管理コンソールで API アクセスを有効にする

組織の管理者は Admin SDK にアクセスできます。Admin SDK はアプリケーション プログラミング インターフェース(API)のコレクションです。これらの API を使用すると、Google サービス用にカスタマイズされた管理ツールを構築できます。Admin SDK を使用するには、Google 管理コンソールで API アクセスを有効にする必要があります。

この操作を行うには、特権管理者としてログインする必要があります。

API アクセスを有効にする

API アクセスが有効になっているかどうか確認するには:

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[セキュリティ] 次に [API リファレンス] にアクセスします。

    [セキュリティ] がホームページに表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックして表示します。

  3. [API アクセスを有効にする] チェックボックスがオンになっていることを確認します。
  4. 下部の [保存] をクリックします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。