Google Voice を有効または無効にする

組織の Google アカウントの管理者は、どのユーザーが各自のアカウントから Google Voice を使用できるかを設定できます。管理コンソールで、該当するユーザーに対してサービスを有効あるいは無効にするだけです。Google Voice が有効になっているユーザーは、各自のアカウントでこのサービスを使用して、電話番号やボイスメールを管理できます。

開始する前に: 特定のユーザーに対してサービスのオンとオフを切り替えるには、対象ユーザーを組織部門に配置します。

Google Voice を利用できる組織内のユーザーを指定する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次へ [その他の Google サービス] にアクセスします。
  3. [Google Voice] をクリックします。

    参考: スクロールすると、すべてのサービスを確認できます。また、左側にある [フィルタ] をクリックすると、ステータスや人気度などでリストを絞り込むこともできます。

  4. 灰色のボックスの右上にあるサービスを編集アイコン 作成 をクリックします。
    左側に最上位組織と組織部門が表示されます。

  5. すべての組織に設定を適用するには、[オン(すべてのユーザー)] または [オフ(すべてのユーザー)] をクリックし、[保存] をクリックします。

  6. 個々の組織部門に設定を適用するには、次の操作を行います。

    • 左側で、設定変更の対象ユーザーが所属する組織部門を選択します。
    • [オン] または [オフ] を選択して設定を変更します。
    • [オーバーライド] をクリックすると、親の設定が変更された場合でも、設定がそのまま維持されます。
    • 組織のステータスがすでに [上書きされました] になっている場合は、次のいずれかのオプションを選択します。
      継承 - 親と同じ設定に戻します。
      保存 - 親の設定が変更された場合でも、新しい設定を保存します。

    詳しくは、組織構造の仕組みをご覧ください。

Google Voice を有効にできない場合: 拠点とされている地域でそのサービスの使用が制限されている可能性があります。詳細

次のステップ

ユーザーに Google Voice のライセンスを割り当てます

関連トピック

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。