ドメインの保護

Google Workspace でご利用のドメインを第三者が使用できないようにします

この操作が必要な理由

第三者がお客様の ドメインを使用して Google Workspace に申し込むのを防止するためです。所有権を証明することがドメインの安全性の確保につながりますので、ご協力ください。

仕組み

Google Workspace のお申し込みガイド(初心者向け)

ドメイン([会社名].com など)には必ず各種 DNS レコードが設定されており、インターネット上で誰でも確認できます。DNS レコードにより、ウェブサイトの検索方法や会社のメールの配信先を他のコンピュータに知らせることができます。

  • Google Workspace 設定ツールから確認コードをコピーします。
  • ドメイン登録事業者にログインし、 ドメインの DNS レコードに確認コードを貼り付けます。
  • ドメイン登録事業者によって確認コードが公開されると、ドメインの所有権の証明が完了します。

上級者向けの詳細な技術情報

ドメイン登録事業者の DNS 設定に TXT レコードを追加する方法は、ほとんどの新しい Google Workspace 管理者にとって最も簡単な方法です。

別の証明方法を希望される場合は、設定ツールを使用して次の操作を行うこともできます。

  • ドメイン登録事業者の設定で CNAME レコードを追加します。これは、後述する TXT での証明方法と似ています。
  • ドメインに既存のメール プロバイダの MX レコードが追加されていない場合は、MX レコードを使用してドメインの所有権を証明できる可能性があります。注: 設定ツールでこの証明方法を利用できるのは、ドメインがその対象である場合だけです。

これらの証明方法を使用するには、設定ツールを開いたときに [別の方法で所有権を証明する] をクリックします。

始める前に

簡単な作業ではありませんが、詳しくご説明しますのでご安心ください。

DNS レコードは、インターネットの普及当初から存在しています。ドメインごとに手順の異なる手間のかかる作業です。Google では作業の簡略化を図っておりますが、場合によってはスムーズに進まないことも考えられます。

この記事で手順を詳しく説明いたしますので、よくお読みください。

重要:

  • Google Workspace のお申し込み時に Google パートナーからドメインを購入した場合、そのドメインの所有権の証明手続きはすでに完了しています。
  • Google Workspace Essentials エディションをご使用の場合は、こちらをご覧ください。

ドメインを保護する方法

多くの一般的なドメイン登録事業者に関しては、詳しい手順をご用意しています。

ご利用のドメイン登録事業者の手順を調べる

ドメイン登録事業者がわからない場合ドメインホストを特定する方法や、ご利用のホストがリストに記載されていない場合の一般的な手順も見ることができます。いずれの場合もドメイン所有権の確認は可能です。

Google 経由でドメインを購入した場合 - ドメイン所有権の確認は完了しており、何も行う必要はありません。

よくある質問

Google Workspace から確認コードを取得する方法を教えてください。

Google Workspace 設定ツールを開く

このタスクを完了するには、Google Workspace 設定ツールを使用する必要があります。別のタブで設定ツールをまだ開いていない場合は、下のボタンをクリックして開いてください。

設定ツールを開く

重要: 設定ツールの手順で操作し、追加情報が必要な場合にのみこのページを確認してください。

サポートが必要な場合

青色のボタンをクリックするとエラーが表示される場合

設定ツールを利用できるのは Google Workspace と Cloud Identity の管理者のみです。他の Google サービスでは使用できません。

管理者アカウントでログインしていることを確認してください。

「Google Workspace を使用するための設定が完了しました」と表示される場合

ドメインの所有権の証明は完了しています。追加のご対応は必要ありません。

第三者がこのドメインを使用して Google Workspace に申し込むことはできません。

次の手順がわからない場合

前述の青色のボタンをクリックすると、次のようなページが表示されます。
[TXT 確認] と表示されていることを確認し、[続行] をクリックします。
次のページの上部に、コードと [コピー] ボタンが表示されます。
ドメインホストを特定するにはどうしたらいいですか?

ドメインの購入先がご不明な場合は、ドメインホストの特定をご覧ください。

DNS レコードを更新するよう Google から指示があるのはなぜですか?

DNS レコードは、Google Workspace に申し込むのがドメインの所有者であると保証するための最適な方法です。HTML 文字列やメタタグといったその他の検証方法は、悪意のある攻撃者によって不正な Google Workspace アカウントの作成に使用される可能性があります。
ドメインの所有権確認ステータスはどのように調べますか?
プライマリ ドメインの所有権の確認が完了していない場合は、管理コンソールのダッシュボード上部に [管理コンソールの設定] が表示され、確認手順を案内されます。

セカンダリ ドメインの所有権確認の有無を調べる手順は次のとおりです。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[ドメイン] 次に [ドメインの管理] にアクセスします。
  3. [ステータス] 列に、ドメインの現在のステータスが表示されます。
ドメインの所有権の証明はいつ行うべきですか?
  • Google Workspace サービスをご利用いただけるよう、ドメインまたはセカンダリ ドメインの所有権の証明はできるだけ早急に行ってください。なお、この確認手続きを行うことで、ご利用のメールやウェブサイトに影響が生じることはありません。
  • 無料試用期間の最初の 9 日以内にドメインの所有権を証明する必要があります。プライマリ ドメインの所有権証明がまだ済んでいない Google Workspace アカウントは、自動キャンセルの対象となります。 

    重要: お支払いを設定している場合、アカウントが自動的にキャンセルされることはありません。詳しくは、Google Workspace のキャンセルについてのページをご覧ください。

所有権確認にはどれくらい時間がかかりますか?

Google Workspace の確認レコードの追加は 10 分ほどで完了しますが、確認レコードが有効になるまでの時間はドメインホストによって異なります。レコードが有効になった後、追加されたレコードの Google による確認に最長で 1 時間ほどかかる場合がありますが、通常はすぐに完了します。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false