管理コンソールとは

G Suite 管理者は、ご利用の G Suite サービスのすべてを Google 管理コンソールで一元的に管理できます。この管理機能を使って、ユーザーの追加や削除、お支払いの管理、モバイル デバイスの設定などを行うことができます。

注: 現在 G Suite を試用中で、ドメインの所有権の証明、MX レコードの変更、お支払い情報の設定が必要な場合は、設定と導入に関するページをご覧ください。

ホームページで各機能を確認する

まず、管理コンソールにログインします。

機能 できること
ダッシュボード 組織に関するインサイト、通知、おすすめの方法を表示する。
ユーザー ユーザーを追加、削除する、組織部門にユーザーを追加する、別のユーザーに管理者ロールを割り当てて G Suite サービスを管理できるようにする。
グループ 社内全体を対象としたグループやメーリング リストを作成して共同作業に利用する。
組織部門 ユーザーを組織部門にグループ分けし、組織部門ごとに異なるポリシーを適用する。
ビルディングとリソース ビルディング、会議室、リソースを管理、確認する。
デバイス 組織の G Suite アカウントで使うモバイル デバイスを追加、管理する。
アプリ G Suite のアプリやサービス(Gmail や Google カレンダーなど)の設定を管理する。
セキュリティ G Suite のセキュリティ設定を管理する(2 段階認証プロセスの適用、パスワードの監視と適用など)。
レポート ユーザーの管理状況や G Suite サービスの利用状況の把握に役立つ監査レポートを生成する。
お支払い お支払い方法を追加する、請求書を印刷する、G Suite エディションをアップグレードする、サブスクリプションを解約する。
アカウント設定 会社の詳細をカスタマイズする、G Suite のお知らせの設定を行う。コンプライアンス契約(GDPR、HIPAA)の内容を確認して同意する。
ドメイン ドメインの所有権の証明、ドメイン エイリアスや別のドメインの追加などを行う。
データの移行 Google の移行ツールを使用してメール、カレンダーの予定、連絡先を読み込む。
サポート チャット、電話、メールで Google のサポートを受ける、特定のヘルプトピックを検索する。
管理者ロール 他のユーザーを管理者として追加し、その権限を選択する。

より高度な機能を使用する

ここでは、管理コンソールで使用できる詳細設定と、その設定を見つける方法について説明します。まず、管理コンソールにログインします。次に、以下のいずれかの場所で設定を行います。

機能 できること
アプリのアクセス制御 外部アプリが G Suite データにより安全にアクセスできるようにする。

ホームページでメニュー アイコン "" 次に [セキュリティ] 次に [API の制御] をクリックする。

お知らせの設定 Google からのサービスに関するニュースおよびメールによる更新情報について、どの情報を受け取るかを選択する。
管理コンソールのホームページから、[アカウント設定] 次に [設定] に移動します。
カスタム URL Google のコアサービス用にシンプルで覚えやすいウェブアドレスを作成する。
管理コンソールのホームページから、[アカウント設定次に [カスタム URL] に移動します。
パスワードの要件 ユーザー パスワードの必須文字数を指定する。

ホームページで [セキュリティ] 次に [基本設定] をクリックする。
各ユーザーのパスワードの安全度を表示するには、[セキュリティ] 次に [パスワードの監視] をクリックする。

サービス ユーザーに対してサービスを有効または無効にする。
  1. ホームページで [アプリ] をクリックする。
  2. サービスの種類をクリックする。
  3. 次に、サービスの名前をクリックする。
2 段階認証プロセス

アカウントへのログイン時に、ユーザー名とパスワードに加えて、確認コードの入力をユーザーに求める。

管理コンソールのホームページから、[セキュリティ] 次に [2 段階認証プロセス] に移動します。

関連トピック

ユーザー向けのサービスの設定について詳しくは、G Suite サービスの管理をご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。