Meet ハードウェアのセキュリティ対策

データのセキュリティとプライバシーを保護するため、Meet では次のようなセキュリティ対策をサポートしています。

暗号化

Google ミーティング ルーム ハードウェアを使用したビデオ会議中は、SRTP を使用して音声や動画のトラフィックを暗号化します。管理トラフィックの暗号化には SSL が使用されています。詳しくは、Meet の暗号化の仕組みをご覧ください。

音声と動画のデータ

Google Meet ハードウェアを使用したビデオ会議の音声やデータを Google が記録したり保管したりすることはありません。

セキュリティに関する問題 説明
ドメイン内のビデオ会議 同じ組織部門内のユーザーと Chrome デバイスは、名前の付いたすべての会議に参加できます。
ドメイン外の会議 外部のゲストが会議に参加できるのは、カレンダーの招待を受け取った場合か、会議内の [他のユーザーを招待] ダイアログから招待された場合だけです。
会議中のセキュリティ 業界標準の SRTP で音声と動画を暗号化し、SSL でシグナル通信と管理トラフィックを暗号化しています。

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false
false
true
73010
false
false