アプリ内 G Suite トレーニングを設定する

Gmail やカレンダーなど多くのサービスに関する無料のインタラクティブ レッスンを、G Suite サービスを使いながら受けることができます

Chrome 拡張機能の G Suite トレーニング(旧称 Training for Google Apps)を設定すると、各自のペースでインタラクティブに学習できる G Suite のレッスンをブラウザ上で受けることができます。この拡張機能は無料で、G Suite の各種サービス(Google 管理コンソール、カレンダー、Classroom、ドキュメント、ドライブ、フォーム、Gmail、Google+、Google グループ、ハングアウト、スプレッドシート、Google サイト、スライドなど)にトレーニング メニューが追加されます。各サービスで G Suite トレーニング アイコン G Suite Training をクリックすると、関連するレッスンが表示されます。利用手順やヒントが画面上に表示され、簡単でわかりやすいレッスン内容になっています。

手軽に利用できる拡張機能なので、G Suite の新機能について学習し、ドメイン内で G Suite をより活用してもらうのに効果的です。内容は英語で展開され、一部は中国語(簡体字、繁体字)、フランス語、ドイツ語、日本語、ポルトガル語、スペイン語(中南米)にも対応しています。

拡張機能を取得する

Chrome 拡張機能の G Suite トレーニングを Chrome ウェブストアから直接インストールするか、ドメインに導入します。ドメインのユーザー数が多い場合や、ユーザーが複数のオフィスに分散している場合は、導入方式が便利です。

インストール
  1. Chrome にログインします。
  2. Chrome ウェブストアで G Suite トレーニングのページを開きます。
  3. [CHROME に追加] をクリックします。G Suite サービスの画面を更新すると、上部に G Suite トレーニング アイコン G Suite Training が表示されます。
導入
Chrome 拡張機能の G Suite トレーニングを導入する方法は 2 通りあります。

両方の導入方式を併用する場合、Chrome ポリシーが Chrome アプリの管理設定よりも優先されます。

拡張機能を使用する

レッスンの表示

G Suite トレーニングのレッスンを表示するには:

  1. G Suite の認証情報で Chrome にログインします。
  2. 学習したい G Suite サービスに移動します。
  3. G Suite トレーニング アイコン G Suite Training をクリックして関連するレッスンの一覧を表示するか、検索機能を使用して目的のレッスンを見つけます。
  4. レッスンを選択し、画面上の指示に沿って学習します。
トレーニング動画の視聴

G Suite トレーニングのレッスン動画を視聴するには:

  1. G Suite の認証情報で Chrome にログインします。
  2. portal.synergyse.comG Suite トレーニング ポータルに移動し、[Videos] をクリックします。

ドメインでのトレーニング利用状況の管理

ドメインでの G Suite トレーニングの利用状況を管理したり、設定をカスタマイズしたりするには、管理コンソールで G Suite トレーニングの Marketplace アプリをインストールします。インストール方法は、他の G Suite Marketplace アプリと同じです。

アプリのインストールが完了したら、[追加設定を今すぐ完了] をクリックし、G Suite トレーニング ポータル内の確認用のリンクをクリックして、管理者になっていることを確認します。

設定が完了すると、次のことができます。

G Suite トレーニング ポータルの権限を設定する

G Suite の特権管理者は、G Suite トレーニング ポータルの [Users]、[Lessons]、[Reports] の各ページを閲覧できるユーザーを指定できます。デフォルトでは、G Suite で管理者の役割が割り当てられたユーザーは自動的にすべてのページにアクセスでき、それ以外のユーザーは [Lessons]、[Videos]、[Support] のページにのみアクセスできます。

ポータルのアクセス権限を設定するには:

  1. G Suite トレーニング ポータルの [Users] をクリックします。
  2. [Import from Google] をクリックします。ポータルでユーザーと組織部門のデータが読み込まれます。必要に応じて、データを読み込む組織を選択できます。
  3. ユーザーを 1 人以上選択します。
  4. [Manage Admin Permissions] セクションで、追加または削除する権限を選択します。
  5. [Add to selected] または [Remove from selected] をクリックします。
利用状況のレポートを生成する

G Suite トレーニング ポータルの [Reports] をクリックすると、ドメインでの G Suite トレーニングの利用状況を確認できます。このページのグラフには、各アプリで完了したレッスン数と、ドメイン内で使用頻度の高いユーザーが完了したレッスン数が表示されます(このグラフは、組織がレッスンを使用し始めると表示されます)。また、各ユーザーが完了した具体的なレッスンや、レッスンを完了するまでにかかった時間など、他のデータのレポートも生成できます。

  • すべてのユーザーのトレーニング データをすべて表示するには、[Generate New Report] をクリックします。
  • レポートの範囲を指定するには、[Show Advanced Options]、[Generate New Report] の順にクリックします。

ポータルでのレポート生成には 1 分程度かかることがあります。レポートの準備ができると、[Reports] ページのグラフの下に表示されます。レポートの横にある [Ready] をクリックすると、CSV 形式でレポートがダウンロードされます。

