サードパーティ製アプリからのドライブ ファイルへのアクセスを許可する

管理者は、Google Drive API が組み込まれたサードパーティ製アプリおよび Google Apps Script を使ってユーザーがドライブ内のファイルにアクセスすることを許可するかどうかを指定できます。ユーザーは、このようなアプリを G Suite Marketplace から入手するなどして、画像および動画の編集、ドキュメントの FAX 送信と署名、プロジェクトの管理、フローチャートの作成などさまざまなことを行う可能性があります。

また、管理者は組織内のユーザーに対し、ドメインのドライブ内のコンテンツに Drive API を使ってプログラムからアクセスすることを許可するかどうかも指定できます。

サードパーティのアプリに、ドライブに保存されたファイルへのアクセスを許可する

  1. Google 管理コンソールログインします。
  2. [アプリ] > [G Suite] > [ドライブとドキュメント] > [設備や機能とアプリケーション] をクリックします。
  3. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門または設定グループを選択します。

    組織部門またはグループを選択できるのは、G Suite Enterprise、G Suite Business、G Suite for Education、G Suite for Nonprofits、Drive Enterprise をご利用の場合のみです。(G Suite の各エディションの比較)。

  4. [Drive SDK] で、[Drive SDK API 経由での Google ドライブへのアクセスをユーザーに許可する] チェックボックスをオンにします。

    このチェックボックスをオンにすると、ユーザーは次のことが可能になります。

    • Drive API を使用するサードパーティのアプリやスクリプトでドライブ ファイルを開く
    • Drive API を使用するプログラムまたはスクリプトを作成し、ドメインのデータにアクセスする

    重要: この設定は、G Suite Marketplace から入手したアプリには影響しません。詳しくは、Marketplace アプリをインストール、管理する方法に関する記事をご覧ください。 

  5. [保存] をクリックします。

サードパーティのアプリに関するサポートを受ける

サードパーティのアプリは、Google によるサポートの対象外となります。サードパーティ製アプリに関してお困りの場合は、開発元にお問い合わせください。お問い合わせ先の確認方法については、Google ドライブ用アプリを使用するをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。