同期の対象

Google Cloud Directory Sync

Google Cloud Directory Sync (GCDS) で同期する準備ができたら、下の表を参考に、対象となるユーザー、エイリアス、グループ、そのデータを決定します。

グループと組織

LDAP データ Google アカウント 同期の有無 備考
組織部門 組織部門 詳しくは、組織部門の同期ルールを設定するをご覧ください。
メーリング リスト グループ

Google グループを使用すると、サイトやドキュメントへのアクセスを制御できます。詳しくは、メーリングリストを Google グループに同期するをご覧ください。

Google のユーザーは、GCDS で同期されない、ユーザー管理の非公開グループを作成できます。

ユーザー

LDAP データ Google アカウント 同期の有無 備考
ユーザー ユーザー GCDS でのユーザーの同期に使用する属性を指定できます。詳しくは、ユーザーリストを定義するをご覧ください。
ユーザー エイリアス メール エイリアス LDAP ディレクトリの複数のユーザー エイリアス属性を Google メール エイリアスと同期できます。
拡張ユーザー情報 ユーザー プロフィール

電話番号、住所、その他の拡張 LDAP 情報を Google のユーザー プロフィールと同期できます。詳しくは、同期するユーザー プロフィール情報を決定するをご覧ください。

カスタム スキーマを使用して、特定の組織部門などさまざまな種類のユーザーデータを同期することもできます。詳しくは、カスタム スキーマを使用してカスタム ユーザー フィールドを同期するをご覧ください。

カレンダー

LDAP データ Google アカウント 同期の有無 備考
部屋 カレンダー リソース 会議室などのカレンダー リソースを同期できます。詳しくは、カレンダー設定を定義するをご覧ください。

連絡先

LDAP データ Google アカウント 同期の有無 備考
連絡先 社外の共有連絡先 LDAP サーバーの連絡先リストは、Google アカウントの社外の共有連絡先に相当します。共有の連絡先を同期すると、これらのアドレスを Gmail のオートコンプリートで使用できるようになります。詳しくは、共有の連絡先を同期するをご覧ください。
個人の連絡先 連絡先  

サポートされていません。

GCDS では個人の連絡先は同期されません。ユーザーの個人の連絡先を読み込むには、別の移行ツールをお試しください。詳しくは、組織のデータを Google Workspace に移行するをご覧ください。

その他

LDAP データ Google アカウント 同期の有無 備考
パスワード パスワード サポートされないパスワード形式もあります。詳しくは、その他のユーザー属性をご覧ください。

Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。