検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

ユーザー向け: ドメイン管理アカウントへの移行

: この記事では、アカウントの移行リクエストを承諾または拒否した場合の影響について説明します。

アカウントの移行リクエストが届いた理由

組織の G Suite ドメインで管理されるメールアドレスを管理者があなたに支給しようとしていますが、あなたにはすでに組織のメールアドレスが関連付けられたアカウントがあるので、G Suite に移行するための手順を実施する必要があります。

アカウントを移行しない場合は、既存のアカウント名を新しい Gmail アドレスに変更するか、所有している別のメールアドレスに変更するよう求めるメッセージが表示されます。

どちらを選ぶか決める

次の質問を参考に、どうするかを決めてください。

個人データの保存にアカウントを使用しているか?

  • 使用している場合、リクエストを拒否して既存のアカウント名を変更することを検討してください。または、個人のデータを削除してから、リクエストを受け入れてください。
  • 使用していない場合、リクエストを受け入れることを検討してください。

ドメイン管理者が自分の既存アカウント内のデータにアクセスすることに納得できるか?

  • できない場合、リクエストを拒否して既存のアカウント名を変更することを検討してください。または、個人のデータを削除してから、リクエストを受け入れてください。
  • できる場合、リクエストを受け入れることを検討してください。

移行手順

アカウントを新しい G Suite アカウントに移行するリクエストのメールが届いたら、受け入れるか拒否することができます。状況に応じてどちらかを選んでください。

リクエストを受け入れた場合

アカウントは IT 管理者の管理対象になります。アカウント内のデータはすべて引き続き安全で、ドメイン管理者がアクセスを制限していない限り、アクセスできます。既存のユーザー名とメールアドレスを使用して、組織の Google サービスにアクセスできるようになります。

アカウントを仕事や学校専用で使用する場合のみ、リクエストを受け入れてください。アカウントに個人のデータがある場合は、移行リクエストを受け入れる前に、その情報を削除してください。

リクエストを受け入れた場合のデータへの影響

新しいアカウントは組織の IT 管理者によって管理されます。管理者はユーザーのアカウント内のデータにアクセスし、変更、削除することができます。また、特定の Google サービスへのアクセスを制限することもできます。

リクエストを受け入れた場合に、Google の各サービスに生じる影響は次のとおりです。

サービス リクエストを受け入れた場合の影響
カレンダー メイン カレンダーは移行されます。ただし、移行前に作成した予備カレンダーは G Suite ドメインの管理対象ではありません。
Google サイト 移行前に作成した Google サイトのページは、G Suite ドメインの管理対象ではありません。
Google グループ 移行前に Google グループで作成したグループは、G Suite ドメインの管理対象ではありません。
Google ドライブ Google アカウントで Google ドライブの追加のストレージを購入していた場合は、アカウントを移行してもストレージの登録を保持して管理できます。購入したストレージは、ドメインによって提供されるストレージに加算されます。管理対象アカウントで個別にドライブ ストレージを購入する場合の詳細については、ユーザー別の保存容量の購入をご覧ください。

重要: 組織で使用する G Suite が G Suite Business または G Suite for Education である場合は、ストレージの登録をキャンセルする必要があります。これらのエディションで使用できるストレージは無制限であるためです。キャンセルは Google ペイメントで行うことができます。

Google チャット ハングアウトを使用していない Google チャット ユーザーは、ハングアウトを使うようアップグレードされます。管理者は、組織で Google チャットを有効にするかどうかを設定できます。
ハングアウト ユーザーへの影響はありません。
Google Now Google Now の機能は制限されます。フライト、ホテル、レンタルのカードなど一部の Now カードは、G Suite ではまだサポートされていません。
フォトとドライブの統合 フォトとドライブの統合は G Suite ではまだサポートされていません。この機能は利用できません。
Project Fi Project Fi は、現在のところ G Suite では利用できません。詳細をご覧ください。

リクエストを受け入れる手順

リクエストを受け入れるには、メールの [アカウントを移行します] をクリックします。クリックすると、個人の Google アカウントにログインして、移行を開始するための規約に同意するよう求められます。

リクエストを拒否または無視した場合

新しい G Suite アカウントが作成されたら、既存のアカウント名を変更するよう求めるメッセージが表示されるようになります。また、既存のアカウント名の変更はいつでも行うことができます。

アカウントを使用して個人データを保存している場合は、このオプションを選択してください。または、個人のデータをすべて削除してから、リクエストを受け入れてください。

リクエストを拒否するには、メールの [リクエストを拒否します] をクリックします。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
アカウントにログインする

ご利用の G Suite アカウントのメールアドレスでログインいただくと、アカウント専用のヘルプをご覧いただくことができ、G Suite を使い始める方法について知ることができます。