2 段階認証プロセスの有効化

2 段階認証プロセスを使用すると、G Suite トレーニングを利用するアカウントのセキュリティが強化されます。G Suite トレーニングで 2 段階認証プロセスを有効にすると、G Suite トレーニング ポータルと Chrome 拡張機能の G Suite トレーニングを利用するときに、Google 認証システムによって生成されたパスコードの入力をログイン時に求められます。

アカウントで 2 段階認証プロセスを有効にするには:

  1. G Suite トレーニング ポータルの [Settings] をクリックします。
  2. [Enable] をクリックします。
  3. 画面に表示された手順に従います。

Google 認証システムに使用する端末を変更する場合や、アカウントで 2 段階認証プロセスを無効にする場合は、[Settings] ページ内の 2 段階認証プロセス ステータスの横にある [Reissue] をクリックします。2 段階認証プロセスに登録されている端末が無効になり、新しい端末を登録するための QR コードが表示されます。

カスタム コンテンツの追加

G Suite トレーニング拡張機能のメニューにセクションを追加する

Chrome 拡張機能の G Suite トレーニングのレッスンの一覧にカテゴリを追加できます。社員トレーニング用動画や、特定のアプリの動画など、トピックごとにコンテンツをグループ化できます。

セクションを追加するには:

  1. G Suite トレーニング ポータルの [Lessons] をクリックします。
  2. [New Custom Section] をクリックします。
  3. フォームに入力します。
    1. セクションのタイトルを入力します。
    2. (省略可)このコンテンツを表示できるユーザーを選択します。ドメインの組織部門や個人のメールアドレスを選択できます。
    3. (省略可)このセクションを表示する G Suite アプリを選択します。
    4. [Save] をクリックします。
ポータルの [Videos] ページにカテゴリを追加する

G Suite トレーニング ポータルの [Videos] ページに、アプリと動画のカテゴリを追加できます。社員トレーニング用動画や、特定のカスタムアプリの動画など、トピックごとにコンテンツをグループ化できます。

カテゴリを追加するには:

  1. G Suite トレーニング ポータルの [Lessons] をクリックします。
  2. [New Custom App] をクリックします。
  3. フォームに入力します。
    1. アプリまたはカテゴリのタイトルを入力します。
    2. アプリまたはカテゴリのアイコンをアップロードします。このアイコンは 100x100 ピクセルの画像ファイルにする必要があります。
    3. (省略可)このコンテンツを表示できるユーザーを選択します。ドメインの組織部門や個人のメールアドレスを選択できます。
    4. (省略可)コンテンツを公開する準備ができたら、[Published] チェックボックスをオンにします。このチェックボックスをオンにすると、ユーザーはコンテンツをすぐに表示できるようになります。
    5. [Save] をクリックします。

カテゴリを作成した後、そのカテゴリに入れるレッスンを指定します。

動画を追加する

G Suite トレーニング G Suite TrainingG Suite トレーニング ポータルに動画を追加できます

動画を追加するには:

  1. 動画コンテンツを用意します。アップロードするファイル形式では、最大 720 ピクセル(1280x720)の解像度の MP4 と WEBM 形式がサポートされています。
  2. G Suite トレーニング ポータルの [Lessons] をクリックします。
  3. [New Custom Lesson] をクリックします。
  4. フォームに入力します。
    1. 動画のタイトルを入力します。
    2. (省略可)動画を表示するセクションを選択します。
    3. (省略可)このコンテンツを表示できるユーザーを選択します。ドメインの組織部門や個人のメールアドレスを選択できます。
    4. (省略可)動画と関連付けるアプリを選択します。サポート対象の G Suite アプリ、G Suite トレーニング ポータルに追加済みのカスタムアプリ(カテゴリ)から選択できます。
    5. (省略可)動画を特定の言語のユーザーにのみ公開する場合は、ここで選択します。G Suite トレーニング拡張機能では、ユーザーが各自のアカウントで選択した第一言語に基づいてコンテンツが公開されます。
    6. [Lesson Type] に [Video] を選択します。
    7. 動画の再生時間を分と秒の単位で入力します。
    8. 既存の YouTube 動画の URL を入力するか、MP4 や WEBM ファイルをアップロードして動画を追加します。
    9. (省略可)コンテンツの関連リンクを入力します。
      1. URL とタイトルは必須です。
      2. 説明は省略可能ですが、入力をおすすめします。
      3. [Add] ボタンをクリックし、リンクをリストに追加します。
      4. 後から、リンクを編集、再配置、削除することもできます。
    10. (省略可)おすすめの動画としてマークを付けるには、[Recommended] チェックボックスをオンにします。これにより、G Suite トレーニングのメニューとポータルに視覚的なインジケーターが追加され、優先度が高いことがユーザーに示されます。
    11. (省略可)動画を公開する準備ができたら、[Published] チェックボックスをオンにします。このチェックボックスをオンにすると、ユーザーは動画をすぐに表示できるようになります。
    12. [Save] をクリックします。
リンクを追加する

