1&1 IONOS: G Suite の MX レコードを設定する

重要: G Suite のお申し込みにあわせてドメインを購入された場合、Gmail を設定する必要はなく、すぐにご利用を開始できます。G Suite アカウントにログインしている状態で、右上のアプリ ランチャー アイコン "" 次に [Gmail] Gmail をクリックします。

この記事は、ドメインのビジネス用メールとして Gmail を設定する準備ができている方向けです(ドメインの所有権の証明がまだお済みでない場合は、そちらを先に行ってください)。

このためには、ドメインホストにログインして、ドメインのメールを G Suite のサーバーに配信する必要があります。これは、転居したときに郵便局に転居届けを出して、郵便物を新しい住所に届けてもらうことと似ています。下記に手順を説明します。

始める前に

  • ドメインの所有権を証明します

    済んでいない場合は、MX レコードを使って証明できます。方法は MX レコードの設定時に説明します。

  • G Suite にチーム用のユーザー アカウントを作成します。

    チームメンバーがすでにドメインのメールアドレスを使用している(メールアドレスの末尾が使用ドメインになっている)場合は、MX レコードの設定を変更する前に、G Suite でメンバーのユーザー アカウントを作成する必要があります。先に MX レコードの設定を変更すると、ユーザーは Gmail でビジネス用メールアドレスを使ったメッセージの送受信ができません

MX レコードを変更して G Suite の使用を開始する

手順 1: ドメインホストにログインする

  1. G Suite 設定ウィザードは開いたままにしておきます。
  2. 新しいブラウザ ウィンドウを開いて、1&1 IONOS のサイトにアクセスします。
  3. 1&1 IONOS アカウントを開設した際に作成した顧客 IDパスワードを入力します。
  4. [Login] をクリックします。

    アカウント情報がわからない場合は、パスワードを再設定するか、1&1 IONOS のサポートにお問い合わせください。

手順 2: DNS レコードを開く

  1. [Your domain] パネルで [Manage Domain] をクリックします。

    Manage Domain link is in Your Domain pane.

  2. [DNS] タブを開きます。

    DNS (BETA) is selected

手順 3: 既存の MX レコードを削除する

  1. DNS レコードの表で MX レコードを探します。
  2. MX レコードの右側にある、[Actions] アイコンをクリックします。

    Delete Record option is selected

  3. [Delete record] をクリックします。

    次の手順で新しい MX レコードを追加しますので削除して構いません。

  4. [Delete] をクリックして、この MX レコードを削除することを確定します。
  5. 残りのすべての MX レコードに対して、手順 2〜4 を繰り返します。

手順 4: G Suite の MX レコードを追加する

メールが G Suite アカウントに配信されるようにするには、ドメインに新しい MX レコードを追加する必要があります。追加する必要があるレコードは次のとおりです。
MX サーバー アドレス 優先度
ASPMX.L.GOOGLE.COM 1
ALT1.ASPMX.L.GOOGLE.COM 5
ALT2.ASPMX.L.GOOGLE.COM 5
ALT3.ASPMX.L.GOOGLE.COM 10
ALT4.ASPMX.L.GOOGLE.COM 10

重要: 登録事業者によっては、MX サーバーのアドレスの .COM の後にピリオドを付ける必要があります。

  1. DNS レコードの表の上にある [Add record] をクリックします。
  2. DNS レコードのオプションの一覧から [MX] を選択します。

    MX record option is selected.

  3. [Host Name] 欄に「@」と入力します。
  4. [Points to] 欄に「aspmx.l.google.com」と入力します。レコードの最後にピリオドを付けないでください。

    All fields of the MX record are complete.

  5. [Priority] 欄に「1」と入力します。
  6. [TTL] 欄はデフォルト値のままにします。
  7. [Save] をクリックします。
  8. 手順 1~7 を繰り返して、上記の表にある残りの MX サーバー アドレスと [Priority] の値をそれぞれ入力していきます。

    All 5 MX records are shown in the DNS records table.

  9. 別の方法(TXT レコード、HTML ファイル、メタタグなど)ですでに証明が済んでいる場合は、この手順をスキップしてください。

    ドメインの所有権を証明する必要がある場合:

    1. 管理コンソールで、[確認コードを入手する] までスクロールし、[コピー] ボタンをクリックします。

      The MX records table is shown and a red circle highlights the Copy button next to the MX verification record.
    2. 値を 値、応答、参照先、ターゲットの列に貼り付けます。
    3. レコードの優先値がまたは 15 以上に設定されていることを確認します。
    注: 確認コードが登録事業者によって拒否される場合は、.com の後のピリオドを削除します。

手順 5: 新しい MX レコードを検出するよう Google に通知する

  1. 管理コンソールで設定ツールを開きます。

  2. [Gmail] で [有効化] をクリックします。

    管理コンソールの上部にある [管理コンソールの設定: こちらで行います] オプションを赤で囲んで表示しています。

  3. 既存のメールアドレスをすべて作成し、Gmail でドメインのすべてのメールを受信できるようになっていることを確認します。[続行] をクリックします。

  4. 次のページで、一番下までスクロールして [Gmail を有効にする] をクリックします。

    A red circle highlights the Activate Gmail button on the bottom right of the MX records table.

:

  • レコードが更新されるまで数時間かかることがあるため、Gmail で新着メールをすぐに受信できない可能性があります。変更が反映されるまでは、引き続き以前のメール プロバイダにメールが届きます。
  • 数時間経っても管理コンソールに [MX レコードの設定を確認しています] というメッセージが表示されている場合は、ホストに保存されている DNS レコードに MX アドレス レコードと優先値を正しく入力したことを確認します。
  • MX レコードの変更についてさらにサポートが必要な場合は、G Suite サポートにお問い合わせください。

Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。