Gmail で IP アドレスを許可リストに追加する

従来の無償版 G Suite をご利用の場合は、Google Workspace にアップグレードするとこの機能をご利用いただけるようになります。

特定の IP アドレスをメールの許可リストに追加すると、そのアドレスからのメールが迷惑メールに分類されなくなります。それらの IP アドレスからのメールは Gmail で迷惑メールに分類されなくなります。

メールの許可リストはドメイン全体に適用されます。一部の組織部門のみを対象としたリストを作成することはできません。

迷惑メールに分類されないための関連設定

特定の送信者からのメールが迷惑メールに分類されないように、以下の設定を使用することもできます。

迷惑メール メールアドレスまたはドメイン名に基づいて送信者を許可リストに追加します。承認済み送信者の許可リストを作成する手順については、Google Workspace の迷惑メールフィルタ設定をカスタマイズするをご覧ください。
承認済み送信者リスト Gmail の次の設定でも、アドレスリスト オプションを使用してメールアドレスとドメインを許可リストに追加できます。[ブロックされている送信者]、[配信を制限]、[セキュアなトランスポート(TLS)に準拠]、[コンテンツ コンプライアンス]、[添付ファイルのコンプライアンス]、[不快なコンテンツ]、[転送]。
受信ゲートウェイの設定 Gmail のサーバーに送信する前にメールを処理する受信メールサーバーがある場合は、代わりにそのサーバーを [受信ゲートウェイ] の設定に追加します。手順については、受信メールのゲートウェイを設定するをご覧ください。

重要: 受信ゲートウェイの設定で入力した IP アドレスと同じものをメールの許可リストに登録した場合、その IP アドレスは許可リストに追加されません。これは、Gmail で「実際の送信者」(送信元 IP アドレス)がどのように判断されるかの仕組みによるものです。

許可リストに IP アドレスを追加する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [Google Workspace] 次に [Gmail] 次に [迷惑メール、フィッシング、不正なソフトウェア] にアクセスします。
  3. 左側で最上位の組織を選択します。通常はドメインです。

  4. [迷惑メール、フィッシング、不正なソフトウェア] タブで [メールのホワイトリスト] の設定までスクロールします。または、検索欄に「メールのホワイトリスト」と入力します。

  5. 許可リストに追加したい送信メールサーバーの IP アドレスを入力します。複数の IP アドレスを追加するには、IP アドレス範囲(CIDR 表記)を入力するか、個別の IP アドレスをカンマで区切って入力します。
    注: パブリック IP アドレスのみを入力してください。プライベート IP アドレスには対応していません。

  6. ページの下部にある [保存] をクリックします。

変更内容が反映されるまでには、最長で 24 時間ほどかかることがあります。行った変更は管理コンソールの監査ログで確認できます。

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false