移行されるデータ

Google Workspace Migration for Microsoft Exchange

Google Workspace Migration for Microsoft Exchange (GWMME)は、メール、カレンダー、連絡先のデータを Microsoft Exchange、IMAP サーバー、PST ファイルから Google Workspace アカウントに移行するサービスです。GWMME で Google Workspace への移行を設定する際は、次のデータについてとそのデータを移行するかどうかについて検討してください。

移行元データの移行ステータス

すべて開く   |   すべて閉じる

メール
移行されるメール機能 備考
メール 最上位フォルダ内のすべてのメールが移行されます。最上位フォルダとは、受信トレイと同じ階層のフォルダのことです。

メールを Google Vault に移行するよう選択することもできます。

メールの状態(既読、未読など)  
削除済みのアイテム 移行は任意です。Gmail では、削除済みアイテムに「ゴミ箱」のラベルが付きます。
フォルダ Gmail では、フォルダがラベルとして扱われます。特定の最上位フォルダを個別に選択して、移行対象から除外することもできます。フォルダを除外すると、そのサブフォルダも除外されます。

フォルダパスが 225 文字を超えるフォルダは移行されません。そうしたフォルダ内のメールも移行されません。

移行の設定時に、特定の最上位フォルダを移行対象から除外できます。詳しくは、GWMME 管理者向けガイドの第 6 章をご覧ください。
迷惑メール 移行は任意です。Gmail では、迷惑メールに「迷惑メール」のラベルが付きます。
パブリック フォルダ パブリック フォルダのコンテンツは Google グループに移行できます。詳しくは、パブリック フォルダを移行するをご覧ください。
容量の大きいメールと添付ファイル メッセージと添付ファイルの合計が 25 MB を超える場合と、Gmail で一部の添付ファイル(実行可能ファイルなど)をブロックする場合は移行されません。それ以外の添付ファイルは移行されます。詳しくは、Gmail でブロックされるファイルの種類をご覧ください。
メールのフラグ Gmail では、フラグが「スター」として扱われます。
共有メールボックス 共有メールボックスは通常のメールボックスとして移行されます。移行後に Gmail の委任を有効にできます。詳しくは、Gmail の委任を有効または無効にするをご覧ください。
サブフォルダ サブフォルダの場所によって移行方法が異なります。
  • デフォルトのフォルダのサブフォルダ - Exchange メールボックスのデフォルトのフォルダ([送信済みアイテム]、[下書き]、[削除済みアイテム] など)の下にあるサブフォルダは、ネストされたラベルとして移行されません。代わりに、先頭にアンダースコアの付いた、デフォルト フォルダ名のフォルダの下にネストされます(例: [_受信トレイ] / [財務])。
  • 他のフォルダのサブフォルダ - ネストされた状態で移行されます(例: [財務] / [第 1 四半期請求書])。

 

移行されないメール機能 備考
メールボックス フォルダの投稿  
メールの重要度レベル  
ルール ルール(サーバーとクライアント)は移行されません。ただし、同等の機能を持つフィルタを Gmail で作成できます。
署名 移行されませんが、Gmail で再作成できます。
カテゴリの定義または割り当て  
カレンダー
移行されるカレンダー機能 備考
デフォルトのカレンダー(予定、説明、出席者、予定のリマインダー、場所など) 書き出した PST ファイルまたはアーカイブした PST ファイルを使用する場合、すべてのカレンダーは、デフォルトのカレンダーではなく [他のカレンダー] として移行されます。これを避けるには、カレンダーのインポートに Exchange サーバーからの移行機能を使用します。詳しくは、Exchange からデータを移行するをご覧ください。
カレンダーの予定 元の主催者または当初の参加者ではないユーザーの予定を読み込むと、ログファイルに警告メッセージが表示されます。ただし、予定は正常に移行され、対象ユーザーはカレンダーに予定の参加者として表示されます。
他のカレンダー オーナーの他のカレンダーは移行されますが、アクセス権を持つ他のユーザーの共有カレンダーは移行されません。
空き時間情報  
カレンダー リソース カレンダー リソース(会議室など)を移行するには、カンマ区切り値(CSV)ファイルを使用します。このファイルを使用して、予定の参加者のメールアドレスを Gmail のメールアドレスに変更することもできます。詳しくは、マッピング CSV ファイルを作成するをご覧ください。

 

移行されないカレンダー機能 備考
予定の説明のリッチ コンテンツ リッチテキスト形式の説明は読み込まれません。Microsoft Outlook 2016 では、説明は書式なしテキストに変換されます。
[仮の予定] や [外出中] のステータス カレンダー データ固有のステータスは移行されません。
カレンダーの添付ファイル  
カテゴリの定義または割り当て  
Google コンタクト
移行される連絡先機能 備考
個人の連絡先 すべての項目が含まれます。
メモ 連絡先のメモは、書式なしテキストとして移行されます。16 KB を超える部分は切り捨てられます。

 

移行されない連絡先の機能 備考
連絡先フォルダ 個別の連絡先フォルダは移行されませんが、すべてのフォルダのすべての連絡先が移行されます。こうした連絡先はラベルを使って整理し直すことができます。
連絡先グループまたは個人の配信リスト 連絡先グループまたは個人の配信リストは移行されません。Google Workspace でリストにメールを送信するには、管理コンソールでグループを作成し、リストとして使用します。
ドメインのグローバルな連絡先 ドメインの連絡先は、Microsoft Active Directory のグローバル アドレス一覧(GAL)に表示されます。これらの連絡先を読み込むには、別のサービスを使用する必要があります。詳しくは、Google Cloud Directory Sync についてをご覧ください。
その他の種類のデータ

移行されない機能

  • メモ
  • タスク
  • 履歴項目
  • RSS フィード


Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false