検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

    ドライブ プラグイン for Microsoft Office のインストール

    ドライブ プラグイン for Microsoft® Office を使用すると、Word®、Excel®、PowerPoint®、Outlook® を使用中に、Office プログラム内からそのまま Google ドライブのファイルを開いたり、ドライブにファイルを保存したりできます。

    ドライブ プラグインを使用するには、ユーザーのパソコンにプラグインをインストールする必要があります。G Suite 管理者は、プラグインの自動更新を設定したり、利用状況を確認したりできます。

    注: ドライブ プラグイン for Microsoft Office の最新情報についてのページもご覧ください。

    Google ドライブ アプリのインストールをユーザーに許可する

    ドライブ プラグインを使用するには、組織で Google ドライブ アプリの設定を有効にする必要があります。設定を有効にすると、ドライブ プラグインを使って Google ドライブ内のファイルにアクセスし、ファイルを開くことができるようになります。

    1. Google 管理コンソールにログインします。
    2. [アプリ] > [G Suite] > [ドライブとドキュメント] > [データアクセス] をクリックします。
    3. [アドオン] で [アドオンストアからの Google ドキュメント アドオンのインストールをユーザーに許可する] をオンにします。
    ドライブ プラグインをインストールする

    組織でドライブ プラグインを使用できるようにするには、ユーザーのパソコンにプラグインをインストールする必要があります。インストールには次の 2 通りの方法があります。

    1. 各ユーザーのパソコンにプラグインをダウンロードしてもらいます
    2. .msi ファイルをユーザーにプッシュするか、Windows® パソコンのコントロール パネルから [アドバタイズ済みプログラムの実行] を選択するようユーザーに依頼します。

      エンタープライズ インストーラをダウンロードします。

      エンタープライズ インストーラの場合は次の点にご注意ください。

      • ドライブ プラグインをインストールすると、ユーザーのパソコンでローカルにキャッシュされたファイル コンテンツの保存場所を変更できるようになります。これは、キャッシュされたコンテンツを特定の場所に保存する場合(例: Citrix などの仮想環境を実行中の場合)に有用です。
      • キャッシュのパスを独自に定義するには、現在のユーザーのレジストリパス(HKEY_CURRENT_USER\Software\Google\Drive plugin for Office)に新しい文字列値を作成します。
        名前: DownloadDirectory
        値: %localappdata%\Google\Drive plugin for Office
      • ドライブ プラグイン for Office インストーラでは、既定で Google Update もインストールします。Google Update をインストールせずにドライブ プラグインをインストールするには、次のコマンドライン引数を渡して Google Update ソフトウェアのインストールをスキップします。たとえば「msiexec /i DriveForOffice_enterprise_per_machine_x86.msi RUN_GOOGLE_UPDATE_SETUP=0」のように指定します。

      .msi ファイルの設定について詳しくは、Windows のドキュメントをご覧ください。

    自動更新の設定

    管理者は Google アップデータを使用して、ドライブ プラグインをユーザーのパソコンで自動的に更新するかどうかを制御することができます。

    (省略可)使用統計情報と障害レポートを変更する

    ドライブ プラグインの機能向上のため、使用統計情報と障害レポートの自動送信にご協力ください。

    使用統計情報には、Windows のバージョンや、ドライブ プラグイン for Microsoft Office の使用頻度などの情報が含まれますが、会議の詳細情報や個人情報は含まれません。障害レポートの内容は障害発生時のシステム情報であり、障害発生時の状況によっては個人情報が含まれることもあります。

    使用統計情報と障害レポートを Google に送信するかどうかを変更する

    使用統計情報と障害レポートの送信を後から停止するには、Windows レジストリの次のレジストリキーの値を 0 に変更します。

    • 32 ビット オペレーティング システムで使用統計情報と障害レポートを停止する場合:

      HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\\Google\Update\ClientState\{87CD15E4-0C94-47DB-B96A-BBE485C1E31C}

    • 64 ビット オペレーティング システムで使用統計情報と障害レポートを停止する場合:

      HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Wow6432Node\Google\Update\ClientState\{87CD15E4-0C94-47DB-B96A-BBE485C1E31C}

    レジストリの変更方法

    1. Windows の [スタート] メニューから [ファイル名を指定して実行] をクリックし、[ファイル名を指定して実行] ダイアログで「regedit」と入力します。
    2. レジストリの左側で、次のいずれかのフォルダに移動します。
      • 32 ビット オペレーティング システム:

        HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\\Google\Update\ClientState\{87CD15E4-0C94-47DB-B96A-BBE485C1E31C}

      • 64 ビット オペレーティング システム:

        HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Wow6432Node\Google\Update\ClientState\{87CD15E4-0C94-47DB-B96A-BBE485C1E31C}

    3. レジストリの右側で、[usagestats] キーを右クリックして [修正] をクリックします。
    4. [値のデータ] に 0 と入力し、[OK] をクリックして値を保存します。
    よくある質問

    どのバージョンの Microsoft Office がサポートされていますか?

    Windows 版 Office 2007、2010、2013、2016(32 ビット版および 64 ビット版)が対象です。

    Microsoft Office のどのソフトウェアがサポートされていますか?

    Word、Excel、PowerPoint、Outlook です。

    Office for Mac も Google のサポート対象ですか?

    Office for Mac® にはこのプラグインのサポートに必要な API やアドインのフレームワークがないため、サポート対象外です。

    Drive for Microsoft Office は Office 365 でも使用できますか?

    Office 365® サブスクリプションの一部としてお使いのパソコンに Microsoft Office をダウンロード、インストールした場合は、Microsoft Office 向けドライブを使用できます。なお、このプラグインは Office Web Apps では使用できません。

    プラグインのインストールには管理者権限が必要ですか?

    必要ありません。

    この記事は役に立ちましたか?
    改善できる点がありましたらお聞かせください。
    アカウントにログインする

    ご利用の G Suite アカウントのメールアドレスでログインいただくと、アカウント専用のヘルプをご覧いただくことができ、G Suite を使い始める方法について知ることができます。