Slack クラウド アプリケーション

この操作を行うには、特権管理者としてログインする必要があります。

SAML(Security Assertion Markup Language)を使用すると、ユーザーが企業向けクラウド アプリケーションに Google Cloud の認証情報でログインできます。

Slack 用に SAML を使用して SSO を設定する

手順 1: Google を SAML ID プロバイダ(IdP)として設定する
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [SAML アプリ] にアクセスします。

    [アプリ] がホームページに表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックして表示します。

  3. 右下のプラス(+)アイコンをクリックします。
  4. アプリケーションのリストから [Slack] を見つけてクリックします。
  5. [Google IdP 情報] ページで IDP メタデータをダウンロードし、[SSO の URL] と [エンティティ ID] の値をコピーします。
  6. [次へ] をクリックします。

    ユーザーに表示されるアプリケーション名説明が、[基本情報] ウィンドウに表示されます。

  7. [次へ] をクリックします。
  8. [サービス プロバイダの詳細] ページで次の情報を入力します。
    • ACS の URL: https://[チーム名].slack.com/sso/saml
    • エンティティ ID: https://slack.com
    • 開始 URL: 空欄のままにします

      注: 複数の SAML アプリで同じエンティティ ID を使用することはできません。したがって、https://slack.com というエンティティ ID をすでに別の Slack SAML アプリで使用している場合は、代わりに [エンティティ ID] を https://[チーム名].slack.com に設定してください。
  9. [署名付き応答] チェックボックスをオンにします。
  10. (省略可)デフォルトの [名前 ID] を必要に応じて変更します。Google の Admin SDK の API でユーザー スキーマのカスタム属性を作成して使用することもできますが、カスタム属性の作成は Slack SAML アプリを設定する前に行う必要があります。[名前 ID] に設定できる値は 1 つです。
  11. [名前 ID の書式] を「persistent」に設定します。
  12. [次へ] をクリックします。
  13. [属性のマッピング] ページで、[User.Email] のカテゴリを [基本情報] に設定し、ユーザー フィールドを [メインのメールアドレス] に設定します。
  14. (省略可)名前属性を追加します。Google では、ユーザー認証時に名前属性を使用して Slack アプリに情報を渡すことができます。
    1. どちらの場合も、カテゴリを [基本情報] に設定します。
    2. 名の場合は、ユーザーの項目を [] に設定します。
    3. 姓の場合は、ユーザーの項目を [] に設定します。
  15. [完了] をクリックします。
  16. [Slack の SSO 設定] ウィンドウで [OK] をクリックします。ユーザー プロビジョニングを設定する前に SSO を設定する必要があります。

手順 2: Slack SAML アプリを有効にする

この変更がすべてのユーザーに反映されるまで、最長で 24 時間ほどかかることがあります。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [SAML アプリ] にアクセスします。

    [アプリ] がホームページに表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックして表示します。

  3. [Slack] を選択します。
  4. 灰色のボックスの右上にあるサービスを編集アイコン 作成 をクリックします。
    左側に最上位組織と組織部門が表示されます。

  5. 組織に属するすべてのユーザーに対してサービスを有効または無効にするには、[オン(すべてのユーザー)] または [オフ(すべてのユーザー)] をクリックし、[保存] をクリックします。

  6. 組織部門のユーザーに対してのみサービスを有効または無効にするには:

    1. 左側で組織部門を選択します。
    2. [オン] または [オフ] を選択します。
    3. 親組織部門のサービス設定([オン] または [オフ])と同じにしたい場合は、[オーバーライド] をクリックします。
    4. 組織のステータスがすでに [上書きされました] になっている場合は、次のいずれかを選択します。
      • 継承 - 親と同じ設定に戻します。
      • 保存 - 新しい設定を保存します(親組織の設定が変更された場合でも、新しい設定を維持します)。

    詳しくは、組織部門についてのページをご覧ください。

  7. Slack のユーザー アカウントのメール ID が Google ドメイン内のものと一致することを確認します。

手順 3: Slack を SAML 2.0 のサービス プロバイダ(SP)として設定する

  1. 組織の Slack チームのオーナー アカウントまたは管理者アカウントで、Slack(https://[チーム名].slack.com/home)にログインします。
  2. [Settings & Permissions] をクリックします。
  3. [Authentication] タブをクリックします。
  4. [SAML authentication] の横にある [Configure] をクリックします。
  5. パスワードを確定します。
  6. [Choose your SAML provider] ウィンドウで、[Custom SAML 2.0] を選択して、[Configure] をクリックします。
  7. [SAML 2.0 Endpoint (HTTP)] 欄に、手順 1 でコピーした [SSO の URL] の値を貼り付けます。
  8. [Identity Provider Issuer] 欄に、手順 1 でコピーした [エンティティ ID] の値を貼り付けます。
  9. [Public Certificate] 欄に、手順 1 でダウンロードしたファイルのすべての内容を貼り付けます。これは、SSO の設定に必要な X.509 証明書です。テキスト エディタでファイルを開くには、ファイルの拡張子を「.txt」に変更する必要がある場合があります。
  10. Slack SAML アプリで [エンティティ ID] を https://slack.com 以外に設定した場合は、[Advanced Options] をクリックし、[Service Provider Issuer] 欄に [エンティティ ID] の値を貼り付けます。
  11. [Settings] で、認証をチームに適用する方法を指定します。
  12. [Save Configuration] をクリックします。

手順 4: SSO の動作を確認する

  1. ブラウザ ウィンドウをすべて閉じます。
  2. http://[チーム名].slack.com を開いて SAML でログインを試みると、Google ログインページにリダイレクトされます。
  3. ユーザー名とパスワードを入力します。

認証情報が認証されると、Slack にリダイレクトされます。

手順 5: ユーザー プロビジョニングを設定する

特権管理者は、Slack アプリケーションでユーザーを自動的にプロビジョニングできます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。