G Suite トレーニング G Suite Training にリンクを追加できます。リンクをクリックすると、新しいタブにリンク先が表示されます。

リンクを追加するには:

  1. G Suite トレーニング ポータルの [Lessons] をクリックします。
  2. [New Custom Lesson] をクリックします。
  3. フォームに入力します。
    1. リンクのタイトルを入力します。
    2. (省略可)リンクを表示するセクションを選択します。
    3. (省略可)このコンテンツを表示できるユーザーを選択します。ドメインの組織部門や個人のメールアドレスを選択できます。
    4. (省略可)リンクと関連付けるアプリを選択します。サポート対象の G Suite アプリ、G Suite トレーニング ポータルに追加済みのカスタムアプリ(カテゴリ)から選択できます。
    5. (省略可)リンクを特定の言語のユーザーにのみ公開する場合は、ここで選択します。G Suite トレーニング拡張機能では、ユーザーが各自のアカウントで選択した第一言語に基づいてコンテンツが公開されます。
    6. [Lesson Type] に [Link] を選択します。
    7. リンクの URL を入力します。ユーザーがアクセスできる組織内外の任意のリンクを入力できます。
    8. (省略可)おすすめのリンクとしてマークを付けるには、[Recommended] チェックボックスをオンにします。これにより、G Suite トレーニングのメニューとポータルに視覚的なインジケーターが追加され、優先度が高いことがユーザーに示されます。
    9. (省略可)リンクを公開する準備ができたら、[Published] チェックボックスをオンにします。このチェックボックスをオンにすると、ユーザーはリンクをすぐに表示できるようになります。
    10. [Save] をクリックします。
レッスンの推奨

特定のレッスンをユーザーにすすめることができます。G Suite トレーニング ポータル内で推奨レッスンを設定すると、G Suite トレーニングの該当するレッスン タイトルの横にスターが表示されます。G Suite Training

レッスンをすすめるには:

  1. G Suite トレーニング ポータルの [Lessons] をクリックします。
  2. [Training Customizations] で、すすめるレッスンを選択します。
  3. [Recommend] をクリックします。
レッスンの非表示

ユーザーに必要のないレッスンを非表示にできます。たとえば、Gmail への POP3 による読み込みをブロックしている組織では、そのようなプロセスを説明しているレッスンを非表示にすることができます。あるいは、企業の IT 管理者であれば、Classroom のレッスンを非表示にするという対応も考えられます。

レッスンを非表示にするには:

  1. G Suite トレーニング ポータルの [Lessons] をクリックします。
  2. [Training Customizations] で、次のいずれかの手順で操作します。
    • G Suite サービスまたはカテゴリのすべてのレッスンを非表示にするには、サービスまたはカテゴリを選択し、2 番目のプルダウン メニューを [Select Section or Lesson] に設定します。
    • 特定のレッスンを非表示にするには、アプリまたはカテゴリを選択し、2 番目のプルダウン メニューで該当するレッスンを指定します。
  3. [Unpublish] をクリックします。
G Suite トレーニング アイコンとマウスオーバー テキストのカスタマイズ

G Suite トレーニング アイコン G Suite Training とマウスオーバー テキストを変更できます。

  1. G Suite トレーニング ポータルの [Settings] をクリックします。
  2. 画面に表示される手順に沿って新しいアイコンとテキストを指定します。
  3. [Save] をクリックします。

G Suite サービスの画面を更新すると、新しいアイコンとテキストが表示されます。元のアイコンとテキストに戻すには、[Settings] の [Reset] をクリックします。

サポートリンクのカスタマイズ

ドメイン内のユーザーが G Suite トレーニング ポータルのサポートリンクをクリックしたときに表示されるページを変更できます。たとえば、カスタムのサポート チケット システムへのリンクに変更できます。変更したリンク先が表示されるのは、G Suite ドメインで管理者の役割が割り当てられていないユーザーのみです。管理者には、常に元のサポートリンクが表示されます。

サポートリンクをカスタマイズするには:

  1. G Suite トレーニング ポータルの [Settings] をクリックします。
  2. カスタムのサポート URL を入力し、[Enable custom support link] を選択します。
  3. [Save] をクリックします。

トラブルシューティング

Chrome 拡張機能の G Suite トレーニングをインストールしましたが、表示されません。

Chrome ブラウザにログインしていることを確認してください。また、拡張機能のインストール時に使用していたのと同じ Chrome プロファイルを使用していることを確認してください。Chrome 拡張機能の G Suite トレーニングは、Chrome ブラウザにログインしているときにのみ使用できます。ログインしていない場合や、Chrome 以外のブラウザを使用している場合は、使用できません。

Chrome 拡張機能の G Suite トレーニングが途中で停止したり、動作しなかったりします。

G Suite トレーニングでは、次の URL に HTTPS(ポート 443)でアクセスする必要があります。

ファイアウォールやウェブフィルタのアクセス ブロック機能を使用している場合は、上記の URL をホワイトリストに指定してください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。