索演算子 source に使用する名前を変更することもできます。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. [アプリ] 次に [G Suite] 次に [Cloud Search] 次に [検索の設定] をクリックします。
  3. [サードパーティのデータソース] カードをクリックします。
  4. リストで変更を加えるソースを選択して、鉛筆アイコン "" をクリックします。
  5. [表示名] に、検索フィルタに表示する新しい名前を入力します。
  6. [略称] に、新しい略称を入力します。
  7. [保存] をクリックします。

サービス アカウントを更新する

追加したソースのコンテンツをインデックスに登録できるサービス アカウントを変更したり、別のサービス アカウントを追加したりすることができます。このサービス アカウントとは、デベロッパーが Cloud Search Indexing API の認証情報を設定した際に作成したアカウントのことです。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. [アプリ] 次に [G Suite] 次に [Cloud Search] 次に [検索の設定] をクリックします。
  3. [サードパーティのデータソース] カードをクリックします。
  4. リストで変更を加えるソースを選択して、鉛筆アイコン "" をクリックします。
  5. [サービス アカウントのメールアドレス] に、承認済みサービス アカウントのメールアドレスを入力します。
    • メールアドレスを削除するには、そのアドレスの横にある削除アイコン "" をクリックします。
  6. [保存] をクリックします。

データソースを削除する

組織で検索する必要がなくなったデータソースは、完全に削除することができます。たとえば、特定のサービス プロバイダとの契約を終了した場合、そのデータソースにアクセスする必要はなくなります。

データソース内のコンテンツが検索結果に表示されるのを一時的に停止する場合、または一部のユーザーに対してのみソースを削除する場合は、ここに記載されている手順でソースを削除しないでください。代わりに、ソースの公開設定を組織内の全ユーザーまたは特定のユーザーのみに対してオフにします。

重要: データソースを削除すると、そのソースからインデックスに登録されているすべてのコンテンツも削除され、元に戻すことはできません。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. [アプリ] 次に [G Suite] 次に [Cloud Search] 次に [検索の設定] をクリックします。
  3. [サードパーティのデータソース] カードをクリックします。
  4. リストで削除するデータソースを選択して、削除アイコン "" をクリックします。
  5. [保存] をクリックします。

削除したコンテンツ ソースは、インデックス登録と検索の対象外になります。後で必要になった場合は、同じソースを再度追加してインデックスに再登録できます。