検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
true

Gmail で IP アドレスをホワイトリストに登録する

この機能は Google Apps(無償版)(お申し込み受け付けは終了いたました)ではご利用いただけません。

G Suite 管理者は、特定の送信 IP アドレスからのメールが迷惑メールに振り分けられないように設定することができます。そのためには、該当する IP アドレスを、Google 管理コンソールでメールのホワイトリストに追加しておく必要があります。

G Suite アカウントに対して作成したメール ホワイトリストはドメイン全体に反映され、特定の組織部門に適用するホワイトリストを作成することはできません。その他の設定オプションについてもご確認ください。

ホワイトリストに IP アドレスを追加する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのダッシュボードから [アプリ] 次へ [G Suite] 次へ [Gmail] 次へ [詳細設定] にアクセスします。

    ヒント: [詳細設定] を表示するには、Gmail ページを最下部までスクロールします。

  3. 左側で最上位の組織を選択します。通常、これはドメインです。

  4. [迷惑メール] の項目の [メールのホワイトリスト] の設定までスクロールします。または、検索欄に「メールのホワイトリスト」と入力します。

  5. ホワイトリストに登録する送信メールサーバーの IP アドレスを入力します。複数の IP アドレスを追加するには、CIDR 表記で IP の範囲を入力するか、各 IP アドレスをカンマで区切ります。
    注: 必ずパブリック IP アドレスを入力してください。プライベート IP アドレスには対応していません。

  6. Gmail の [詳細設定] ページの下部にある [保存] をクリックします。

変更が反映されるまでには、最長で 1 時間ほどかかることがあります。行った変更は管理コンソールの監査ログで確認できます。

その他の設定オプション

[迷惑メール] の設定 - 送信サーバーの IP アドレスではなく、メールアドレスやドメイン名に基づいて送信者をホワイトリストに登録する場合は、[迷惑メール] の設定で承認済み送信者のリストを作成します。詳しくは、迷惑メールフィルタの設定のカスタマイズをご覧ください。

[受信ゲートウェイ] の設定 - Google のサーバーに送信する前にメールを処理する受信メールサーバーがある場合は、代わりにそのサーバーを [受信ゲートウェイ] の設定で入力します。ただし、受信ゲートウェイの設定で IP アドレスを入力し、同じ IP アドレスをメール ホワイトリストに追加した場合、IP アドレスはホワイトリストに登録されないのでご注意ください。これには、Gmail が「真の送信者」(送信元 IP アドレス)をどのように特定するかが関係しています。詳しくは、Gmail で受信メールのゲートウェイを使用する方法と、送信元 IP アドレスを特定する方法をご確認ください。

承認済み送信者リスト - [迷惑メール] の設定のほか、[ブロックされている送信者]、[配信を制限]、[セキュアなトランスポート(TLS)に準拠]、[コンテンツ コンプライアンス]、[添付ファイルのコンプライアンス]、[不快なコンテンツ]、[転送] の各設定で利用できるアドレスリストの設定オプションを使用して、メールアドレスやドメインをホワイトリストに登録することができます。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
アカウントにログインする

ご利用の G Suite アカウントのメールアドレスでログインいただくと、アカウント専用のヘルプをご覧いただくことができ、G Suite を使い始める方法について知ることができます。