レポートから使用状況やセキュリティを確認する

管理者は Google 管理コンソールでレポートを閲覧することで、潜在的なセキュリティ リスクの調査、ユーザーによる共同作業の状況の評価、ログインしたユーザーとその日時の追跡、管理者アクティビティの分析などを行うことができます。グラフと表から、ドメインレベルのデータだけでなく、ユーザーレベルの詳細データも確認できます。

管理コンソールのレポートの種類

Google 管理コンソールの [レポート] には、次の種類のレポートがあります。

  • 重要ポイント レポート - 組織の主な指標と傾向の概要を確認できます。チームによる Google Workspace サービスの使用状況、ドライブにあるファイルのドキュメント公開設定、保存容量、ファイル共有アクティビティ、基本的なセキュリティ指標などが含まれます。
  • 組織全体のアプリレポート - ドメイン内のすべてのユーザーと管理者に関する情報を示す一連のチャートとグラフを閲覧できます。組織全体の傾向と管理情報の概要も含まれます。
  • ユーザー レポート: アカウント - セキュリティおよびアプリの使用状況に関するアクティビティ情報の重要ポイントがマスター レポートとして示されます。こうした情報は監査ログと組み合わせて使用できます。
  • ユーザー レポート: アプリの使用状況 - 組織での Gmail とドライブの使用状況が示されます。メール アクティビティの種類、作成および共有されたドキュメントの数、各チームメンバーによるドライブ ストレージの使用容量などが含まれます。
  • ユーザー レポート: セキュリティ - ドメイン全体でのデータ漏洩リスクを評価できます。また、チームの 2 段階認証プロセスの使用状況、モバイル デバイスにサードパーティ製アプリをインストールしているユーザー、ドメイン外のユーザーとのドキュメント共有状況などを確認できます。
  • 監査ログ - 管理者のアクティビティ、モバイル アクティビティなど、特定のイベントに関する情報を入手できます。

関連トピック

管理者へのメールアラートとシステム定義ルール

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。