SiteGround: G Suite の MX レコードを設定する

ドメインの所有権確認が必要な場合は、セットアップ ウィザードに戻り、ドメインホスト レコード(TXT や CNAME)HTML ファイルメタタグのいずれかを追加するなどの別の方法を選択してください。

MX レコードを変更して Gmail の使用を開始する

ご利用のドメイン(yourcompany.com)のビジネスメールとして Gmail を設定する準備ができました。

ご利用のドメインで Gmail を使用するには、ドメインのメールを G Suite のサーバーに配信する必要があります。たとえるならば、転居したときに郵便局に転送届けを出して、郵便物が正しい住所に届くようにするのと似ています。

まずは、ドメインホストにログインします。ドメインの技術設定はここで管理されています。次に、MX レコード設定を更新して、メールが G Suite アカウントに配信されるようにします。すでにドメインでメールサービスを使用している場合は、以前のメール プロバイダではなく、Gmail にメールが届くようになります。

G Suite のお申し込み時に Google からドメインを購入した場合は、特に更新の必要はなく、すぐに Gmail をご利用いただけます。Gmail を使用するには、mail.google.com から G Suite のユーザー名とパスワードでログインします。既に Google 管理コンソールにログインしている場合は、画面右上のアプリ ランチャー アイコン アプリ をクリックし、[メール] をクリックします。
設定前に
MX レコード設定を更新する前に、次の作業が完了している必要があります。
  • ドメインの所有権の確認が済んでいること。
  • G Suite にチーム用のユーザー アカウントを作成済みであること。

    チームメンバーがすでにドメインのメールサービスを使用している場合は、ドメインの MX レコード設定を変更する前に、ユーザー アカウントを G Suite に作成する必要があります。作成しない場合、Gmail のビジネス アドレスでメールを送受信できなくなります。新規ユーザーのアカウントは後から作成できます。

設定を開始する

ここでは SiteGround ドメインで MX レコードを更新する方法について説明します。MX レコードにアクセスするには、SiteGround のウェブ ホスティング アカウントが必要です。詳しくは、Siteground のサポートにお問い合わせください。

SiteGround 以外のドメインホストをご利用の場合は、他のホストの手順をご覧ください。

設定ウィザードを起動する
  1. ドメインの所有権の確認が済み、管理コンソールにログインしたままの場合は、手順 2 へ進んでください。

    管理コンソールからログアウトしている場合は、admin.google.com で G Suite のメールアドレス(@gmail.com アドレスではなく @[会社名].com で終わるアドレス)とパスワードを入力して再度ログインしてください。

  2. Google 管理コンソール(ダッシュボード)の上部にある [Gmail を設定] をクリックします。

    [Gmail の設定] ボタン

    このウィザードが表示されなくても、管理コンソールから直接 MX レコードを設定できます。この場合は [ドメイン] をクリックし、ご利用のドメインの [Google MX レコードを設定] をクリックします。次に、プルダウン リストからご利用のドメインホストを選択し、MX レコードの設定手順を確認します(管理コンソールに [ドメイン] が表示されない場合は、[その他の設定] をクリックします)。

    [Google MX レコードを設定] リンク

  3. [メールを設定] をクリックして確認します。

    [メールを設定] ボタン

  4. G Suite 設定ウィザードに [ドメインホストのウェブサイトにログインします] の手順が表示されます。

    [ドメインホストのウェブサイトにログインします]

設定ウィザードの手順

1. SiteGround アカウントにログインする
  1. G Suite 設定ウィザードは開いたままにしておきます。
  2. 新しいブラウザ ウィンドウを開き、SiteGround サイト(siteground.com)にアクセスします。

    2 つのブラウザ ウィンドウが表示されます。ウィンドウ 1 はドメインホスト サイト用で、ウィンドウ 2 は Google 設定ウィザード用です。

    G Suite アイコン が表示されている手順は、G Suite 設定ウィザードで行ってください。
  3. SiteGound でドメインを購入した際に作成したアカウントのユーザー名とパスワードでログインします。

    ご自分のアカウント情報がわからない場合は、パスワードを再設定するか、
    SiteGround のサポートにお問い合わせください。
  4. G Suite 設定ウィザードで、[ログインできました] チェックボックスをオンにします。

    [ログインできました]

以下をクリックして次の手順をご覧ください。
2. SiteGround のドメイン設定にアクセスし、レコードを更新する
  1. SiteGround サイトで、G Suite で設定するドメインの [Manage Account] 欄の [Go to cPanel] をクリックします。

    [Go to cPanel] ボタン

  2. cPanel の [Mail] 欄までスクロールし、[MX Entry] をクリックします。

    [MX Entry] のアイコン

  3. [Set Google MX] をクリックします。これにより、G Suite 向けに MX レコードが自動的に設定されます。

    [Set Google MX] ボタン

    MX レコードは Google MX レコードで更新されます。

    MX レコードを追加したところ

    SiteGround の MX レコードの自動設定機能を使用すると、G Suite 設定ウィザードの確認手順までの手順を確認できます。
  4. G Suite 設定ウィザードで、[自分のドメインのコントロール パネルを開きました] チェックボックスをオンにします。

    [自分のドメインのコントロール パネルを開きました] チェックボックス

  5. G Suite 設定ウィザードで、[既存の MX レコードを削除しました] チェックボックスをオンにします。

    [既存の MX レコードを削除しました] チェックボックス

  6.  G Suite 設定ウィザードで、[これらの値の MX レコードを作成しました] チェックボックスをオンにします。

    [これらの値の MX レコードを作成しました] チェックボックス

以下をクリックして次の手順をご覧ください。
3. MX レコード設定を完了する
G Suite 設定ウィザードで、[MX レコードを保存しました] チェックボックスをオンにしてから [確認] をクリックします。

[確認] ボタン

これで、ご利用のドメインのビジネスメールが G Suite のメールサーバーに配信されるようになりました。

Gmail の使用を開始するには、admin.google.com に G Suite のユーザー名とパスワードでログインし、画面右上のアプリ ランチャー アイコン アプリ ランチャー をクリックして Gmail アイコン Gmail アイコン をクリックします。

: 変更が反映されるまで数時間かかることがあるため、すぐには Gmail で新着メールを受け取れない可能性があります。別のメールサービスを使用していた場合、変更が反映されるまでは引き続き以前のメール プロバイダにメールが届きます。

[MX レコードの設定を確認しています] のメッセージが [ドメイン] のページで数時間にわたって表示される場合は、MX レコードの値と優先順位がドメインホストで正しく入力されているかどうかを確認してください。

Gmail 向けに MX レコードを変更する際にサポートが必要な場合は、Google Cloud サポートにご連絡ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。