Marketplace アプリのユーザーによるインストールの管理

G Suite Marketplace からインストールできるサードパーティ製アプリを選択することができます。Education ドメインについては、サードパーティ製アプリのインストールはデフォルトで禁止されています。その他のドメインについては、Marketplace でダウンロードできるあらゆるアプリのインストールがデフォルトでユーザーに許可されています。

一部のサードパーティ製アプリだけを許可するには、該当するアプリをホワイトリストに登録します。これにより、ユーザーはホワイトリストに登録されているアプリだけをインストールできます。

注: ホワイトリストは、すでにインストールされているアプリには影響しません。新たなインストールのみがブロックされます。

ユーザーがインストールできる Marketplace アプリを指定するには:

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] にアクセスします。
  3. 左側にある [Marketplace の設定] をクリックします。
  4. [アプリへのアクセスを管理] をクリックします。
  5. 次のいずれかの項目を選択します。
    • ユーザーが G Suite Marketplace からどのアプリケーションもインストールできるようにする。
    • ユーザーが G Suite Marketplace からどのアプリケーションもインストールできないようにする。
    • ユーザーが G Suite Marketplace からホワイトリストに登録されたアプリケーションだけをインストールできるようにする。
  6. 設定を変更した場合は、[変更を保存] をクリックします。

    アプリをホワイトリストに登録するよう選択した場合は、下記の追加の手順を行います。

  7. [ホワイトリストを管理] をクリックします。
  8. 追加 をクリックして、利用できるアプリのリストを表示します。
    • スクロールバーを下に移動して、その他のアプリを表示します。
    • アプリのリスト全体が表示されたら、Ctrl+F キーまたは ⌘+F キー(Mac)を押して、アプリ名の全体または一部で検索します。

      注: このリストに含まれるのはユーザーが利用できる Marketplace アプリだけであり、管理者用アプリは含まれません。管理者用アプリをホワイトリストに登録する場合は、アプリのデベロッパーにお問い合わせください。
  9. ホワイトリストに登録するアプリの横にあるチェックボックスをオンにして、[ホワイトリスト] をクリックします。
  10. [確認] をクリックします。
ホワイトリストからアプリケーションを削除する
  1. Google 管理コンソールにログインします。
  2. [アプリ] をクリックします。
  3. [Marketplace アプリ] で [ホワイトリストに登録されたアプリ] をクリックします。
  4. ホワイトリストから削除するアプリの横にあるチェックボックスをオンにして、左上にある削除アイコン をクリックします。
  5. [確認] をクリックします。
Gmail のアドオンを削除する

管理者が許可済みの G Suite Marketplace アプリケーションのホワイトリストから Gmail のアドオンを削除すると、以前にその Gmail のアドオンをインストールしたすべてのユーザーからそのアドオンが削除されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。