iOS 端末でユーザー アカウントを管理する

Google 管理コンソール アプリは、現在のところ特権管理者にのみご利用いただけます。

G Suite 特権管理者は Google 管理コンソール アプリを使用して、Apple® iOS® 搭載のスマートフォンやタブレットから主要なタスクを行うことができます。

新しいユーザーを追加して、アカウントの詳細情報を送信する

組織内のユーザーが Google サービスの使用を開始するには、まず特権管理者が G Suite アカウントにユーザーを追加する必要があります。

iOS 端末で Google コンタクトからユーザーを追加することもできます。

新しいユーザーを追加するには:

  1. Google 管理コンソール アプリ Google Admin を開きます。今すぐ設定
  2. 必要に応じて、メニュー アイコン メニュー 右矢印 下矢印アイコン 下矢印 をタップして特権管理者アカウントに切り替えます。
  3. メニュー アイコン メニュー 右矢印 [ユーザー] をタップします。
  4. 追加アイコン 追加 右矢印 [ユーザーを追加] をタップします。
  5. ユーザーの詳細情報を入力します。
  6. (省略可)ユーザーの初期パスワードを設定します。

    デフォルトでは、Google 管理コンソール アプリから新規ユーザー用の一時的なパスワードが生成されます。パスワードは、必須の最小文字数(8 文字)以上、または管理者がドメイン向けに指定したパスワードの最小文字数以上で設定します。

    • (省略可)初期パスワードを変更するには、[パスワードを自動生成] を [オフ] にして新しいパスワードを 2 回入力します。

      パスワードは 8 文字以上にする必要があります。安全なパスワードを作成する方法については、パスワードのヘルプをご覧ください。

    • (省略可)ユーザーが次回ログインするときに、パスワードの変更を要求するようにします。

      デフォルトでは、変更を必須とする設定になっています。

  7. 追加情報を入力するには、[その他の情報を追加] をタップします。この情報は、Google 管理コンソールや Gmail の連絡先に表示されます。
  8. 完了アイコン 完了 をタップします。
  9. (省略可)新規ユーザーに詳細情報を送信するには、[共有] をタップします。
ユーザーを停止する

ユーザーのアカウントを停止することで、組織の Google サービスへのユーザーのアクセスを一時的にブロックすることができます。ユーザーのアカウントを停止しても、ユーザーのプロフィールや、ドキュメント、カレンダーの予定、メール メッセージなどのデータは削除されませんが、ユーザーはアカウントにログインしたり、新しく届いたメールやカレンダーの招待状を受け取ったりできなくなります。

ユーザー(複数可)を停止するには:

  1. Google 管理コンソール アプリ Google Admin を開きます。今すぐ設定
  2. 必要に応じて、メニュー アイコン メニュー 右矢印 下矢印アイコン 下矢印 をタップして特権管理者アカウントに切り替えます。
  3. メニュー アイコン メニュー 右矢印 [ユーザー] をタップします。
  4. ユーザーの画像(ユーザーの名前ではありません)をタップして選択します。複数のユーザーを選択できます。
  5. 停止アイコン Suspend 右矢印 [停止] をタップして確定します。

詳細ページでユーザー(1 人)を停止するには:

  1. Google 管理コンソール アプリ Google Admin を開きます。今すぐ設定
  2. 必要に応じて、メニュー アイコン メニュー 右矢印 下矢印アイコン 下矢印 をタップして特権管理者アカウントに切り替えます。
  3. メニュー アイコン メニュー 右矢印 [ユーザー] をタップします。
  4. ユーザーの名前をタップしてそのユーザーの詳細ページを開きます。
  5. その他アイコン 詳細 右矢印 [停止] 右矢印 [停止] をタップして確定します。
ユーザーを削除する

ユーザーが退職した場合は、管理者がそのユーザーの G Suite アカウントを削除することができます。ユーザー アカウントを削除すると、そのユーザーのメール メッセージやカレンダーのデータなどの G Suite のデータが削除されます。また、削除されたユーザーは組織の G Suite のサービス(Google ドライブにあるユーザーのファイルなど)にアクセスできなくなります。

