検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

    Google IP アドレスの範囲

    ドメインのメール処理の設定を行う場合は、Google からのメールが迷惑メールとして処理されたりしないように、G Suite メールサーバーの IP アドレスが必要になります。

    注: 以下に示すのは、メール トラフィックの処理に使用する IP アドレスのリストを取得する手順です。Google が保持する IP アドレスの全リストを取得する手順ではありません。

    Google は増大する要求に対応するためにダイナミックに成長するグローバルなインフラを維持しています。そのため、G Suite メールサーバーで使用する IP アドレス範囲は広範囲に及び、アドレスは頻繁に変更されます。Google IP アドレスの最新の範囲を見つける最も効果的な方法は、Google の SPF レコードを検索することです。

    ドメイン用の SPF レコードを作成するときは、次のようなレコードを作成し、Google SPF レコードを参照して最新の IP アドレスリストを取得するようにします。

    v=spf1 include:_spf.google.com ~all

    この方法を使うと、Google IP アドレスが変更されると、お客様のドメインにも自動的に変更内容が継承されます。

    G Suite メールサーバーのリテラル IP アドレスが必要な場合は、まず一般的な DNS ルックアップ コマンド(nslookupdighost)のいずれかを使用して、ドメイン _spf.google.com の SPF レコードを取得します。

    nslookup -q=TXT _spf.google.com 8.8.8.8

    Google の SPF レコードに含まれるドメインのリストが返されます。たとえば、次のような結果が返されます。
    _netblocks.google.com, _netblocks2.google.com, _netblocks3.google.com

    次に、これらのドメインに関連付けられている DNS レコードを 1 つずつ調べます。

    nslookup -q=TXT _netblocks.google.com 8.8.8.8
    nslookup -q=TXT _netblocks2.google.com 8.8.8.8
    nslookup -q=TXT _netblocks3.google.com 8.8.8.8

    上記のコマンドで返される結果は、その時点でのアドレス範囲です。

    管理しているアカウントで Chrome 搭載端末を利用していて、SSL インスペクション機能を備えたネットワークで端末を使用する場合は、SSL コンテンツ フィルタによるネットワーク管理の記事をご覧ください。

    この記事は役に立ちましたか?
    改善できる点がありましたらお聞かせください。
    アカウントにログインする

    ご利用の G Suite アカウントのメールアドレスでログインいただくと、アカウント専用のヘルプをご覧いただくことができ、G Suite を使い始める方法について知ることができます。