ディレクトリを有効または無効にする

G Suite、Cloud Identity、Drive Enterprise のディレクトリには、組織内の全ユーザーの連絡先情報と共有の外部連絡先が含まれています。管理者は共有するメールアドレスの種類(メイン、エイリアス、ドメイン)や、Google サービスで利用可能にするプロフィール情報を管理できます。ディレクトリの設定中はディレクトリ(連絡先の共有)を無効にして、準備ができたら再び有効にすることができます。

ディレクトリが有効になっている場合(デフォルトの設定)は、次のようになります。

  • ユーザーは連絡先やその他の Google サービスでプロフィール情報を確認できます。
  • ユーザーが個人やグループのアドレスの入力を開始すると、オートコンプリートされます。
  • 他のユーザーのプロフィール写真にカーソルを合わせたりクリックしたりすると、そのユーザーの個人情報カードまたはシートが開きます。このカードには、そのユーザーのプロフィール情報が含まれています。
  • カレンダーでは、ゲストのいる場所や人数に基づいて会議室がインテリジェントに提案されます(カレンダーの設定が必要です)。

共有されるアドレス

ディレクトリが有効になると、組織内のユーザーは次の情報を確認できます。

  • ディレクトリ内のすべてのユーザー、または組織部門に割り当てられているカスタム ディレクトリ内のユーザー
  • 表示可能に設定されているグループのアドレス
  • 他のユーザーから委任された連絡先

次の情報は、決して共有されません。

ディレクトリを無効にする

ディレクトリを無効にするのは、通常は初めてディレクトリを設定するときやトラブルシューティングを行うときだけです。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、メニュー アイコン メニュー 右矢印 [ディレクトリ] 右矢印 [ディレクトリ設定] にアクセスします。
  3. [共有設定] をクリックします。
  4. [連絡先の共有を無効にする] をオンにします。
  5. [変更を保存] をクリックします。

変更内容が反映されるまでに最長で 24 時間ほどかかることがあります。

ディレクトリを有効にして共有オプションを設定する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、メニュー アイコン メニュー 右矢印 [ディレクトリ] 右矢印 [ディレクトリ設定] にアクセスします。
  3. [共有設定] をクリックします。
  4. [連絡先の共有を有効にする] を選択します。
  5. ディレクトリに含めるメールアドレスを選択します。
    • すべてのメールアドレスを表示: ユーザーのメインのメールアドレスとすべてのエイリアス アドレスを含めます。
    • ユーザーにエイリアスがある場合は、メインのメールアドレスを非表示にします: ユーザーがメール エイリアスを持つ場合は、メインのアドレスではなくエイリアスのみを表示します。
    • エイリアスを非表示にします: メインのメールアドレスのみを含め、エイリアスは表示しません。
    • ユーザーのプライマリ ドメインのメールアドレスのみを表示: ドメイン エイリアスをご利用の場合、ユーザーのプライマリ ドメインのメールアドレスは表示し、ドメイン エイリアスのアドレスはすべて非表示にします。
  6. ウェブ上の連絡先のディレクトリに表示するプロフィールを選択します。ドメインのプロフィールや外部の連絡先が多数ある場合は、特定の種類のプロフィールのみを表示してアドレスをすばやく確認できるようにして、ウェブ上の連絡先のディレクトリの読み込みにかかる時間を短縮できます。

    • ドメインのプロフィールのみを表示する: 内部ユーザー(ドメインのアドレスを持つユーザー)のプロフィールを含め、外部の連絡先はすべて非表示にします。
    • ドメインの共有の連絡先のみを表示する: 共有の外部連絡先のみを含めます。
    • ドメインのプロフィールとドメインの共有の連絡先の両方を表示する: 内部の連絡先と共有の外部連絡先の両方を含めます。
  7. [変更を保存] をクリックします。

変更内容が反映されるまでに最長で 24 時間ほどかかることがあります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。