Google 管理コンソール アプリを使用してユーザー アカウントを削除する場合、削除の処理中にデータを移行することができないため、G Suite のアカウントに関連するすべてのデータが削除されます。ユーザーのデータを保存しておくには、Google 管理コンソールにログインしてユーザーを削除する必要があります。

ユーザー(複数可)を削除するには:

  1. Google 管理コンソール アプリ Google Admin を開きます。今すぐ設定
  2. 必要に応じて、メニュー アイコン メニュー 右矢印 下矢印アイコン 下矢印 をタップして特権管理者アカウントに切り替えます。
  3. メニュー アイコン メニュー 右矢印 [ユーザー] をタップします。
  4. ユーザーの画像(ユーザーの名前ではありません)をタップして選択します。複数のユーザーを選択できます。
  5. 削除アイコン 削除 > [削除] をタップして確定します。

詳細ページでユーザー(1 人)を削除するには:

  1. Google 管理コンソール アプリ Google Admin を開きます。今すぐ設定
  2. 必要に応じて、メニュー アイコン メニュー 右矢印 下矢印アイコン 下矢印 をタップして特権管理者アカウントに切り替えます。
  3. メニュー アイコン メニュー 右矢印 [ユーザー] をタップします。
  4. ユーザーの名前をタップしてそのユーザーの詳細ページを開きます。
  5. その他アイコン 詳細 右矢印 [削除] 右矢印 [削除] をタップして確定します。
ユーザーのパスワードを再設定する

ユーザーが G Suite アカウントのパスワードを忘れた場合や、ユーザーのアカウントのセキュリティが侵害されている可能性がある場合、管理者はユーザーのパスワードを再設定することを検討してください。管理者パスワードを忘れた場合は、管理者パスワードの再設定をご覧ください。

ユーザーのパスワードを再設定するには:

  1. Google 管理コンソール アプリ Google Admin を開きます。今すぐ設定
  2. 必要に応じて、メニュー アイコン メニュー 右矢印 下矢印アイコン 下矢印 をタップして特権管理者アカウントに切り替えます。
  3. メニュー アイコン メニュー 右矢印 [ユーザー] をタップします。
  4. ユーザーの画像(ユーザーの名前ではありません)をタップして選択します。
  5. 再設定アイコン Reset をタップします。デフォルトでは [パスワードを自動生成する] がオンになっています。この設定ではランダムなパスワードが生成されます。パスワードを手動で設定する場合は、これをオフにしてパスワードを入力し、確認のために再度入力します。
  6. (省略可)ユーザーが次回ログインするときにパスワードの変更を必須とするには、[次回ログイン時にパスワードの変更を要求する] を有効にします。
  7. [再設定] をタップします。

    ユーザーがメールアドレスをもう 1 つ持っている場合は、そのメールアドレスにパスワードの変更のお知らせが自動的に届きます。メールアドレスがない場合は、[通知] をタップして Google ハングアウトなどの他の方法でユーザーにパスワードの変更を通知します。

停止中のユーザー アカウントを再開する

次の条件に該当する場合、G Suite 管理者は停止中のユーザー アカウントを再開できます。

  • アクセスを一時的にブロックするために管理者が手動で停止した場合
  • セキュリティ侵害によりシステムで自動的に停止された場合
  • アカウントの上限を超過したために Gmail が自動的に停止された場合

アカウントを再開すると、ユーザーはログインしてすべてのサービスとデータにアクセスできるようになります。メールやカレンダーの招待状なども、停止前と同様に受け取ることができます。

停止中のユーザー アカウントを再開するには:

  1. Google 管理コンソール アプリ Google Admin を開きます。今すぐ設定
  2. 必要に応じて、メニュー アイコン メニュー 右矢印 下矢印アイコン 下矢印 をタップして特権管理者アカウントに切り替えます。
  3. メニュー アイコン メニュー 右矢印 [ユーザー] をタップします。
  4. [全ユーザー] 右矢印 [停止中] をタップすると、停止中のユーザーのみが表示されます。
  5. 停止中のユーザーの名前をタップします。
  6. ユーザーのアカウント ページで、その他アイコン 詳細 右矢印 [再開] 右矢印 [再開] をタップして確定します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。