Google クラウド プリントを設定する

この記事の内容は IT 管理者向けです。ユーザーの方は、クラウド プリント ヘルプセンターをご覧ください。

Google クラウド プリント(GCP)は、ウェブに接続された任意の端末から印刷できるようにするサービスです。パソコン、スマートフォン、タブレットからの印刷ジョブを転送し、インターネットに接続されたプリンタに送信します。このサービスにより、ユーザーは簡単にプリンタを見つけて、各自の端末から印刷できるようになります。複雑な設定やドライバのインストールは必要ありません。

次の図は、Google クラウド プリントが動作するさまざまな方法を示しています。組織内のユーザーが印刷ジョブを送信すると、クラウド プリント サービスはそのジョブを選ばれたプリンタに転送して、適切な書式を設定します。クラウド プリントはクラウド対応プリンタで最適に動作しますが、Google クラウド プリント コネクタをインストールすれば、ほぼすべての既存の印刷ソリューションで機能します。

設定方法は、使用するプリンタの種類によって異なります。

手順 1: プリンタを設定する

導入のヒント: プリンタを登録する際は、個別のユーザー名ではなく、共有の管理者アカウント(admin@example.com など)を使用します。こうすることにより、登録した管理者が除外、停止、または削除されたときにプリンタの登録が解除されるのを防ぎます。

手順 2: ユーザー アクセスを設定する

G Suite 管理者は、どのユーザーと Google グループがどのプリンタにアクセスできるかを指定できます。

  1. プリンタのオーナーとしてログインし、http://www.google.com/cloudprint にアクセスします。
  2. 左側のナビゲーションにある [プリンタ] を選択します。
  3. アクセスを共有するプリンタを選択し、[共有] をクリックします。
  4. 共有ダイアログにユーザー名またはグループ名を入力し、[保存] をクリックします。

プリンタを使用するための招待状がユーザーに届きます。ユーザーが招待を承認すると、各自のアカウントでプリンタを使用できるようになります。グループの場合、グループの管理者にメールが届き、グループを代表して承認します。

注: ユーザーやグループをプリンタごとに個別に追加する必要はありません。プリンタの URL にアクセスできれば、そのプリンタから印刷できます。詳しくは公開印刷機能についてご覧ください。

手順 3: 端末を設定する(省略可)

Android: Google クラウド プリントを Android 搭載端末から設定するには、Google Play ストアから Android アプリをダウンロードします。

Windows: Chrome や Windows パソコンで実行中のアプリケーションから直接印刷するには、Google クラウド プリンタをダウンロードしてインストールします。

Windows ドライバ使用時の考慮事項

  • Windows ドライバの利用には Chrome が必要です。コンピュータ上に Chrome がない場合、クラウド プリント インストーラに加えて Chrome インストーラがダウンロードに含まれます。
  • 現在、Windows ドライバでは複数ログインがサポートされていません。別のユーザー アカウントからプリンタにアクセスするには、ログアウトしてから別のユーザー アカウントで再びログインする必要があります。
  • ユーザーは各自ドライバをインストールする必要があります。仮想プリンタは、物理プリンタのように他の Windows ユーザーと共有できません。
  • 設定がデフォルトで有効になっているように見える場合でも、ユーザーは印刷を選択した後で、表示されるクラウド プリント ダイアログの印刷オプションを設定する必要があります。
クラウド プリント サービスのオンとオフを切り替える

G Suite 管理者は、Google 管理コンソールを使用して、すべてのユーザーまたは特定の組織部門に対して印刷サービスの有効と無効を切り替えることができます。クラウド プリントはデフォルトでオンになっています。クラウド プリントをオフにすると、組織部門のプリンタと印刷履歴が保持されます。特定のユーザー グループに対してサービスをオンまたはオフにするには、そのユーザーのアカウントを組織部門に追加し、下記の手順を踏みます。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [その他の Google サービス] 次に [Google クラウド プリント] をクリックします。
  3. 灰色のボックスの右上にあるサービスを編集アイコン 作成 をクリックします。
    左側に最上位組織と組織部門が表示されます。

  4. 組織部門のユーザーに対してのみサービスを有効または無効にするには:

    1. 左側で組織部門を選択します。
    2. [オン] または [オフ] を選択します。
    3. 親組織部門のサービス設定([オン] または [オフ])と同じにしたい場合は、[オーバーライド] をクリックします。
    4. 組織のステータスがすでに [上書きされました] になっている場合は、次のいずれかを選択します。
      • 継承 - 親と同じ設定に戻します。
      • 保存 - 新しい設定を保存します(親組織の設定が変更された場合でも、新しい設定を維持します)。

    詳しくは、 組織部門についてのページをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。