同期の対象

Google Cloud Directory Sync(GCDS)で最初の同期を設定する準備ができたら、Google ドメインと同期するユーザー、エイリアス、グループなどのデータを決定する必要があります。

LDAP ディレクトリ サーバー Google ドメイン 同期の有無 メモ
組織部門 組織 Google ドメインの組織には複数のユーザーが含まれ、部門、勤務地、その他のカテゴリ別にユーザーを並べ替えることができます。すべてをカテゴリ別に自動または手動で同期できます。
メーリング リスト グループ

LDAP ディレクトリ内のメーリング リストは Google ドメインの一般公開グループに対応し、サイトやドキュメントへのアクセスの制御に使用できます。Google のユーザーは、GCDS で同期されない、ユーザー管理の非公開グループを作成できます。

ユーザー ユーザー Google ドメインのユーザーはメールアドレスで整理されています。
ユーザー エイリアス ニックネーム ユーザーにはそれぞれ Google ドメイン内で複数のニックネームがあり、複数の LDAP ディレクトリのエイリアス属性から取得できます。
パスワード パスワード yellow triangle warning sign SHA-1、またはソルトを使ったハッシュ化が適用されていない MD-5 形式で保存されたパスワードだけが同期されます。これを回避するには、パスワードを個別に管理するか、認証にシングル サインオンを使用します。
メッセージとカレンダー データ コンテンツ X 従来のメッセージやカレンダー データを移行する必要がある場合、他の IMAP サーバー向けにデータを移行するための移行ツールを使用する必要があります。詳しくは、メール、連絡先、カレンダーを移行するをご覧ください。
部屋 カレンダー リソース 部屋やプロジェクターなどのカレンダー リソースを同期できます。
連絡先 共有の連絡先 LDAP ディレクトリの連絡先リストは Google の共有の連絡先に対応します。共有の連絡先を同期する場合、すべての連絡先について Gmail でオートコンプリートが有効になっています。ただし、個人の連絡先は同期されません。
個人の連絡先 個人の連絡先 X GCDS では個人の連絡先は同期されません。ユーザーの個人の連絡先情報を読み込むには、メール、連絡先、カレンダーを移行するをご覧ください。
拡張ユーザー情報 ユーザー プロフィール 電話番号、住所などの拡張 LDAP 情報は、Google のユーザー プロフィールとして同期できます。

: 組織で Google+ が有効になっている場合、LDAP ディレクトリから同期したデータは Google+ プロフィールに自動入力されます。ユーザーはウェブにプロフィールを公開できます。ユーザーがプロフィールに対して行った編集を GCDS が上書きすることがあります。

共有フォルダ なし X Google ドメインには共有フォルダと同等のものはありませんが、Google ドライブまたは Google グループを使用して情報を共有できます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。