サードパーティの ID プロバイダ(IdP)を使用して SSO を設定する

SSO を使用してログインする

管理コンソールのログインページは admin.google.comaccounts.google.com にリダイレクトされます)で、個々の Google サービスのログインページは <サービス>.google.com/a/<ご利用のドメイン>.com です。ドメインで SSO を設定した場合、ログインするユーザーに特権管理者の権限があるか、そしてドメインでネットワーク マスクを使用しているかによって、これらのページの動作は異なります。

特権管理者の権限でログインする

admin.google.com から SSO が有効なドメイン(ネットワーク マスクの使用の有無は問いません)に特権管理者がログインする場合は、SSO のユーザー名とパスワードではなく、Google 管理者アカウントのメールアドレス全体と、関連付けられている Google のパスワードを入力し、[ログイン] をクリックして管理コンソールに直接アクセスする必要があります。SSO ログインページにはリダイレクトされません。

特権管理者が Google ドライブ同期クライアントにログインする場合も、SSO ログインページにリダイレクトされません。

ブラウザ、モバイルアプリ(iOS のドライブ アプリや Gmail アプリなど)、Android でのアカウント有効化の処理などでログインしようとした場合も、同様に SSO ログインページにリダイレクトされません。

ネットワーク マスクを使用しているドメインで、<サービス>.google.com/a/<ご利用のドメイン>.com から別の Google サービスに特権管理者がログインしようとした場合にのみ、SSO のログインページにリダイレクトされます(ドメインのネットワーク マスク内からログインする場合)。ドメインのネットワーク マスク外からログインする場合や、ドメインでネットワーク マスクを使用していない場合は、Google のユーザー名とパスワードの入力を求められます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。