Outlook® 向けハングアウト プラグインの管理者設定

Hangouts Plugin for Microsoft Outlook® を使用するには、Google トークやハングアウト サービスを有効にし、プラグインをインストールする必要があります。詳細については、以下をご覧ください

Google トークやハングアウト サービスが有効であることを確認する

G Suite をご使用の組織

ビデオハングアウトに必要な G Suite サービスはデフォルトで有効になっているため、通常はビデオハングアウトを開始するために必要な操作はありません。ビデオハングアウトを作成できない場合は、組織または組織部門でサービスが無効になっていないかご確認ください。詳細をご覧ください。

G Suite をご使用でない組織

Chromebox for meetings サービスを初めてプロビジョニングするときに、ビデオハングアウトに必要な G Suite サービスが有効になります。Chromebox for meeting 端末の購入とプロビジョニングの詳細をご覧ください。

Hangouts Plugin for Microsoft Outlook® をインストールする

組織で Hangouts Plugin for Microsoft Outlook® を使用するには、このプラグインをユーザーのパソコンにインストールする必要があります。インストールには次の 2 つの方法があります。

自動アップデートを制御する

管理者は、ユーザーのパソコンにインストールされた Hangouts Plugin for Microsoft Outlook® を自動的に更新するかどうかを、Google Update を使用して制御できます。

管理用テンプレートをダウンロードしてください。
グループ ポリシーの設定

Hangouts Plugin for Microsoft Outlook® はグループ ポリシー機能に対応しているため、この機能を使用してプラグインのデフォルトの動作を定義します。

ポリシー 説明
DefaultGoogleAppDomain

組織の G Suite プライマリ ドメインを Hangouts Plugin のデフォルト ドメインとして定義します。

例: altostrat.com

DigitsInRandomMeetingName このプラグインのデフォルトでは、6 個のランダムな数字がビデオハングアウト名に使用されます。文字数を増やすには、この値を大きくします(最大 15 文字)。
IsAdminSettingsEnforced このポリシーを有効にした場合は、エンドユーザーがプラグインの設定(デフォルトの G Suite ドメインやデフォルトの会議名など)を変更することはできません。
HangoutURLPrefix

ハングアウトの URL にカスタム URL プレフィックス値を使用します。

適切に機能するプレフィックス URL リダイレクタを開発済みの場合を除いて、この設定を有効にしないでください。

デフォルト値: https://plus.google.com/hangouts/_/

IsCustomTextEnabled

このポリシーを有効にした場合は、一般的な参加手順が会議の本文に追加されます。

例: 「この予定では、Google ハングアウトのビデオハングアウトを利用します」

IsJoinURLTextEnabled


(G Suite を未導入で Chromebox for meetings をお使いの場合は、この設定を無効にしてください。)

このポリシーを有効にした場合は、リンクから参加するための手順が会議出席依頼の本文に追加されます(G Suite のアカウントが必要です)。

例: 「ブラウザから参加: http://plus.google.com/hangouts/_/altostrat.com/123456」

IsJoinChromeboxTextEnabled

このポリシーを有効にした場合は、Chromebox for meetings 端末から参加するための手順が会議の本文に追加されます。

例: 「Chromebox for meetings 端末から参加: ハングアウト名 123456 を入力します」

IsChromeBrowserPreferred

このポリシーを有効にした場合は、新しいビデオハングアウトの開始時に、システムのデフォルトのブラウザにかかわらず Chrome ブラウザが使用されます。Chrome がインストールされていない場合は、システムのデフォルト ブラウザでビデオハングアウトが開始します。

この設定は、メールや会議の招待状に記載されたリンクには影響しません。

(省略可)使用統計データと障害レポートを変更する

Hangouts Plugin for Microsoft Outlook® の改善に役立てるために、使用統計データと障害レポートが自動的に Google に送信されます。

使用統計データの内容は、Windows のバージョンや Hangouts Plugin for Microsoft Outlook® の使用頻度などの集計情報です。会議の詳細や個人情報は含まれません。障害レポートの内容は障害発生時のシステム情報であり、障害発生時の状況によっては個人情報が含まれることもあります。

使用統計データと障害レポートを Google に送信するかどうかを変更する

障害レポートと使用統計データの送信を後から停止するには、Windows レジストリの次のレジストリキーの値を 0 に変更します。

  • 32 ビット オペレーティング システムで使用統計データと障害レポートを停止する場合:
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\\Google\Update\ClientState\{6CA106C0-DD7B-4583-8800-2F9FC892CAE7}
  • 64 ビット オペレーティング システムで使用統計データと障害レポートを停止する場合:
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Google\Update\ClientState\{6CA106C0-DD7B-4583-8800-2F9FC892CAE7}

レジストリの変更方法

  1. Windows の [スタート] メニューから [ファイル名を指定して実行] をクリックし、[ファイル名を指定して実行] ダイアログで「regedit」と入力します。
  2. レジストリの左側で、次のいずれかのフォルダに移動します。
    • 32 ビット オペレーティング システム:
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\\Google\Update\ClientState\{6CA106C0-DD7B-4583-8800-2F9FC892CAE7}
    • 64 ビット オペレーティング システム:
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Google\Update\ClientState\{6CA106C0-DD7B-4583-8800-2F9FC892CAE7}
  3. レジストリの右側で、[usagestats] キーを右クリックして [修正] をクリックします。
  4. [値のデータ] に「0」と入力し、[OK] をクリックして変更を保存します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。