時間枠のみが表示されたリソースの予約を許可する

管理コンソールで新しいカレンダー リソースを作成し、[予定の時間枠のみを表示] または [すべての詳細を表示] として予備カレンダーの共有を有効にすると、既定では、ドメイン内のユーザーはそのリソースを使って会議を設定することができます。ただし [予定の時間枠のみを表示] として共有されているリソースについては、ドメイン内のユーザーが予約できないように設定を変更することもできます。

この設定をオンにすると、機密性の高い予定情報を非表示にした状態で、リソースの予約をドメイン内のユーザーに許可することができます。

注: リソース予約の許可の設定がデフォルトでオンになっているのは、2016 年 1 月 12 日以降に登録された新しい Google Cloud ドメインのみです。それ以前に登録されたドメインでは、この設定はオフになっています。管理者は必要に応じていつでもこの設定を手動で変更できます。

管理者は次の手順でデフォルトの設定を変更できます。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 右矢印 [G Suite] 右矢印 [カレンダー] にアクセスします。
  3. [全般設定] を選択します。
  4. [リソース予約の許可] に移動し、[[予定の時間枠のみを表示] として共有されているリソースの予約を許可する] チェックボックスをオンにします。

特権管理者は、この設定にかかわらず、ドメイン内のすべてのリソースを予約できます。
 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。